FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20110409]

ウェルカム・ホーム(紙ジャケット仕様)ウェルカム・ホーム(紙ジャケット仕様)
(2007/11/05)
キャロル・キング

商品詳細を見る


コロラドに移り住んだせいか、カントリー色が強く打ち出された作品になっています。カントリーに加えてサイケデリックな雰囲気もあり、バーズ辺りの雰囲気もありますが、しっとりと聴かせる素晴らしい楽曲が出来上がっています。ハッキリ言って前作よりも出来映えはいいのですが、この作品から急激に売れなくなっていきます。

1. Main Street Saturday Night
2. Sunbird
3. Venusian Diamond
4. Changes
5. Morning Sun
6. Disco Tech
7. Wings of Love
8. Ride the Music
9. Everybody's Got the Spirit
10. Welcome Home

サザンロックの雰囲気もありますが、オーケストレーションをセンス良く配置したアレンジはさすがです。Disco Techではディスコミュージックに挑戦していますが、さすがにキャロルキングが創るとフュージュン色のある凝ったサウンドになっています。新しい結婚生活が充実しているのか、とてもしとやかで、躍動感もある作品になっています。天才的なソングライティングは健在ですが、パンクの嵐が吹き始めたこの時期の作品にしては、あまりにものんびりしているものになっています。

キャロルキングの創るような楽曲も、この時期だと珍しくもなく、先鋭的だった立場は、時代遅れな内容に変わってしまっています。時代を気にしなければ、素晴らしい作品なのですが、この時期では売り上げには結びつかなかった事は当然の事だったでしょう。幸せ過ぎて商売っ気が無くなったのかもしれません。売れ線を狙ったディスコ調も時代遅れであり、時代の流れには乗れていません。それでも、これだけの作品を創るのですから凄いと思います。

Morning Sun

Everybody's Got the Spirit
スポンサーサイト




[20110409]

シンプル・シングス(紙ジャケット仕様)シンプル・シングス(紙ジャケット仕様)
(2007/11/05)
キャロル・キング

商品詳細を見る


新しい旦那と移り住んだコロラドで製作された作品です。プロデューサも、いつものLou AdlerからNorm Kinneyに変更になっています。バックメンバーも地元のミュージシャンを起用しており、いつものキャロルキングの作品とは雰囲気が違っています。どこか都会的な固さが感じられるのです。その為か、曲はいいのですが、どうも落ち着かない感じがします。

1. Simple Things
2. Hold On
3. In the Name of Love
4. Labyrinth
5. You're the One Who Knows
6. Hard Rock Cafe
7. Time Alone
8. God Only Knows
9. To Know That I Love You
10. One

Hard Rock Cafeがシングルヒットしました。恐らく、こうした作品は売れるのでしょうが、いつもの私が好きなキャロルキングの作品とは穏やかさが違います。曲はいつものようにいい出来映えなのですが、演奏面での表現力の違いなのでしょうか。雰囲気が固い感じです。片田舎の大自然の中で聴けるような雰囲気ではありません。シングルヒットもあり、中期の代表作にはなっていますが、質感では、それまでの作品には及びません。

時代はハードロックからパンクの時代へと映り進み、キャロルキングへの注目度はどんどん減っていきますので、この辺りまでが全盛期と言えるでしょう。それだけに、ここが頑張りどころでしたが、新婚になった事もあり、マイペースに活動していく事になります。その為なのかは分かりませんが、初期の頃の作品ばかりがとりただされるような現象になっていきます。

Simple Things

Hard Rock Cafe

To Know That I Love You

[20110409]

ThoroughbredThoroughbred
(1991/03/01)
Carole King

商品詳細を見る


サラブレッドというタイトルであり、キャロルキングの作品としては王道をいっている作品です。David CrosbyとGraham Nashがコーラスで参加しているので、フュージュンフォークな穏やかな曲が多いです。特にOnly Love Is RealはCS&Nの雰囲気を持っています。フォーク色が強いのですが、アレンジは洗練されています。とても親しみ易い内容になっています。

1. So Many Ways
2. Daughter Of Light
3. High Out Of Time
4. Only Love Is Real
5. There's A Space Between Us
6. I'd Like To Know You Better
7. We All Have To Be Alone
8. Ambrosia
9. Still Here Thinking Of You
10. It's Gonna Work Out Fine

J.D. SoutherやJames Taylor猛者んかしていますが、前作に比べてコンパクトな編成の演奏になっています。それだけ歌の良さが際立って聴こえます。以前のパートナーGerry Goffinとの共作もあります。キャロルキングの曲はA.O.R.の先駆けのような曲ですが、都会的でもありながら、田舎の自然の中で聴いても違和感を感じさせないというのが特徴でしょう。

それだけアメリカでも幅広い層から親しまれています。日本ではつずれおりだけが知られていて、こうした作品も親しまれるようになると、再評価されると思いますが、ニューミュージック系のミュージシャンには影響を受けている人が多くいます。つまり、間接的に彼女の音楽は日本でも活かされているのです。このアルバムは初期の頃に近いシンプルさと、楽曲の良さがさりげなく、素晴らしい名盤になっていると思います。こういう音楽をいい音楽だと呼ぶのだと思います。

High Out Of Time

Only Love Is Real

I'd Like To Know You Better
⇒ 続きを読む

[20110409]

Wrap Around JoyWrap Around Joy
(1991/03/01)
Carole King

商品詳細を見る


フュージュン色も、どんどん洗練されていき、早くもA.O.R.的なサウンドを実現させています。ストリングスやホーンセクションを贅沢に使ったオーケストレーションアレンジもゴージャズになり、豊かなサウンドを生み出していますが、これまでのようにシンプルに歌を聴かせるという手段は失われておらず、歌を邪魔しないアレンジが見事です。

1. Nightingale
2. Change In Mind, Change Of Heart
3. Jazzman
4. You Go Your Way, I'll Go Mine
5. You're Something New
6. We Are All In This Together
7. Wrap Around Joy
8. You Gentle Me
9. My Lovin' Eyes
10. Sweet Adonis
11. A Night This Side Of Dying
12. The Best Is Yet To Come

キャロルキングはシンセサイザーも演奏するようになり、サウンドはよりカラフルになっています。このアルバムではキャロルキングは作曲に専念しており、歌詞は全てDave Palmerが書いています。前作が社会性が強かった為に売り実に結びつかなかった事が原因かもしれません。それでも作曲された曲は素晴らしいものばかりで、この頃になるとフュージュン的なポップスも普通になり出したので、方法論としてもあまりフュージュン色を強調するよりもポップな部分を強めても彼女らしさは際立っています。

カーペンターズ辺りのサウンドに近いでしょうか。この手のサウンドが受けるような時代にもなっていましたから、のびのびと製作されたようなゆとりを感じます。コーラスハーモニーもカーペンターズっぽいです。彼女が築いてきたアメリカ音楽を投合したようなポップスは、ついに新しいジャンルとして広まり出したのです。その大元である彼女の作品が、これほど充実しているというのも凄い事だと思います。とても聴き易い名盤です。

Nightingale

Change In Mind, Change Of Heart

Jazzman
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ