FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20100529]

町を見下ろす丘町を見下ろす丘
(2006/03/29)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


久々に佐久間正英がプロデュースした作品です。その為、この頃の中では一番ポップな内容になっています。ただ、以前のように打ち込みに合わせた演奏ではなく、バンドスタイルに徹しており、この時期のロックな感じはそのままにポップな楽曲を創っています。

1. 地元のダンナ
2. 理想の朝
3. 甘き絶望
4. すまねえ魂
5. シグナル
6. 今をかきならせ
7. 人生の午後に
8. 雨の日に・・・
9. 流れ星のやうな人生
10. I don’t know たゆまずに
11. なぜだか、俺は祈ってゐた。

オルタナやニューウェイヴスタイルの曲創りになっているために、内向的的な部分もありますが、ポップに仕上げているので重たくはなっていません。ですから音楽的には聴きやすくなっています。それでいて宮本浩次節が炸裂しているので、程よいバランスを持った作品です。しかし、デビューからここまでまったくブレない宮本浩次の叫びはなおも苦悩しています。悪く言うと成長していないのかもしれませんが、苦悩しているからこそエレカシなのだとも思います。

逆に言うと悟ってしまったらもう曲は書けなくなってしまうのかとも思います。苦悩し続けているからこそ現在までも現役で活動出来ているはずですし、これがポーズだったらここまで叫べないとも思います。ただ、昔に比べると穏やかさもあるのは大人になっている証拠でしょう。いつまでも十代のように苦悩するのも大変です。よくぞここまで大量な思いを作品にしてきたと思います。このアルバムを最後にEMIから移籍していきます。

地元のダンナ

すまねえ魂

シグナル
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20100529]

風
(2004/09/29)
エレファントカシマシ久保田光太郎

商品詳細を見る


今回は久保田光太郎を共同プロデューサーになっています。初期の頃のリズム&ブルースでファンキーな感じも復活して、更に強力なエネルギーを発散しています。なんかぶっきらぼうに突き進むイメージのある彼等ですが、知らない間に実はしたたかにいろんな事を吸収してでかくなっているんだということに気づかされる作品だと思います。

1. 平成理想主義
2. 達者であれよ
3. 友達がいるのさ
4. 人間って何だ
5. 夜と朝のあいだに...
6. DJ in my life
7. 定め
8. 勝利を目指すもの
9. 今だ!テイク・ア・チャンス
10. 風

パワフルなロックアルバムではありますが、曲創りはヒット曲時代のように良い曲を創っています。ですから、ギターリフもカッコいいし、歌の乗せ方もカッコいいので、ロックサウンドに回帰してからは一番出来がいいかもしれません。これまでのエレカシのいい所が全て詰まっている感じです。ジャケットは一番地味ですが、内容はかなりいいです。宮本浩次の歌詞にはこれまでも下ねたが潜んでいましたが、それを気づかせない勢いは留まりません。

このアルバムの特徴としては、初期の頃のソウルフルな感じが蘇っている事です。ですからエレカシの全てが詰まっていて、それでいて、彼等の現在進行形の姿を表現しているので、決して昔に後退している訳ではありません。実に前向きに突き進みながらも、彼等の持ち味を全て惜しみなく吐き出しているのです。ただ、メディアへの露出が無くなっている時期なだけに売り上げには結びついていませんが、内容は最高のものが出来上がっています。名盤です。

平成理想主義

達者であれよ

友達がいるのさ
⇒ 続きを読む

[20100529]

扉
(2004/03/31)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


アルバムの制作過程を撮影したドキュメンタリー映画「扉の向こう」で彼等がどんな思いで作品と向き合っているかが伺えるのですが、前作の若々しさから一転、ロックアルバムにはなっているのですが、熟練の領域に入ったベテランの味わいを持った作品になっています。熊谷昭を共同プロデューサーに迎えているのもあるのかもしれませんが、ストレートなだけのロックンロールではなくなっています。

1. 歴史
2. 化ケモノ青年
3. 地元の朝
4. 生きている証
5. 一万回目の旅のはじまり
6. ディンドン
7. 必ずつかまえろ
8. 星くずの中のジパング
9. イージー
10. 傷だらけの夜明け
11. パワー・イン・ザ・ワールド

人生と向き合う宮本浩次の思いが赤裸々に語られる歌詞の世界が更に色濃くなっていて、歴史では森鴎外論が語られ、鴎外とロックフレーズに乗せる感覚はさすがです。ロックンロールというよりはオルタナティヴな感じになっています。どこか内向的なのです。バラードにしてもヒット曲時代とは雰囲気が違います。力を抜く事を憶えた大人のロックになっています。かといって要領が良くなった訳ではなく、宮本浩次らしい不器用な歌詞になっています。

バンドアレンジもストレートなロックンロールではなく、ネオサイケやオルタナバンドのようです。タイトルが扉だけに、ジャケットがドアーズのファーストアルバムに似ているのは狙いなんでしょうか。内向的なサイケ作品を狙っているのでしょうか。かなり重たい感じがします。初期の頃に近いのですが、明らかに違う事をやっているのが分かります。いくつにになってもどこかもがいている感じは健全なロック少年なのだと思います。

歴史

化ケモノ青年

生きている証
⇒ 続きを読む

[20100529]

俺の道俺の道
(2009/09/16)
エレファントカシマシ

商品詳細を見る


前作でバンドスタイルへの回帰を宣言してから本格的にバンド勝負を始めたフルアルバムです。歌詞は初期の頃に戻っていて、サウンドも初期の頃みたいですが、初期の頃はあくまでもリズム&ブルースを基盤としていましたが、この時期はロックンロールになっています。かなり攻撃的な感じで、ビッグヒットには至りませんでしたが、ファンが増えている分、この方向性は受け入れられます。

1. 生命賛歌
2. 俺の道
3. ハロー人生!!
4. どこへ?
5. 季節はずれの男
6. 勉強オレ
7. ラスト・ゲーム
8. 覚醒(オマエに言った)
9. ろくでなし
10. オレの中の宇宙
11. ロック屋(五月雨東京
12. 心の生贄

生命賛歌はトーキングスタイルで、宮本浩次節が炸裂しています。俺の道はヒット曲時代の手法で作曲されているだけに良い曲ですが、ヒット曲時代とは違う歌詞が彼等の本気を物語っています。デビュー当時はよくRCと比較されていましたが、このロックンロールスタイルになった方がRCに近いかもしれません。宮本浩次の歌い方もどこか清志郎に近いものがあります。そして何よりもカッコいいのが、初期の頃のようなダイナミズムが復活した事です。

初期の頃に比べても曲創りが向上している訳ですから、初期の頃以上にいいバンドに成長しています。それでまるで新人バンドみたいにフレッシュでエネルギッシュです。まるでインディーズから這い上がってきたバンドのようです。下手に洗練されていない感じも好感が持てます。宮本浩次の作品っていい意味で、なんてむき出しなんだと言うくらい赤裸裸でよろしいです。名盤です。

生命賛歌

俺の道

ハロー人生!!
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ