FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091205]

OUR DECADEOUR DECADE
(2008/03/19)
GODIEGO

商品詳細を見る


70年代の最後に70年代を振り返ったコンセプトアルバムを創りました。シングルではヒット曲を連発していたゴダイゴでしたが、アルバムではヒット曲を入れずに全く新しい曲で構成されています。70年代に起こった大阪万博やアメリカンニューシネマ、石油ショック、カルト宗教の集団自殺、月面着陸など激動の時代だった70年代は刺激に溢れていました。

1. プログレス・アンド・ハーモニー
2. イージー・ライダー
3. ショック,ショック,ショック!
4. トライ・トゥ・ウェイク・アップ・トゥ・ア・モーニング
5. クローズアップ
6. ディープ・レッド
7. パープル・ポイズン
8. ライティング・マン
9. ア・ボーリング・デイ
10. イミテイション
11. ザ・サン・イズ・セッティング・オン・ザ・ウエスト
12. ザ・ドラゴンズ・カム・アライヴ
13. はるかな旅へ
14. プロミス・アット・ドーン
15. プログレス・アンド・ハーモニー(リフレイン)

この頃になるとプログレというよりもライトフュージュンのようなサウンドになります。タケカワの歌い方もまるでスティーリーダンのドナルドフェイゲンのようです。そしてポップでゴダイゴの力量が発揮されています。シングルではヒット曲を出しながら、アルバムではそれに負けないくらいの優れて曲を創っています。どれほど懐が深いのかと思います。アメリカのニューフォークのような曲からポールマッカートニーのようなメロディアスな曲、そしてライトフュージュンな安定した演奏力を披露しています。

テレビでヒット曲を演奏するゴダイゴしか知らない人には、あまりにも売れている為に敬遠されがちな所がありますが、こうしたアルバムで勝負出来るバンドだと言う事がもっと知れ渡っていたら、もっと高く評価されていた事でしょう。チャーとも共演した事があるだけに、フュージュンスタイルもお得意なのです。そういえばチャーの歌い方もドナルドフェイゲンに似ています。又、この頃からゴダイゴ ホーンズというホーンセクションをバックにつけてファンキーな感じも出しています。

PROGRESS AND HARMONY

TRY TO WAKE UP TO A MORNING

PURPLE POISON
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20091205]

西遊記西遊記
(2008/03/19)
GODIEGO

商品詳細を見る


堺正章、夏目雅子主演によるテレビドラマ西遊記のサントラ盤ですが、これは彼等のオリジナルアルバムに数えられるほど完成度の高いアルバムです。これ以前にもキタキツネ物語や男たちの旅路のサントラも手がけていますが、オリジナル扱いされているのはこのアルバムだけです。私もこのアルバムが彼等の最高傑作だと思います。ストーリー性がありますのでコンセプトアルバムとしても楽しめますし、ヒット曲以外の曲もロック的に楽しめるのです。

1. ザ・バース・オブ・ジ・オデッセイ|モンキー・マジック
2. ガンダーラ
3. エイジアティック・フィーヴァー
4. ヘディング・アウト・ウェスト・トゥー・インディア
5. サンキュー・ベイビー
6. ステッピン・イントゥ・ユア・ワールド
7. ハヴォック・イン・ヘヴン
8. ドラゴンズ・アンド・デーモンズ
9. ア・フール!
10. フライング
11. セレブレイション

まずシンセサイザーによるオープニングのザ・バース・オブ・ジ・オデッセイはプログレファンにはたまらない出来映えになっています。続くモンキー・マジックはこの番組のテーマ曲としてシングルヒットしました。この曲はファンキーなフュージュンアレンジによる曲で、こういう曲でヒットを出せると言う所がこのバンドの凄さだと思います。テレビの主題歌と言う事がヒットとなっていますが、こういう曲を主題歌に持ってくる辺りは他のバンドには真似出来ません。一番ヒットしたのはエンディングテーマのガンダーラです。アルバムでは英語歌詞で歌われています。

アクションもある番組なのでいろんなタイプの曲を並べている所も楽しめます。猪八戒のテーマ、ア・フール!はポップですし、孫悟空のテーマ、フライングはチャイナ風味のフュージュンバラードです。サンキュー・ベイビーも名曲ですし、セレブレイションも素晴らしい曲です。ヒット曲だけではなく、アルバムとしての完成度の高い名盤です。ロックファンにも十分に楽しめる内容に仕上がっている所が素晴らしいのです。このヒット作によってゴダイゴはヒット曲を連発していくバンドになっていくので、軽く見られがちですが、アルバムとして聴いてもらえると彼等がいかに優れたバンドであったかが分かると思います。

MONKEY MAGIC

ガンダーラ

THANK YOU, BABY
⇒ 続きを読む

[20091205]

CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパーヒッツCMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパーヒッツ
(2008/03/19)
GODIEGOタケカワユキヒデ

商品詳細を見る
CMソング・グラフィティ VOL. 2CMソング・グラフィティ VOL. 2
(2008/03/19)
GODIEGOタケカワユキヒデ

商品詳細を見る


大瀧詠一のCM曲集がヒットした事によって、多くのCM曲を手がけているゴダイゴもCM曲集を創っています。当時のテレビを見ていた人にとっては聴き覚えのある懐かしい曲ばかりになっています。英語歌詞にこだわるタケカワも場合によっては日本語歌詞を使っています。

VOL. 1
1. ミラージュのテーマ
2. ザ・モーニング・アフター
3. ナウ・ユア・デイズ
4. イン・ユア・アイズ
5. アンクル・ジョン
6. 僕のサラダ・ガール
7. スプリンター・リフトバック
8. ホワット・ディド・ユー・ドゥ・フォー・トゥモロー
9. シンフォニカ
10. スマイル
11. アップル・キャンディ
12. リリック
13. レッド・シャポー
VOL. 2
1. ジャンゴ
2. プレリュード
3. モーニング
4. 友だちはいいもんだ
5. マジック・カプセル
6. ラヴィング・アンド・ラヴィング
7. ドキ・ドキ・サマーガール
8. ピーチ・ネクター|レッツ・ゲット・バック|デリシャス|ハヴァナ|チェスナット・トゥリー
9. <カミング・トゥゲザー・イン>カトマンズ
10. ハピネス
11. キャセイ

シングルヒットしている曲とは違ったポップ感覚が楽しめます。ポールマッカートニーなどの洋楽からの影響が強く、アンクル・ジョンなどは名曲です。CMだけの曲で終わらせるにはもったいないくらいのソングライティングの高さが伺えます。それをアルバムとして楽しめるので外せない作品です。このバンドのポップな部分が強調されているだけにソフトロックファンからも高く評価されるべき作品です。

ポップな曲でこそ映えるコーラスワークの素晴らしさも楽しめます。タケカワのボーカルはロックとしては綺麗すぎるのですが、ジョンアンダーソンのようなものだと思えば受け入れられます。このようなポップな作品になるとほとんどの曲をタケカワユキヒデが書いており、ミッキー吉野はアレンジに徹しています。普通のヒット曲よりもCM曲でのゴダイゴの方が私は好きです。

ミラージュ

CMソンググラフィティメドレー

イン・ユア・アイズ
⇒ 続きを読む

[20091205]

DEAD ENDDEAD END
(2008/03/19)
GODIEGO

商品詳細を見る


ファーストアルバムはタケカワユキヒデのソロの延長線上にありました。このアルバムで初めてバンドとして制作された作品で、バンドとしてのまとまりが曲の構成にも現れています。ドラムがトミーシュナイダーに代わったことにより、リズムにも迫力が出ています。このアルバムの前に、テレビドラマのサントラとしていろはの〝い〟を、映画のサントラとしてハウスを出しています。しかしこのアルバムがセカンドアルバムとなっています。

1. 時の落とし子
2. イン・ザ・シティ
3. サムの息子
4. デッド・エンド|ラヴフラワーズ・プロフェシー
5. ラスト・アワー
6. パニック|イメージ
7. アンダー・アンダーグラウンド
8. 狐独な面影
9. 血塗られた街
10. 御国

ヒット曲の多いゴダイゴなのでポップな歌謡曲的なイメージを持っている人が多いと思いますが、アルバムではロックバンドとしての力量を示してくれます。そしてこのアルバムではシングルカットがないにも関わらず、アルバムとしては最高傑作と謳われる名盤となっています。ヒット曲がないだけにテレビで知っているファンにとっては馴染めないかもしれませんが、バンドとしてのゴダイゴを評価出来るかなり水準の高い作品になっています。

ヒット曲こそありませんが、聴きやすい曲ばかりで、アメリカンプログレ、フュージュンといった当時流行っていたサウンドを、自分達なりに吸収したあり地鳴りティー溢れる作品となっています。演奏はスタジオミュージシャンのような安定したもので、その中でも遊び心をしっかりと持ったロックバンドらしい内容になっています。ヒットメーカーとしてのゴダイゴに物足りなさを感じている人がいたらこのアルバムを御勧めします。

デッド・エンド|ラヴフラワーズ・プロフェシー

DEAD END ~ LOVE FLOWERS PROPHECY

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ