FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20090823]

The TravelerThe Traveler
(1998/08/26)
Billy Cobham

商品詳細を見る


70年代の時のようにジャズ寄りなフュージュンサウンドを取り戻しています。中にはスウィングするジャズもあります。そして女性ボーカルをフューチャーしたライトフュージュンな曲が半分くらい入っています。90年代は女性ボーカルものが流行っていましたが、ここではアシッドジャズまではいっていません。

1. Alfa Waves
2. All That Your Soul Provides
3. Balancing Act
4. What If?
5. Dippin' the Bisquites in the Soup
6. Fragolino
7. Just One Step Away
8. Mushi Creole Blues
9. On the Inside Track
10. Soul Provider

スムースでありながら疾走感があるユニゾンプレイは得意とする所です。さすがにもうシンプルなだけの曲はありません。きちんとプレイヤーが活躍する場面を持った曲ばかりです。その合間に女性ボーカルが癒してくれるので、アルバムとしてのトータルバランスは良いものになっています。

90年代になると、70年代から活躍していたフュージュンミュージシャンは熟練の成せる作品を創る傾向があり、曲も作れるビリーコブハムも、しっかりその傾向に食らいついています。セッションドラマーとしても活躍しているビリーですが、自身のソロアルバムでは、これまで創り上げてきたサウンドがしっかり形成されているので、いかに良いパフォマンスを捉えるかが鍵になっているようです。これも名盤と呼びたくなる作品です。

Alfa Waves
スポンサーサイト




[20090823]

By DesignBy Design
(1998/08/26)
Billy Cobham

商品詳細を見る


90年代に入ると、これまでのスムースジャズのような綺麗な音と、70年代のようなアグレッシヴなテクニカルプレイが巧くかみ合った作品を創るようになっていきます。さすがに80年代の作品は守りに入ってしまったような所がありましたので、自分なりにも反省していたのではないでしょうか。

1. Kinky Dee
2. Slidin' By
3. Panama
4. Do You Mean to Imply?
5. Mirror's Image
6. Serengetti Plains
7. Layed Back Lifestyle
8. Permanent Jet Lag
9. Mirror's Image (Reprise)
10. Dream
11. Street Urchin
12. Rendez-Vous at Studio Gimmick
13. Dream (Reprise)

ファンキーなフュージュンサウンドではありますが、90年代のこの手のサウンドは聴き易さプラス、演奏力故のかっこよさと追求するミュージシャンが増えていきます。ラリーコリエルがギターで参加しており、昔のジャズロック的なアプローチも復活しています。売れ線にこだわる事無く、自分のテクニックを存分に発揮出来る事により、水を得た魚のように活き活きとした演奏を楽しめます。

これだけのスペックがあれば昔からのファンも納得いくでしょう。演奏だけではなく、曲の出来映えもいいので、かなり質の高い作品に仕上がっています。手数が多いおかずプレイも全盛期の頃のようになっていますので、ビリーコブハムらしい内容になっています。ラテンのリズムの取り入れ方も完全に自分のスタイルとして完成されています。これは名盤と呼んでいいのではないでしょうか。

Kinky Dee

Slidin' By

Street Urchin

[20090823]

Picture ThisPicture This
(1998/08/26)
Billy Cobham

商品詳細を見る


この作品の前までは豪華ゲストは参加しておらず、自信のパーマネントバンドによるバンドサウンドに徹してビリーコブハムでしたが、このアルバムでは久々に豪華ゲストミュージシャンが参加しています。ロンカーター、グローヴァーワシントンJr、トムスコットなどが参加して、単なるシンプルな80年代サウンドには終わらせていません。

1. Two for Juan
2. Same Ole Love
3. Taurian Matador
4. You Within Me Within You
5. Coming Attractions
6. This One's for Armando
7. Sign 'O' the Times
8. Juggler
9. Danse for Noh Masque

ジャケットはいかにも80年代らしいダサイデザインですが、かなりプログレッシヴに展開している曲もあります。Sign 'O' the Timesはプリンスのカバーで、当時の黒人ミュージシャンにとってはジャズ系の人でも影響を受けていたようです。You Within Me Within Youでは久々にジャズな曲をやっていますし、単なる流行を追いかけているだけの内容では無くなっています。

Danse for Noh Masqueではサンプリングによる打ち込みに合わせてドラムソロを展開するというビリーコブハムらしい曲も入っています。ビリーコブハムは大体アルバムの中に一つくらいはドラムソロを展開する曲を入れてきますが、そのインプロヴィゼーションに近いプレイから曲として成り立たせるというアプローチをいつもしてきます。今回もそれがありますので、ドラマーならではの作品と言う事を常に意識しているようです。

Two for Juan

Juggler

[20090823]

Power PlayPower Play
(1998/08/26)
Billy Cobham

商品詳細を見る


80年代サウンドがもろに反映してしまっているアルバムです。ドラムの音も当時の流行だったゲートリヴァーブサウンドによるシンセドラムに近い音になっています。生ドラムの格好良さを教えてくれたビリーコブハムがこうした生ドラムの音の格好良さを失ったサウンドを使用すると言うのはドラマーにあるまじき行為だと思えるのですが、当時はそこまで考えていなかったようです。

1. Times of My Life
2. Zanzibar Breeze
3. Radioactive
4. Light Shines in Your Eyes
5. Summit Afrique: The Foundation ("Isisekelo Zulu")
6. Summit Afrique: Dance of the Blue Men/The Nomads
7. Summit Afrique: The Debate ("Indaba")
8. Summit Afrique: The Conflict ("Ingxabano")
9. Summit Afrique: The Little One ("Omncane")
10. Summit Afrique: The Promise...Unity ("Isithembiso.. Umanyano")
11. Desiccated Coconuts
12. Tinseltown
13. Schmagofatz

しっかりと曲の構成が創られている曲をスムーズにプレイするクロスオーヴァー的な軽さはあまり感心しませんが、Summit Afriqueのような組曲形式を久々にやったり、演奏面での迫力は失われていません。音がしょぼいだけです。ドラムパターンもかなりシンプルなキーププレイに徹していたり、曲優先の演奏になっているので、昔からのファンには納得のいかない内容かもしれません。

AOR的な演奏でもビリーコブハムの特徴としては、バンド演奏全体での高速ユニゾンプレイは健在で、そういう迫力はあります。打ち込みものもありますが、それに追走するベースプレイはカッコいいと思います。ラテン系のリズムの取り入れ方はさすがに巧いです。ただ、手数が極端に減ってシマッっているので、やはりファンとしては満足出来ないでしょう。

Times of My Life

Light Shines in Your Eyes

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ