FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091027]

BLUES CREATIONBLUES CREATION
(1993/11/21)
カルメン・マキ/ブルース・クリエイション

商品詳細を見る
BLUES CREATIONBLUES CREATION
(1993/11/21)
カルメン・マキ/ブルース・クリエイション

商品詳細を見る


ブルースクリエイションと、時には母のない子のようにだけのヒットを持っていたフォークシンガーカルメンマキとのジョイントアルバムです。時代はビッグブルースからハードロックへと移行している時期でもあり、竹田和夫はハードロックに影響を受けたプレイを展開しています。

1. アンダースタンド
2. アンド・ユー
3. ロード,アイ・キャント・ビー・ゴーイング・ノー・モア
4. 空しい心
5. 母のない子
6. 今日を生きられない
7. ミーン・オールド・ブギー
8. セント・ジェイムス病院

アンダースタンドはツェッペリンやブラックサバスに影響を受けたようなハードロックになっています。その他の曲はジャニスジョップリンのようなリズム&ブルースな曲が多く、カルメンマキの歌唱力に目を付けた彼等が、日本人の男性ではハードロック向きの歌を歌うより、女性ボーカルの方がハイトーンで向いていると事での試みだったと思います。これにより、ハードロックが好きでもなかったカルメンマキは後にOZを結成して日本のハードロックとヘヴィメタの礎となっていきます。

母のない子はカルメンマキのフォークでのヒット曲をハードロックにアレンジしています。これによりフォークソングと離別したという心意気が伝わってきます。カルメンマキのボーカルは唯一ジョー山中に対抗出来る歌唱力を持っている事が分かります。彼女の混血ではありますが、日本人でここまで歌えるシンガーは今もって存在しておりません。海外でもこれだけ歌える人は少なくなっています。ですから良質なハードロックが育たなくなっているのです。竹田和夫レスポールサウンドは当時の日本ではトップの演奏力を持っています。ジミーペイジのように手癖で弾いている所が好感が持てます。これだけの内容を持っていながらこの顔合わせはこれだけで終わっているのが残念です。

アンダースタンド

空しい心

母のない子

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20091027]

いよいよK-1 MAX今年の王者を決める戦いが始まりました。その前のスーパーファイトもいい試合が組まれています。そしてK-1甲子園のベスト4も決まりました。

試合結果
スーパーファイト
渡辺一久 vs チョン・ジェヒ○
大振りに攻めてくる渡辺にジェヒはローキックでダメージを与えますが、渡辺は効いていながらも攻撃を止めません。最後は判定でジェヒが勝ちました。渡辺も反則はぜずに真っ向勝負をしたのが良かったと思います。
長島☆自演乙☆雄一郎 vs シュー・イェン○
不用意に前に攻めていった長島。相手が中国の蹴り専門の為に懐に入りたかったのでしょうが、シューはK-1に対応した練習が出来ているようで、パンチでダウンを取り、立ち上がった長島は既に意識が飛んでいるようで再びダウン。レフリーストップとなりました。
○日菜太 vs マイク・ザンビディス
攻防戦のある試合でしたが、金的を食らったザンビディスが最後に食らったローキックを金的とアピールするもダウンを取られて、判定で日菜太が勝ちました。
小比類巻太信 vs ドラゴ○
アグレッシヴに戦う両者。しかし何度もダウンを取られた小比類巻が判定負け。
武田幸三 vs アルバート・クラウス○
武田は引退試合でクラウスを指名。しかし、鍛え上げてきたクラウスは強かった。ローキックを浴びせる武田に逆にローキックでダメージを与え、何とか2Rまでもった武田でしたが、最後は目が見えないような状態でも戦う武田の目から出血。これ以上はさせられないとレフリーストップで武田の格闘人生は幕を閉じました。あれ以上やっていたら、命がつきるまで武田は戦っていた事でしょう。
リザーブファイト
○佐藤嘉洋 vs 城戸康裕
次世代の日本のトップを占う戦いは、城戸がこれまでの戦い方とは違って、始めから積極的に攻撃を仕掛けます。佐藤はいつものローキックからの組み立てでブレません。そしてチャンスがあればパンチで仕留める佐藤のフックで城戸がダウン。立ち上がって今度は城戸のパンチで、佐藤がダウンを奪い返す。立ち上がった佐藤が今度はストレートで城戸を倒してKO。お互いが成長を見せつけたいい試合でした。
準決勝
○アンディ・サワー vs ブアカーオ・ポー.プラムック
この2人の戦いはいつもながら決定打がないままだらだらと試合が進みます。お互いの実力が拮抗しているため、決め手が無いのです。しかしブアカーオはサワーのローキック攻めを封じるような試合運びで優位に立ちますが、ドローにより延長戦。それも僅差で何とかサワーが勝ちました。
山本優弥 vs ジョルジオ・ペトロシアン○
いつもは自分から仕掛けないペトロシアンが的確に攻撃をヒットさせ、山本に試合をさせないままカウンターのフックを決めて山本をノックダウン。あまりにも力の差がありました。
決勝
アンディ・サワー vs ジョルジオ・ペトロシアン○
ペトロシアンはガードも完璧でサワーの攻撃をかわしながら自分の攻撃はヒットさせる戦い方で、ほとんど無傷のままで3Rを戦い。判定で新しいMAX王者となりました。最後までクールに決めてくれました。

これで大晦日の魔裟斗の相手はペトロシアンに決まりました。魔裟斗が一番戦いたくなかった相手でしたが、魔裟斗はこの新王者対策を楽しみたいような感じでした。
K-1甲子園の勝者は野扖、嶋田、石田とHIROYAの四人となりました。大晦日が楽しみになってきました。

アンディ・サワー vs ジョルジオ・ペトロシアン

武田幸三 vs アルバート・クラウス

長島☆自演乙VSシューイエン
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ