FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20110508]

Naked Ride HomeNaked Ride Home
(2002/09/21)
Jackson Browne

商品詳細を見る


前作から6年ぶりとなる作品です。もう2002年になっています。2001年の同時多発テロの後の作品ではありますが、社会的なメッセージを出していたジャクソンブラウンにしては、ほとんどその頃については触れられていません。アメリカ国内での規制が合ったというのもあったでしょうし、あの問題はアメリカの味方をするだけでは偽善っぽくなりますし、触れないというのが選択としては正しかったとも思えます。

1. The Naked Ride Home
2. The Night Inside Me
3. Casino Nation
4. For Taking the Trouble
5. Never Stop
6. Walking Town
7. About My Imagination
8. Sergio Leone
9. Don't You Want to Be There
10. My Stunning Mystery Companion

久しく新作を創っていなかっただけに、ある程度の達成感があったのだと思いますし、今回もバンドメンバーで曲を創っているので、創作意欲は大分後退しているのだと思います。歌詞も私的な内容になっていますし、精力的ではなくなっています。昔の曲をアコースティックバージョンで再演するなど、もう新しいイマジネーションは湧かないのでしょう。それでも、バンドで一緒にやれば、これだけの作品を創れるのですからたいしたものです。

ハウスのような雰囲気のある曲もありますが、基本は変わっていません。ここからはマイペースでもいいと思います。特に流行すらなくなっている21世紀ですから、時代に合わせる必要もないし、思い出した頃に作品を出しても誰も文句はないでしょう。それだけ、これまで頑張ってきましたので、ベテランとしてはいいものが出来た時に作品を出せばいいと思います。年老いても彼の持ち味は失われていないのですから、十分な内容だと思います。

The Naked Ride Home

The Night Inside Me

Casino Nation
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20110508]

Looking EastLooking East
(1996/02/26)
Jackson Browne

商品詳細を見る
Looking EastLooking East
(1996/02/27)
Jackson Browne

商品詳細を見る


ジャクソンブラウンが創った曲をバンドが演奏するという、これまでのパターンではなく、バンドメンバーで曲を共作して制作されたアルバムです。ですから、これまでにあったバンドスタイルよりもまとまったバンドサウンドになっています。これまでになかったアプローチです。シンガーソングライターですから、自分で創って自分で歌うのが基本ですから、曲作りをバックメンバーに任せるというのは、かなり大胆な事だと思います。

1. Looking East
2. The Barricades Of Heaven
3. Some Bridges
4. Information Wars
5. I'm The Cat
6. Culver Moon
7. Baby How Long
8. Nino
9. Alive In The World
10. It Is One

演奏するメンバーが曲作りに関わっている訳ですから、いつも以上にまとまった演奏になっています。歌はいつものジャクソンブラウン節ですので、さほど違和感もありません。一人で創った方がスケールの広い感じになっていますが、80年代の頃を考えると、こういうのも有りだと思います。プロデュースも今回は完全に人任せになっていますし、創作意欲がなかったのかと思われますが、それにしては力のある歌を聴かせてくれています。

80年代に出していた作品も、こんな感じで演奏されていれば、もっと高く評価されていたでしょう。それだけこの作品もヒット性のある作品だと思います。ただ、時代が変わっているだけに、昔ほど売れてはいません。しかし、内容は、これまでの80年代以降の作品の中では一番完成度の高い作品だと思います。これ以降あまり作品を出さなくなっているだけに、総まとめというか、集大成の作品でありながら、それまでにはなかったエモーショナルも加わった名盤だと思います。

Looking East

The Barricades Of Heaven

Some Bridges
⇒ 続きを読む

[20110508]

I\'m AliveI\'m Alive
(1993/10/26)
Jackson Browne

商品詳細を見る
I\'m AliveI\'m Alive
(1993/10/26)
Jackson Browne

商品詳細を見る


大体3年から4年おきに作品をリリースするようになったジャクソンブラウン。93年の作品で、久々の作品だっただけにタイトルもI'm Alive。まだ活きている、まだ現役だと言わんばかりの復活感を出した作品です。サウンドも90年代に入ると、他のミュージシャンと同じく、全く80年代サウンドは捨て去っています。90年代は極端にテクノロジーを駆使したサウンドか、オルタナの影響で、アナログなバンドサウンドに回帰するパターンになりますが、ジャクソンブラウンは勿論、アナログなバンドサウンドに戻っています。

1. I'm Alive
2. My Problem Is You
3. Everywhere I Go
4. I'll Do Anything
5. Miles Away
6. Too Many Angels
7. Take This Rain
8. Two of Me, Two of You
9. Sky Blue and Black
10. All Good Things

プロデューサーにはDon Wasを起用するなどして、バンドサウンドでも、70年代とは違う90年代ならではの、アナログの響きは大事にはするが、しっかり練られたアレンジになっています。今回は社会的なテーマも表には出していないので、昔の感じに戻った感は前作以上にあります。ただ、やはり、80年代を通過しているので70年代とは違う現在進行形のジャクソンブラウンがここにはいます。

ブルーススプリングスティーンというよりはトムペティーに近い感じになっています。そのスタイルがジャクソンブラウンによく似合っているから、この選択は正解だと思います。ジャクソンブラウンらしい繊細で情緒的な歌詞と旋律、再び感動的な音楽を提供するようになりました。80年代は、当時はアレが最新のスタイルだと言う認識しか出来なかったので、当時はそれが未来に色褪せるなんて誰も理解していなかった訳なので、致し方ありませんが、ここにきて音楽の本質的な部分と向き合うようになったので一安心です。

I'm Alive

My Problem Is You

Everywhere I Go
⇒ 続きを読む

[20110508]

World in MotionWorld in Motion
(1989/06/06)
Jackson Browne

商品詳細を見る


南アフリカのアパルトヘイト問題などに強く関わるようになったジャクソンブラウンの社会的なメーッセージがより明確になっている作品です。80年代最後の作品ですが、既に脱80年代しており、従来の情緒的な旋律と歌詞の持つ言葉がの力が見事にシンクロするようになっています。さすがに80年代の軽薄なアレンジでは言葉の力が半減する事に気づいたのか、軌道修正してきました。

1. World In Motion
2. Enough Of The Night
3. Chasing You Into The Light
4. How Long
5. Anything Can Happen
6. When The Stone Begins To Turn
7. The Word Justice
8. My Personal Revenge
9. I Am A Patriot
10. Lights And Virtues

勿論80年代に培ってきたアレンジ構築は失われている訳ではありませんが、あからさまに売れ線のサウンドを選択するのではなく、歌詞を活かす事の出来るアレンジが選択されています。その為か、売り上げは伸びなくなりますが、こういった音作りであれば、昔からのファンも納得出来るものになっています。昔に戻ったという訳ではなく、意味のある曲作りに戻ったという事です。デジタルサウンドなど、音色は80年代ならではのものです。

明るく元気が出るような曲では売れていましたが、それでは、あまりにも歌詞とのギャップがあったので、正常な選択になったと思います。参加メンバーも80年代を代表するSly Dunbar、Alex Acuñaの他に、お馴染みのDavid Crosby、David Lindley 、Bonnie Raittなどが参加しています。やっと新しい音楽とジャクソンブラウンの世界がまとまるようになったと思います。これでこそ歌にも説得力が出るというものです。

World In Motion

Enough Of The Night

Chasing You Into The Light
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ