FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20101016]

Paul Anka Golden HitsPaul Anka Golden Hits
(2001/05/01)
Paul Anka

商品詳細を見る
Very Best of Paul AnkaVery Best of Paul Anka
(2009/08/04)
Paul Anka

商品詳細を見る
Body of WorkBody of Work
(2008/03/01)
Paul Anka

商品詳細を見る
The MastersThe Masters
(1997/11/24)
Paul Anka

商品詳細を見る


ポール・アンカはシンガーソングライターとしてデビューします。当時流行っていたロックンロールの手法で作曲していましたが、プレスリー達のようなワイルドなロックンロールではなく、アメリカンポップとしてのロックンロールに洗練されていました。プレスリー達は白人でしたが、やっている音楽は黒人のアクのようなものをしっかり持っていました。しかし、ポール・アンカの創る曲は黒人臭さは感じられない、保守的な白人にも親しみ易いものになっていました。

Dianaや後のフレンチポップにもつながるマイナー調のYou are my destiny、アメリカンポップスとしての完成度の高いPut Your Head On My Shoulderなど、数々の名曲を創りだしました。彼はレバノン系の移民の子で、白人とは言いにくいのですが、曲がヒットする事により、まだ珍しいシンガーソングライターという位置を確立していきました。My Waymお彼が用意した曲で、引退すると噂されていたフランク・シナトラの為に提供した曲です。元ネタはシャンソンのようです。

年をとっても現役で、現在も活躍しています。Kissin' On The Phoneなど、アメリカンポップに、若い感覚を与えた功績は高いものです。映画音楽の史上最大の作戦 -The longest dayなどでは、その作曲能力の高さを示しています。本来ならフランクシナトラのようなスタイルになっていたのでしょうが、ロックンロールの与えた影響力は、彼の数々の名曲達に息づいています。

Diana

You are my destiny

Lonely Boy
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20101016]

La Bamba & Other HitsLa Bamba & Other Hits
(2004/04/06)
Ritchie Valens

商品詳細を見る
Ritchie Valens StoryRitchie Valens Story
(1994/01/01)
Ritchie Valens

商品詳細を見る
Complete RecordingsComplete Recordings
(2010/10/05)
Ritchie Valens

商品詳細を見る
Best Of Ritchie ValensBest Of Ritchie Valens
(1998/05/26)
Ritchie Valens

商品詳細を見る


リッチー・バレンスはあまり知名度はありませんが、La Bambaをロックンロールにアレンジしたシンガーと言えば分かるでしょう。La Bambaは後にカバーされて大ヒットされているからですが、彼は活動期間が短すぎる為にそれほど知られていないのです。彼の偉業はメキシコ音楽とロックンロールを組み合わせると言う、誰もやっていない事を成し遂げた事にあります。

メキシコ音楽をやっていた彼がロックンロールとであって、ロックンローラーとしてデビューしたのが16歳という若さでした。デビュー曲のCome On,Let's Goは75万枚の大ヒットとなりました。続いてバラード曲のDonnaを出しましたが、B面に入っていたメキシコ民謡ををロックンロールにアレンジしたLa Bambaのほうがヒットしました。これまでメキシコ音楽のようなラテン系の曲とロックンロールの融合というのはなかったので、この曲はかなり斬新に響いたのです。

まだ誰も開拓していなかったラテンロックンロールの確立という将来性を持っていましたが、バディ・ホリーと同乗していた飛行機事故によりわずか17歳という若さで亡くなっています。アメリカではロックンロールブームが終わりかけて、イギリスやヨーロッパでロックンロールが熱くなって時期でもあり、彼が活きていれば、新しいロックンロールの形というものが発展していったと思うのですが、なぜかロックンローラーは早死にばかりです。

La Bamba

COME ON LETS GO

Donna
⇒ 続きを読む

[20101016]

Be Bop a LulaBe Bop a Lula
(2009/07/13)
Gene Vincent

商品詳細を見る
Gene RocksGene Rocks
(2010/06/29)
Gene Vincent

商品詳細を見る
Dance to the BopDance to the Bop
(2008/01/01)
Gene Vincent

商品詳細を見る
Be Bob a LulaBe Bob a Lula
(1999/10/25)
Gene Vincent

商品詳細を見る


ロカビリーと言えばジーン・ヴィンセントというくらいロカビリーの名曲を沢山生み出しました。海兵隊にいっていた彼は足に障害があり、除隊となります。そして地元のミュージシャンを集めバックバンドのBlue Capsを率いてBe Bop A-Lulaでデビューします。この曲はプレスリーもカバーしていますが、本家本元はジーン・ヴィンセントです。ロカビリー特有のヒーカップ唱法で艶かしくBe Bop A-Lulaを歌い上げています。歌詞の内容もかなりセクシャルです。

彼はこれまでのロックンローラーとは違い、初めてレザーのつなぎをきてステージに立ちました。その後のロックンローラーの定番となるリーゼントと革のつなぎというファションを築き上げます。ドラムは立ったままドラムを叩き、ウッドベースのランニングベースなど、後のストレイキャッツにもつながるスタイルを確立しています。

それまでのプレスリー達とは違った新しいロックンローラーのあり方を生み出しました。悪のイメージをもったロックンローラーというワイルドな存在でした。エディ・コクランと同情していた車の事故では助かりましたが、過度のアルコール摂取により彼も36歳の若さで亡くなっています。

Be-Bop-A-Lula

Race With The Davil

Bluejean Bop
⇒ 続きを読む

[20101016]

The Last ConcertThe Last Concert
(2010/07/26)
Roy Orbison

商品詳細を見る
EssentialEssential
(2006/03/28)
Roy Orbison

商品詳細を見る
Very Best ofVery Best of
(2005/03/21)
Roy Orbison

商品詳細を見る
The Sun YearsThe Sun Years
(2004/10/04)
Roy Orbison

商品詳細を見る


ロイ・オービソンはテキサス出身のカントリー系のシンガーからロックンロール、ロカビリーシンガーへと転身しました。デビュー曲のOoby Dooby以降、数々のヒット曲を出してきました。特にカントリーで鍛え上げた歌声は天下一品で、その歌声を活かした切ないくらいの名曲はロックンローラーの中でも一番多いと思います。プレスリーは除きますが。

ロックンロールの時代の最後の方に出てきているので、後にビートルズのアメリカ公演では前座を務めました。そのとき舞台袖で聴いていたジョンレノンやジョージハリソンは、その歌声に陶酔して聞き惚れていたそうです。ビートルズが出てくる前の前座でしたが、客席も彼の声をしっかりと聴きいっていたのですから、その実力は相当のものです。

名曲が多いのでカバーされた曲も多く、特に有名なのがヴァンへイレンがハードロックのカバーしたPretty Womanです。その他にもリンダ・ロンシュタットがカバーしたBlue Bayou、クラッシュがカバーしたI Fought the Lawの他、CryingやOnly The Lonely など名曲は数しれずです。

晩年はジョージ・ハリスンとジェフ・リンが結成したボブ・ディラン、トム・ペティもいたトラベリング・ウィルベリーズにも参加するなど、亡くなる88年まで現役で素晴らしい歌声を届けてくれました。男でも恋してしまいそうなその歌声はロックンロールの枠組みを超えて永遠に美しく響いています。

Ooby Dooby

Only The Lonely

Pretty Woman
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ