FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20110402]

Heart & SoulHeart & Soul
(2005/02/01)
Joe Cocker

商品詳細を見る


2004年の作品はカバー曲集になっています。どの曲もソウルフルな曲ですが、近年のポップスから選ばれている曲が多いです。既にカバーしていた事のある曲もありますが、新しい気持ちで、新しいアレンジで、新しい解釈の歌を披露しています。ちょうどこの作品の製作途中で、巨匠レイチャールズが亡くなった事もあり、ソウルミュージックへのリスペクトと、そこから生まれた脈々たる名曲の意義を知らしめた作品になっています。

1. One
2. I (Who Have Nothing)
3. What's Going On
4. Chain Of Fools
5. Maybe I'm Amazed
6. I Keep Forgetting
7. I Put A Spell On You
8. Every Kind Of People
9. Love Don't Live Here Anymore
10. Don't Let Me Be Lonely
11. Jealous Guy
12. Everybody Hurts
13. One - Live

参加メンバーも豪勢で、ジェフバクスター、ジェフベック、エリッククラプトン、スティーヴルカサーなど、多彩なギタリストを起用しています。マーヴィンゲイのWhat's Going Onは予想がつきます。そしてポールマッカートニーのMaybe I'm AmazedやジョンレノンのJealous Guyなどは、ビートルズの曲をゴスペルアレンジにしてデビューしていた事を思えば自然な選曲です。意外な所ではU2のOneですが、見事にハマっています。

シンガーとしての、体を震わせてのシンガーとしての、魂を揺さぶるようなシンガーとしての力量を十二分に発揮した心地いい作品に仕上がっています。豪華ゲストのギターに負けていない素晴らしい歌が堪能出来ます。年を取って色気も増しているようにも感じます。しゃがれ声だけではなく、艶かしくもあるのです。年老いて枯れた感じではなく、心地良く湿った感じを出している所が凄いです。カバー曲ばかりですが、見事な名盤です。

One

I (Who Have Nothing)

What's Going On
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20110402]

Respect YourselfRespect Yourself
(2002/07/16)
Joe Cocker

商品詳細を見る


2002年の作品で、前作はテクノ系のアレンジもありましたが、ここでは久々に熱いソウルミュージック、リズム&ブルースを取り戻したような力強い作品になっています。しかし、21世紀らしくハウスミュージックも通過してきた上でのソウルミュージックになっています。つまりテクノなアレンジも織り交ぜられているのです。ですから70年代とも、80年代とも違うこの時代ならではのソウルミュージックになっているのです。

1. You Can't Have My Heart
2. Love Not War
3. You Took It So Hard
4. Never Tear Us Apart
5. This Is Your Life
6. Respect Yourself
7. I'm Listening Now
8. Leave A Light On
9. It's Only Love
10. Every Time It Rains
11. Midnight Without You

ソウルミュージックもリズム&ブルースも決して古いだけの音楽ではないのです。時代と共に進化しているのだと思わせてくれる作品です。ソウルシンガーとしての自分のスタンスを見失う事無く、きちんと時代と向き合ったサウンドを生み出しています。テクノなアレンジも決して奇をてらったものではなく、きちんと意味を持って存在している所がセンスの良さを感じさせます。

魂の歌は古びる事は無いと思いますが、時代の音に埋もれる事無く共存させている所が、この時代のジョーコッカーの偉大な所だと思います。あまりきちんと評価されていないと思いますが、ここは明確に評価しないと質のいい音楽と悪い音楽の差別化が難しい現在の音楽シーンにおいて、信じられるものを見失ってしまうと思うのです。ただマスコミに与えられるだけの音楽をいい音楽だと思わせられてしまう前に、本当にいい音楽とはどういうものなのかを知るべきだと思います。逆にマスコミを利用していい音楽をもっと届けられるようになれば、どれほどつまらない音楽が世の中に氾濫しているかが見えて来ると思います。この作品はまぎれも無く素晴らしい名盤です。

You Can't Have My Heart

Love Not War

You Took It So Hard
⇒ 続きを読む

[20110402]

No Ordinary WorldNo Ordinary World
(2000/08/22)
Joe Cocker

商品詳細を見る


レナードコーエンの曲やブライアンアダムスが参加していたりと、お馴染みの仲間達と創り上げた作品ですが、ネオアコなおしゃれなアレンジが目立ちます。おしゃれなソウルミュージックとしてネオアコは、ジョーコッカーにとってもやり易い世界だと思っていましたから、素直に、この世界へ入り込んだ事で、更に幅が広がると思えます。

1. First We Take Manhattan
2. Different Roads
3. My Father's Son
4. While You See A Chance
5. She Believes In Me
6. No Ordinary World
7. Where Would I Be Now
8. Ain't Gonna Cry Again
9. Soul Rising
10. Naked Without You
11. Love To Lean On
12. On My Way Home
13. Lie To Me
14. Love Made A Promise

この時期はポップ路線になっていますが、いつものしゃがれ声と、センスのいいアレンジが素晴らしい作品を創り上げています。シンプリーレッドのファンも満足出来る作品だと思います。オーケストレーションも大げさにならずに、適所に響かせて、アレンジ構成の巧さが光ります。ソウルミュージックなのにイギリスを感じさせるのがネオアコでもあり、格調高くも親しみ易い作品になっています。

スティーヴウィンウッドのカバーWhile you see a Chanceなど、ジョーコッカーにぴったりでありながら、渋くもおしゃれな感じが心地いいです。選曲のセンスも、アレンジのセンスも抜群のスタッフに恵まれながら製作されているのが良く分かります。シンセの音色なんかもジョーコッカーとは無縁のようなテクノな音も使っていたりしますが違和感がありません。名盤です。

First We Take Manhattan

Different Roads

My Father's Son
⇒ 続きを読む

[20110402]

Across from MidnightAcross from Midnight
(1998/04/07)
Joe Cocker

商品詳細を見る


引っ越し先のネット環境がやっとつながりましたので、久々に再開いたします。ただでさえ開通に時間がかかっていたのですが、途中、地震の影響もあって、更に開通が遅れてしまいました。一ヶ月以上もネットの無い環境は、かなり退屈でした。

97年のこの作品は、ボブ・マーリィやスクイーズのカヴァーをやったりと、かなりポップな作品になっています。80年代の頃の作品に近い感じですが、さすがに90年代らしいシンプルなアレンジになっています。センスが良くなっている感じなので、とても聴き易いものになっています。

1. Tonight
2. Could You Be Loved
3. That's All I Need to Know
4. N'Oubliez Jamais
5. What Do I Tell My Heart?
6. Wayward Soul
7. Loveing You Tonight
8. Across from Midnight
9. What Do You Say?
10. Last One to Know
11. That's the Way Her Love Is
12. Need Your Love So Bad

かなりゲスト陣も多彩で、打ち込み無しの生演奏が心地いいです。ソウルというよりはポップスなのですが、しゃがれ声でのポップな歌は、大人のポップスとしても、若い人でも楽しめるものになっています。いつもの歌い方なのですが、アクが無く、素直でスムーズなアレンジが好感が持てます。それでいて、ソウルミュージックから蓄積されてきたハーモニー感覚が心地いいです。

音楽的な種類としては、最近のクラプトンと共通するものがあります。クラプトンもシンガーとしてなら、それなりに頑張っているのかもしれませんが、ギタリストとしては終わっています。その点、ジョーコッカーは、純粋にシンガーなのでケチのつけようがありません。勿論歌もクラプトンよりも巧いので、クラプトンを聴くくらいならジョーコッカーの作品のほうが満足出来ると思います。こちらの方が質が高いです。

Tonight

Could You Be Loved

That's All I Need to Know
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ