FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091230]

PSYCHE(紙ジャケット仕様)PSYCHE(紙ジャケット仕様)
(2007/08/22)
Char

商品詳細を見る


PINK CLOUDでは倦怠期に入っていた為か、ミニアルバムを出す程度に留まっていました。そして自分達で立ち上げた江戸屋レーベルから久々のソロアルバムを出しました。彩気と題されたこのアルバムはシリーズ化される事になります。チャーのプロデュースで全ての楽器をチャーが演奏しています。リズム系は打ち込みのようですが、全パートしっかりアレンジされています。

1. .F.U.C.Q.
2. .XQZ ME
3. .SOMEWHERE OUT THERE
4. .RESTA A PARODE
5. .THE SUPER TRANQUILIZER MAN
6. .RUSSIANDRIX
7. .LOVERS WALK
8. .DAYS WENT BY
9. .ALL AROUND ME
10. .ENDLESS DREAM

サイケといってもサイケデリックな感じではありません。80年代にはサイケデリックという音楽用語は気持ちいい事を表しますのでチャーが気持ちいい音楽をやっていると言う事になります。ギターのオーヴァーダビングもきちんと計算されていて、普段バックバンドに求めている理想の演奏を自分で表現しているようです。フュージュンとも、ハードロックとも捉えられないようなミクスチャー感がサイケなのでしょうか。

80年代らしい音を使っていますが、アレンジがただ者ではないのでチープな感じにはなっていません。逆に60年代後半の音楽を打込みで再現しているような感じです。竹中尚人という個人から発せられるイマジネーションをデジタル化したような世界です。音楽のジャンルは違いますが、フランクザッパが打ち込みで創った作品と近い感性で創られているようにも感じます。チャーはソロアルバムの方が自由でいいです。アコースティックの名曲ALL AROUND MEが入っており、ENDLESS DREAMではジェフベックのDefinitely Maybeのような曲をやっています。ワウワウをかけたストラトの音が見事です。

LOVERS WALK

DAYS WENT BY

ALL AROUND ME
スポンサーサイト




[20091230]

PLANT BLENDPLANT BLEND
(2001/03/16)
ピンク・クラウド

商品詳細を見る


バンドのスタイルが出来上がってしまい、バンド内としてはかなり馴れ合いになり始めていた頃の作品です。それでもファンとしてはこの感じをもっとガンガンに味わいたいのですから大満足の1枚です。確かに新しいサムシングはないので、倦怠期になっているかもしれませんが、ポテンシャルは落ちていませんから、これらのサウンドなら何度でもおかわりできます。

1. OPEN YOUR EYES
2. NEWS
3. 去年の雨
4. LAST NIGHT
5. GIVE ME YOUR SMILE
6. WASTED
7. IN THE SPACE
8. SHADOW
9. BLUE LADY
10. LOVE TO “M”
11. B・Y
12. SAUSALITO
13. SUGAR BABY GAME

チャーのソロアルバムに入っていたレゲエ調のLAST NIGHTをバンドとして再演しています。ライブレパートリーに入っているので、このバンドでの演奏を収録したかったのでしょう。ドゥービーブラザースやオールマンブラザースのようなフュージュンテイストもあるサザンロックのかっこいい所だけを頂き、無駄な贅肉をそぎ落とした良質なロックだけを提供してくれる所が心地良いのです。

70年代のロックが好きな私だから絶賛しているようですが、80年代でも彼等は大きな支持を得てきました。男のロックが失われかけていた時期の作品だけに、多くの人が求めていたのだと信じています。大人のロック、漢のロック、ロックばかり聴いていたら妊娠してしまうぞ、と言われていた時代のロック、そんなワクワクするようなロックがここにはあります。

WASTED

LOVE TO “M”

[20091230]

PINK CLOUDPINK CLOUD
(2001/03/16)
ピンク・クラウド

商品詳細を見る


バンド名をタイトルに冠したサードアルバムです。よりアグレッシヴに、よりタイトに、よりソリッドに、よりパワフルになったサウンドは熟練の匠の技を持った子供達といった感じで、好きな音楽を楽しんでいます。子供の頃夢中になった音楽を、憧れていたミュージシャンよりも優れた演奏で表現出来る喜びを満喫している。それがこのバンドの特徴だと思います。それが彼等の特権だったと思います。

1. WHY AREN’T YOU READY
2. DEPRESSION
3. STUCK IN MY BRAIN
4. TRIPPING WOMAN
5. TODAY IS THE DAY
6. GOSH!
7. HUG LETTER
8. PINK CLOUD

JOHNNY, LOUIS & CHAR時代のムスタングの音と、ここで聴かれるストラトキャスターの音を聴き比べるのも面白いと思います。かなり微妙な違いですが、ストラトの方が幾分オーソドックスな音だと分かるはずです。それだけムスタングの方がユニークな音を創れたと思います。チャーが創りだすギターリフもカッコいいですが、ギターソロのイマジネーションは天下一品です。全盛期のクラプトンにはかなわないまでも、マンネリ化してしまった昨今のクラプトンなど子供扱いするかのようなプレイです。

時折チャーのギターに呼応するかのようにリードベースを挟むルイズルイス加部のプレイも良いです。トリオだから意思疎通も程よく出来ていてチームワークの良さもこのバンドの長所です。テクノやニューウェイヴによるシンセの主流化でギターヒーロー不在の時代に、痛快なまでのギターヒーローぶりは泥沼に咲く蓮華の花のようです。80年代もギターを愛してこれたのも、このチャーとロバートフィリップ卿のおかげです。ギターはまだまだシンセよりも面白いのです。

Fallin' Star / Why Aren't You Ready?

STUCK IN MY BRAIN

[20091230]

Moon Child(紙ジャケット仕様)Moon Child(紙ジャケット仕様)
(2004/07/22)
Char

商品詳細を見る


PINK CLOUDの活動と平行して出されたソロアルバムです。バックメンバーは旧友スモーキーメディソンの金子マリ、鳴瀬喜博、佐藤準といったメンバーで、MOON CHILDとは自分の息子の為に捧げられた作品のようです。息子とは現在RIZEのメンバーJESSEの事です。息子に捧げた割にはかなり本格的な大人のロックになっています。

1. APPLE JUICE
2. からまわり
3. SHOW WHAT YOU’VE GOT INSIDE OF YOU-MAMA-
4. JOY TO THE WORLD
5. LAST NIGHT
6. RIDE ON ME
7. KUSRIYA
8. SHE CUT JAM
9. FUNK’N’ROLL-YELLOW STONE-
10. DEODORANT BOLERO

このアルバムが出された82年には既にPINK CLOUDで2枚のアルバムを出していますので、この年は相当精力的に活動していたようです。ライブでは定番のAPPLE JUICEが入っています。APPLEとはスラングでお尻の事ですからどうゆうジュースかお分かりでしょう。レゲエ調のLAST NIGHTもライブではお馴染みです。サウンド的にはPINK CLOUDとあまり変わりはありませんので、PINK CLOUDとしても演奏しているなバーですね。

金子マリのボーカルをかなりフューチャーしています。スリードッグナイトのカバー JOY TO THE WORLDはスモーキーメディソンでも演奏していた曲です。後半はインストが連続しますが、オールマンブラザースのようなソリッドなサザンロックが目立ちます。オールマンの頃のようなロックバンドを現在も求めているなら、この頃のチャーの作品を御勧めします。もっと格好良く演奏していますので満足していただけると思います。70年代の夢を今も魅せてくれるミュージシャンなのです。

APPLE JUICE

からまわり

JOY TO THE WORLD

⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ