FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090816]

Renderers of SpiritRenderers of Spirit
(1997/02/18)
Lenny White

商品詳細を見る
Renderers of SpiritRenderers of Spirit
(1997/02/01)
Lenny White

商品詳細を見る


前作から時間を置かずに出されたアルバムです。それだけやりたい音楽が沢山あったのでしょう。今回はブラックコンテンポラリーな歌ものになっています。しかし昔と違うのはヒップホップ以降のアシッドジャズなども通過してきたリズム構成になっています。自分達がやってきたブラコンがレアグルーヴとなって、当たらし世代によって生まれ変わっている現実をしっかり把握して時代にあった新しいグルーヴを創りだしています。

1. Whew! What a Dream
2. Ho-Cake
3. Walk on By
4. Pickpocket
5. Savant
6. Sailing
7. Abyss
8. Swing Time
9. Beggin'
10. Countdown 2000
11. Dr. Jackle/Africa Talks to You

今回もメンバーは豪華で、ビクターベイリー、マイケルブレッカー、ランディーブレッカー、ジョージデューク、スタンリークラークなどそうそうたるメンバーですが、昔風の曲はありません。しっかり90年代の音になっています。アドリブの応酬などは当時のジャムバンドもかなわないくらいの、さすがはジャズ畑で鍛えられてきているだけの事はあると感心してしまいます。

歌ものもアシッドジャズ、スムーズジャズといったスタイルになっていますし、レニーホワイトの時代を読む嗅覚はたいしたものです。若い人たちが昔のフュージュンからレアグルーヴを引っ張りだしてきて、新しい感覚に創り直しているのをちゃんと理解しています。他の大物フュージュンミュージシャンが昔のままでも行けると勘違いしているのとは全然違います。昔やっていた人達の中でも、これだけ柔軟に対応出来ていたのはレニーだけではなかったのではないでしょうか。見事です。

Walk on By

Sailing
スポンサーサイト




[20090816]

Present TensePresent Tense
(1995/04/18)
Lenny White

商品詳細を見る
Present TensePresent Tense
(1995/04/01)
Lenny White

商品詳細を見る


これ又コンテンポラリーな作品ではありますが、音楽的な幅が広くとられた内容になっています。カバー曲も多くあり、レニーのアレンジ力を発揮した作品になっています。豪華な参加メンバーとのセッションも聴きごたえがあります。売れ線だけではないドラマーとしての本領を発揮していると思います。

1. Thick
2. East St. Louis
3. Who Do You Love
4. Door #3
5. Sweet Tooth
6. Wolfbane
7. Tea in the Sahara
8. Dark
9. And Then You'll Know
10. By Any Means Necessary
11. Two Weeks in Another Town
12. Shadow of Lo
13. Caprice

チャッカーンが歌っているWho Do You Loveは単なるソウルミュージックではなく、いろんな民族音楽がミクスチャーされた不思議な曲です。その他にもマーカスミラー、ヴィクターベイリー、チックコリア、ジョンスコフィールド、マイケルブレッカーと久々の豪華版です。このメンツだとジャズ的な曲もやる訳で、久々に気持ちよくドラムを叩いているのが伝わってきます。

ジャマイカボーイズや他のミュージシャンとのセッションなどで活躍していたレニーホワイトが95年に出した久々のソロアルバムだけに、彼の持ち味を沢山堪能できるバラエティに富んだ作品です。もう売れ線をやる必要も無い年齢でしょうから、沢山はじけた演奏をファンは期待したいものです。それにこたえた内容だと思います。昔のハードフュージュンはありませんが、リターントゥフォーエヴァーのセルフカバーShadow of Loも入っています。

Who Do You Love

Door #3

Wolfbane

⇒ 続きを読む

[20090816]

AttitudeAttitude
(2005/09/13)
Lenny White

商品詳細を見る


twennynineと言うバンドで3枚のアルバムを制作したレニーホワイトが久々に出した83年のソロアルバムです。スタンリークラーク同様ブラックコンテンポラリーなスタイルに移行しています。歌ものであり、ブラックチャートでヒットしそうな曲ばかりです。

1. Attitude
2. You Bring Out the Best in Me
3. Just Say the Word
4. Ride
5. My Turn to Love You
6. Didn't Know About Love (Til I Found You)
7. Fascination
8. Tell Him (Fala Para Ele)

80年代になるとハードフュージュンは流行らなくなります。その代わりにクロスオーヴァーやAORなアレンジが主流になり、ソフロフュージュンなブラックコンテンポラリーと言うスタイルが確立されていきます。ソウル系のミュージシャンもファンクやボサノヴァを取り入れたりしてブラコンに向かっていきます。

いわゆる売れ線サウンドでドラムを叩いている訳です。ジャズフュージュンスタイルは他のプロジェクトで楽しんで、ソロアルバムでは売れ線サウンドで稼いでいたようです。フュージュンでならした腕前はこうしたかっちりしたアレンジでもスタジオミュージシャン以上の働きをする訳ですから、質の高いものになっています。既にプリンス的なリズムも取り入れている辺り抜け目がありません。

You Bring Out the Best in Me

Ride

Didn't Know About Love

⇒ 続きを読む

[20090816]

Adventures of Astral PiratesAdventures of Astral Pirates
(2002/09/17)
Lenny White

商品詳細を見る


アニメにする事を想定して書いたスペースアドヴェンチャーを音楽として表現したコンセプトアルバムです。このコンセプトを実現する為に起用されたプロデューサーはアルクーパーです。その結果、ジャズとロックの垣根を越えたプログレッシヴな壮大な作品として完成されました。しかしアニメにすると言う事は実現されませんでした。

1. Prelude Theme For Astral Pirates
2. Pursuit
3. Mandarin Warlords
4. The Great Pyramid
5. Universal Love
6. Remembering
7. Revelation (Astral Pirates)
8. Stew Cabbage And Galactic Beans
9. Heavy Metal Monster
10. Assault
11. Climax Theme For Astral Pirates

イエスなども聴いていたレニーホワイトは意図的にプログレ的なアレンジを用いています。そしてリターントゥフォーエヴァーのような痛快なフュージュンサウンドも、物語を語る上で重要な表現となっています。ソウルやファンクも勿論ありますが、東洋的な旋律を使う事により、雑多な宇宙の種族を表現しています。ハードロックなど、70年代を飾ったあらゆるスタイルが用いられています。

当時は評論家からは高い表現を受けませんでしたが、この壮大なスケールはレニーホワイトの経歴の中でも最高の出来映えになっていると思います。内ジャケットにはアメリカンコミック風なあらすじが書かれています。まだスターウォーズが映画化される前の作品だけに、このストーリーが活かされなかった事は残念です。シンセによるスペイシーサウンドは当たり前ですが、ドラムにリヴァースリバーブを使ってスペイシーさを表現するなど、あるクーパーの手腕もしっかり活きています。名盤です。

Budapest

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ