FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20091231]

PSYCHEDELIXPSYCHEDELIX
(1998/06/24)
PSYCHEDELIX

商品詳細を見る


今度は外人ミュージシャンと組んだトリオ編成のサイケデリックスです。ドラムのジムコプリーとベースのジャズロチリーの三人です。ジムコプリーはジェフベックも絡んでいたUPPのドラマーでした。ジャズロチリーはセッションベーシストでバッドカンパニーの再結成時に加わっています。この三人がとてつもなくカッコいいのです。PINK CLOUDが国産車ならこのバンドはF1マシーンです。私もこのバンドが一番カッコいいと思うし大好きです。

1. MOVE ON
2. LET ME TRY YOUR SHOES ON
3. GREEN LIGHT
4. RUBY RED LIPS
5. NAMELESS LAND
6. YOU’VE GOT THE ANSWER
7. RAINBOW SHOES
8. AND THEIR SONS AND DAUGHTERS
9. NOW
10. AQUA SHOES

デビューシングルのMOVE ONが又名曲なのです。演奏だけが素晴らしいのではなく、曲も良い曲を創っているのです。軽くシンセバッキングも入っていますが、ギターが醸し出す雰囲気が素晴らしく、ジムコプリーのおかずの多いドラミングがたまりません。SHOESがつく曲が3曲もあります。SHOESとは隠語で女性の陰部をさします。シンデレラの靴もそういう意味です。チャーがよく題材にする意味になります。GREEN LIGHTではベースのジャズがボーカルをとっています。

曲はバンドでのセッションから生まれています。チャーがメンバーの引き出しにあるものをどんどん出させていき、曲に仕上げています。ですから急造バンドなのにものすごいグルーヴが生まれています。しかし、この後の作品はどんどんセッション性が増していきますので、このファーストアルバムが一番曲を中心に創り上げています。そういう意味ではこのアルバムが一番優れた名盤だと思います。曲の完成度が一番高いのです。はっきり言って、こんなにカッコいいバンドは古今東西知りません。ロック史上最高のバンドであると断言いたします。ロックの格好良さは何かと問われたらこのバンドの中にその答えはあります。最高です。

それでは皆様良いお年を。

MOVE ON
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20091231]

PINK&BLUEPINK&BLUE
(1993/10/21)
BAHO

商品詳細を見る
TREMENDOUSTREMENDOUS
(1998/06/24)
BAHO

商品詳細を見る


関西で活動している石田長生とのアコースティックデュオBAHOです。AHOは馬呆、すなわち「東京の馬鹿・大阪の阿呆」という意味合いでつけられています。憂歌団をイメージしたようなユーモアもありのアコースティックブルースをやっています。最初にミニアルバムPINK&BLUEを出してからフルアルバムTREMENDOUSを出しています。後はライブアルバム出しているだけのユニットですが、チャーの経歴には外せない存在です。

PINK&BLUE

1. PINK & BLUE
2. BAHO'S RAP
3. VOICES...

TREMENDOUS

1. MIDNIGHT SHUFFLE
2. EVERYBODY 毎度! ON THE STREET
3. BAHO’S RAG
4. 表参道
5. GEE BABY(Ain’t I good to you)
6. DO IT AGAIN
7. R&B(RHYTHM&BAHO)
8. STONED BAMBOO
9. アミーゴ
10. TREMENDOUS

ブルースを基本としながらも多用な音楽性を魅せるのはチャーの多様性のせいです。スティーリーダンのDO IT AGAINをカバーしています。冗談のような感じで始めたユニットでしたが、やっている音楽はかなりまじめに創っています。スティーリーダンを歌うチャーの声は益々ドナルドフェイゲンに似ている事が明確になっています。アコースティックデュオとなっていますが、エレキも使っています。曲によってはバンドスタイルで演奏しています。

ソロやバンドでもアコースティックバージョンの曲はありましたが、ここまで徹底したやり方はありませんでしたので、このユニットでしかやれない音楽を楽しんでいます。趣味的な感じがしますが、元々チャーは好きな音楽しかやっていませんので、引き出しの広さが伺えます。ちょっとした箸休めに聴くのもいいですが、聴き込むとハマってしまいます。

PINK & BLUE

BAHO’S RAG

GEE BABY
⇒ 続きを読む

[20091231]

INDEXINDEX
(1998/06/24)
ピンク・クラウド

商品詳細を見る


江戸家になってからはピンククラウドとしてミニアルバムとライブアルバムしか出していませんでしたが、久々にオリジナルアルバムを出しました。このバンドでは既に出し尽くしていた感じで、しばらく放置していたようですが、久々に集まってみると、やはりこのバンドは刺激的なバンドでした。

1. ALL MY LOVE
2. BLUE CLOUD
3. DRIVE ME NUTS
4. FREEDOM
5. 号外(GOGAI)
6. HALFRAIN
7. LET’S GO BACK HOME
8. MAYBE SOME NIGHT
9. MY DELICATE ONE
10. PASSING TIME
11. UNCLE JACK

代表曲であるDRIVE ME NUTSとUNCLE JACKが入っているので外せないアルバムです。FREEDOMはジミヘンのカバーです。JOHNNY, LOUIS & CHARとPINK CLOUDの区別はもはやギターだけになっているようです。メンバーは同じなのでライブでは区別不要になっています。ジミヘン節が多くなっているのは、ソロ作品ではやれない事をぶつけている感じです。ジミヘンというよりはスティヴィーレイボーンを意識している感じかもしれません。

クォーターチョーキングを多用したUNCLE JACKのようなスタイルはクラプトンの影響もあるようです。チャーが最初に熱中したのはクラプトンなので、基本テクニックは最盛期のクラプトンなので、基本がしっかりしているのです。このバンドでは、その硬派なギタープレイが楽しめます。トリオならではのソリッドなプレイでも物足りなさを感じさせないほどの熱狂ぶりです。

ALL MY LOVE

DRIVE ME NUTS

UNCLE JACK

[20091231]

PSYCHEII(紙ジャケット仕様)PSYCHEII(紙ジャケット仕様)
(2007/08/22)
Char

商品詳細を見る


サイケシリーズ第二弾です。このアルバムでも全ての楽器をチャーが演奏していますが、バックボーカルでアンルイスが参加しています。このシリーズでのオリジナルアルバムは2枚だけですが、他にベストアルバムが出ています。ベストでしか聴けない曲もあるので集めるのも大変です。

1. .ROOM No.7
2. .BAY SIDE 25A.M.
3. .HELLO, I LOVE YOU
4. .ZIG ZAG ZONE
5. .BLACK SHOES
6. .FRIDAY MORNING
7. .DO OR DIE
8. .左胸の砂丘
9. .奇跡のアルバトロス
10. .STANDAP
11. .JAHOW

バンドでは80年代サウンドは無視していましたので、ソロでは80年代サウンドも出せる事を示しているようです。チャーはポップな人なので流行のサウンドには敏感なのです。やはり打ち込みのバッキングになっていますが、サウンドはかなり凝っています。ドアーズのHELLO, I LOVE YOUをカバーしています。多くの曲が日本語歌詞になっているのも特徴です。

ROOM No.7ではジャズっぽいギターもさりげなくやっています。奇跡のアルバトロスではアコースティックギタープレイを披露。ツェッペリンのようなアコースティックスタイルをジョンマクラフリンのように演奏しています。前作よりもポップな仕上がりになっています。ハードロックが聴きたいファンにとっては物足りない時期だったかもしれません。しかし、こうしたポップなアレンジもこなすチャーも楽しめてこそのファンだと思います。こうしたスタイルの時はファズで歪ませる事も多いようです。JAHOWもツェッペリンのサードアルバムのような中東トラッドな感じをやっています。

BLACK SHOES

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ