FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20110503]

Born AgainBorn Again
(1989/05/09)
Randy Newman

商品詳細を見る


まるでKISSのようなメーキャップが印象的なジャケットです。ハードロックにはなっていませんが、ロックな内容になっています。ジャケットに顔にはドルのマークが欠かれており、これはIt's Money That I Loveと言う曲に合わせているのだと思います。前作がヒットした事で金が入ってきたランディーニューマンですが、それでいて商業ロックを批判したような内容になっています。

1. It's Money That I Love
2. The Story Of A Rock And Roll Band
3. Pretty Boy
4. Mr. Sheep
5. Ghosts
6. They Just Got Married
7. Spies
8. The Girls In My Life (Part 1)
9. Half A Man
10. William Brown
11. Pants

The Story Of A Rock And Roll BandではELOを思いっきりパクリ、効果音もELOを連想させるものを使っています。ELOを商業ロックの代表としてやり玉に上げているのでしょう。ロックなバンドサウンドにシンセサイザーを大胆に使ったアレンジは、それまでの彼の作品には無かったものですが、皮肉を込めて真剣にロックしています。しかし、ランディーニューマンらしい曲もあったりと、後のベンフォールズファイヴにつながるサウンドを創っています。

ポップな作品なので、このアルバムも売れました。作曲家としてだけではなく、ミュージシャンとして成功したのです。メランコリックな曲もありますが、サウンドプロダクションがロックな創りになっているので、全体的な統一感はあります。ピアノだけではなく、エレピも使って、A.O.Rな部分は隠しながらもロックしています。それだけ音楽的には深い事をやっていますが、ポップなので難解ではありません。かなり多種多様な音楽をソングライターとして取り入れながら遊んでいるような余裕すら感じさせます。ランディーの代表作とも言える名盤です。

It's Money That I Love

The Story Of A Rock And Roll Band

Mr. Sheep
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20110503]

Little CriminalsLittle Criminals
(1987/10/30)
Randy Newman

商品詳細を見る


A.O.R.全盛時代でもあり、ソングライターのニューマンにとってもそれはやりがいのあるスタイルでした。オーケストレーションで培ってきたボイシングの組み合わせによって、都会的でゴージャズになったり、おしゃれになったりして、それが売れる訳ですから、作曲家としては、時代に合わせながらも、自分のやりたいように出来る素材ですので、このアルバムでは思う存分A.O.R.しています。

1. Short People
2. You Can't Fool The Fat Man
3. Little Criminals
4. Texas Girl At The Funeral Of Her Father
5. Jolly Coppers On Parade
6. In Germany Before the War
7. Sigmund Freud's Impersonation Of Albert Einstein In America
8. Baltimore
9. I'll Be Home
10. Rider In The Rain
11. Kathleen (Catholicism Made Easier)
12. Old Man On The Farm

立体的なアレンジ構成の為に、弾き語りスタイルではなくバンドスタイルという、ランディーニューマンにとっては珍しいスタイルになっていますが、シンガーソングライターとしては自然な流れになっていて、とても格好良くて素晴らしい作品になっています。この辺りから少しずつ売れるようにもなっています。いつものメンバーにJ.D. Souther、Klaus Voormann、イーグルスからはGlenn Frey、Don Henleyの他にJoe WalshやTim Schmitも参加しています。

A.O.R.作品としても優れていますが、そのスタイルがランディーニューマンらしさも強調出来ていて、昔からのファンも新しいファンも満足させられる作品に仕上がっています。ストリングスも含めて絶妙のアレンジになっていルタメに、曲の良さも分かり易く、ソングライターとしての優れた才能が普通のポップスファンにもストレートに伝わります。都会的なランディーニューマンも悪くありません。素晴らしい名盤です。

Short People

Little Criminals

Texas Girl At The Funeral Of Her Father
⇒ 続きを読む

[20110503]

Good Old BoysGood Old Boys
(1988/07/11)
Randy Newman

商品詳細を見る


なぜかピントのずれたスナップ写真をジャケットに使っているアルバムですが、再びニューオリンズスタイルのスワンプ系のリズムを使った曲が多くなっています。古き良きアメリカ、特に南部のアメリカというものを題材にしています。イーグルスのDon HenleyとGlenn Freyがバックコーラスで参加しています。アメリカではこうした音楽は好まれますが、日本では、一部のマニアでないと浸透いたしません。

1. Rednecks
2. Birmingham
3. Marie
4. Mr. President (Have Pity On The Working Man)
5. Guilty
6. Louisiana 1927
7. Every Man A King
8. Kingfish
9. Naked Man
10. A Wedding In Cherokee County
11. Back On My Feet Again
12. Rollin'

玄人受けしますから、多くのミュージシャンが彼の曲をカバーするのですが、彼自身の作品としては、なかなか売れません。効いただけでアメリカを連想出来るような曲ばかりですが、東洋の人間が聴いても懐かしいような郷愁を誘う美しくも暖かい音楽です。アメリカンニューシネマのよるのシーンなどに、これらの曲が流れてきた自然と涙があふれてくる事でしょう。私にとっては結構ツボにハマる曲です。

この作品はファーストとセカンドが合わさったようなスワンプとストリングスの交わり方が、アメリカならではの音楽理論によって生み出されています。黒人音楽と西洋音楽が交わってアメリカ独特の音楽が生み出されてきた訳ですが、それがロックやポップスとなり、若者にも指示されるのですが、その途中での微妙な感じが心地良く響いています。正しく古き良きアメリカなのです。

Rednecks

Birmingham

Marie
⇒ 続きを読む

[20110503]

Sail AwaySail Away
(1987/12/16)
Randy Newman

商品詳細を見る


ランディーニューマンの名前が世界的に多少知られるようになったきっかけのアルバムです。作曲家としてはヒット曲を沢山出していましたが、シンガーとしてはこの作品辺りから知れ渡ります。プロデューサーはLenny WaronkerとRuss Titelmanで、参加ミュージシャンはお馴染みになっていますが、Jim KeltnerにRy Cooder、他にWilton FelderGene Parsonsなどです。ソフトロックの代名詞ともなっているバーバンクサウンドを代表する名盤です。

1. Sail Away
2. Lonely at the Top
3. He Gives Us all His Love
4. Last Night I Had a Dream
5. Simon Smith and the Amazing Dancing Bear
6. Old Man
7. Political Science (Let's Drop The Big One)
8. Burn On
9. Memo To My Son
10. Dayton, Ohio, 1903
11. You Can Leave Your Hat On
12. God's Song (That's Why I Love Mankind)

今回はストリングスも導入していますが、ファーストアルバムのような映画音楽のようなものとは違って、曲に彩りを与えるような使われ方をしています。基本はピアノによる弾き語りであり、シンプルになっていて、曲調も絞られている為、ランディーニューマンのイメージが分かり易くなっている為に、多少は売れました。そして彼の代表曲が多く含まれている作品でもあります。

タイトル曲でもあるSail Awayでは黒人奴隷の歴史を美しい旋律に乗せて歌い上げています。風刺の効いた歌詞など、ヴァンダイクパークスとは違ったプローチでディスカバーアメリカしています。バーやパブなどでピアノの弾き語りをするような身軽な感じの音楽ですが、ストリングスアレンジなど、ソングライターとしての秀でた部分を遺憾なく発揮出来ています。器用貧乏なゆえにつかみ所の無かったイメージから、これぞランディーニューマンのスタイルと言えるものが絞られてきた事によって分かり易くなっています。

Sail Away

Lonely at the Top

He Gives Us all His Love
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ