FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20100911]

チェリーチェリー
(2006/11/08)
スタンリー・タレンタイン

商品詳細を見る


スタンリー・タレンタインとミルトジャクソンのコラボレート作品となっている今作はスタンリー・タレンタインの作品の中でも一番有名で、代表作になっています。ファンキージャズではありますが、ハードバップに近い演奏が展開されています。Modern Jazz Quartetのvibraphone奏者のミルトとスタンリーのサックスの絡み合いが絶妙です。

1. Speedball
2. I Remember You
3. The Revs
4. Sister Sanctified
5. Cherry
6. Introspective

参加メンバーはバイブのミルトジャクソンとギターがコーネルデュプリ、ベースがロンカーター、ドラムがビリーコブハム、当時はまだ新人だったボブジェームスがエレピ他キーボードで参加しています。この5人に固定されたメンバーでトータル感のある作品としています。演奏はファンキーですが、バラード系の曲が多いです。

CTIらしい難解ではないジャズを楽しめます。それにしてもジャケットはいつも意味深な感じです。妙にとんがっていないジャズメンばかりで、リラックスした演奏の中でも、随所で光る妙技がイカしています。フュージュンっぽいのはエレピとギターだけですが、程よい間の取り方が絶妙で、ソウルフルです。こういうコマーシャリズムを持った作品がジャズの人気を何とかつなぎ止めていました。名盤です。

I Remember You

Sister Sanctified
スポンサーサイト




[20100911]

Salt SongSalt Song
(1999/03/05)
Stanley Turrentine

商品詳細を見る


Sugerの次に続編的なSuger Manを出していますが、CD化されていないようです。そして続くこの作品はSalt Songで、これも続編的な扱いなのでしょうか。ファンキージャズではありますが、エレクトリック楽器が増えており、ジャズロックへと移ろいで逝っているのが分かります。

1. Gibraltar
2. I Told Jesus
3. Salt Song
4. I Haven't Got Anything Better To Do
5. Storm
6. Vera Cruz

このアルバムも豪華ミュージシャンが参加しています。ロンカーター、リチャードティー、エリックゲイル、ビリーコブハム、ヒューバードロウズ、そしてアイアートモレイラのパーカッションがラテンなグルーヴを付け加えています。ファンキージャズにラテンのリズムが加わって、融合。フュージュンが起こっているのです。ただ、スウィングしているので、まだフュージュンやクロスオーヴァーとは言えません。

リチャードティー、エリックゲイルというニューヨークのセッションプレイヤー、後のスタッフのメンバーですが、彼等が加わっている事で、ニューソウルなおしゃれ感も出ています。CTIという事で、プロデューサーはCreed Taylor。エンジニアはRudy Van Gelderです。ファンキージャズよりは新しく、フュージュンよりは古い、この微妙なタッチが心地いいと思える人にはたまりません。

Gibraltar

I Told Jesus

Stanley Turrentine
⇒ 続きを読む

[20100911]

SugarSugar
(2002/02/18)
Stanley Turrentine

商品詳細を見る


スタンリー・タレンタインは60年代から活躍したテナーサックス奏者です。60年代はブルーノートに沢山のアルバムを録音していますが、70年代以降のCTI Recordsからの作品を紹介していきます。ハードバップというか、ファンキージャズを得意とする人です。

1. Sugar
2. Sunshine Alley
3. Impressions
4. Sugar

ファンキージャズという事で、ジャズの主流から見ると亜流な捉えられ方をされてしまう傾向もありましたが、ジャケットなどからも伺えるように、おしゃれなモッズ辺りに受けそうな作品を残しています。60年代にオルガニストのジミー・スミスと共演したりして、名を上げてきました。奥様もオルガン奏者のシャーリー・スコットです。

バックを務めるメンバーはフレディーハバード、ロンカーターにジョージベンソン、ロニーリストンスミス、ビリーコブハム、アイアートモレイラといったそうそうたるメンバーです。フュージュン系のミュージシャンが多く参加していますが、まだフュージュンに入っていません。ファンキージャズです。ですからナーバスにならずに楽しい作品です。

Sugar

Sunshine Alley

Sugar

[20100911]

Out of the LoopOut of the Loop
(1994/09/13)
Brecker Brothers

商品詳細を見る


ブレッカー・ブラザーズ復活第二弾アルバムになりますが、これが永遠のオリジナルラストアルバムとなりました。前作でもサンプリングっぽいドラムがありましたが、ここではタイトル通り、ループやサンプリングサウンドを使った、90年代ジャズに多く見られる手法が使われています。

1. Slang
2. Evocations
3. Scrunch
4. Secret Heart
5. African Skies
6. When It Was
7. Harpoon
8. The Nightwalker
9. And Then She Wept

ループと言っても、彼等の場合は生で叩いたドラムをサンプリングしてデジタルなグルーヴを出しているだけで、生演奏が主体である事に変わりはありません。しっかりとしたテクニックを持ったドラマーがいるので、わざわざ打ち込みをする必要がないのです。それでも流行の音を出す為に、わざわざサンプリングスライスしたドラムをループさせています。元の演奏がしっかりしていて、恐らく曲に合わせて演奏したパターンをサンプリングしているので、編集は楽なのだと思います。

それでも主体は生演奏です。デジタルな質感は出していますが、生によるグルーヴに勝るものはないのです。ループはファンクのようなシンプルな曲の時に使っているようです。この後は又、ソロ活動に入っていくのですが、弟のマイケル・ブレッカーが2007年白血病で帰らぬ人となってしまいました。これにより、このグループは永遠に復活する事が出来なくなってしまいました。彼と関わってきた多くのミュージシャンがその才能を惜しみましたが、今は、これまでに残された音源を楽しむしか出来ません。

Slang

Scrunch

African Skies
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ