FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20110612]

NebraskaNebraska
(2008/05/20)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


非常に内省的な作品です。曲の内容はアメリカの日常的な出来事ではありますが、まるで映画の中の出来事のような日常が歌われています。パンク、ニューウェイヴが渦巻く中、Springsteenは全く違うやり方でメッセージを送っています。アメリカの地名がタイトルになるなど、音楽的にも一番アメリカを感じさせてくれる内容になっています。ミディアムテンポ、バラードが多い作品です。

1. Nebraska
2. Atlantic City
3. Mansion On The Hill
4. Johnny 99
5. Highway Patrolman
6. State Trooper
7. Used Cars
8. Open All Night
9. My Father's House
10. Reason To Believe

プロデュースはSpringsteen一人だけになっています。演奏もバンドスタイルではなく、Springsteen一人による弾き語りに、多少の多重録音が成されています。これまでSpringsteenの作品では曖昧にされていた、フォークロック、カントリーロックの部分が全開になっています。ですから、これまでの作品の中でも一番アメリカを感じさせます。歌詞の内容もアメリカにおける出来事をストーリーテラーとして歌い上げています。これまでのバンドサウンドに慣らされていたファンにとっては戸惑うような作品ですが、Springsteenというミュージシャンを良く表していると思います。

これまでもシリアスな曲はありましたが、どこか楽しい感じもありました。しかし、ここではシリアスな曲ばかりです。音数は少ないですが、少し重く感じます。しかし、これをバンドスタイルでやっていたら、ここまでストレートに伝わってこなかったと思います。ですから、一人で弾き語りで録音するというやり方は、この作品を特別なものにしています。次回作が大ヒット作品になるのですが、その前に、このシリアスな作品がある事で、次回作が現実離れしたような作品にならずに済んでいると思います。

Nebraska

Atlantic City

Mansion On The Hill

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20110612]

The RiverThe River
(2003/11/13)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


初の2枚組アルバムで、やりたい事を詰め込んだ作品です。時はパンクロックからニューウェイヴへと変わっていった時代で、ニューウェイヴの旗手、エルヴィスコステロとよく比較されていましたが、コステロとSpringsteenでは全く違うタイプのミュージシャンだと思います。プロデュースはSteven Van Zandt とJon Landauと共同で行っており、ミキシングはBob Clearmountainです。80年の作品ですが、80年代も十分にやっていけるだけのスタイルを既に創り上げています。

ディスク:1
1. The Ties That Bind
2. Sherry Darling
3. Jackson Cage
4. Two Hearts
5. Independence Day
6. Hungry Heart
7. Out In The Street
8. Crush On You
9. You Can Look (But You Better Not Touch)
10. I Wanna Marry You
11. The River
ディスク:2
1. Point Blank
2. Cadillac Ranch
3. I'm A Rocker
4. Fade Away
5. Stolen Car
6. Ramrod
7. The Price You Pay
8. Drive All Night
9. Wreck On The Highway

Hungry Heartがシングルヒットしました。彼らしい曲で、ファンが望んでいるサウンドになっていますが、他の曲は彼のルーツ的なものが多く、これ間での作品に比べると緊張感の少ないものになっています。それに比べて、パンクやニューウェイヴバンドでは緊張感溢れる演奏で人気を集めていました。ですから、時代的にはけっこうゆるい内容になっていると思います。それよりも、これから始まる80年代の商業ロックと同じようなノリを感じてしまいます。

80年代のアメリカンロックはジャクソンブラウンと彼の影響が大きく、イギリスとは違う形のロックが育っていきます。ぼさぼさ頭に古びたシャツをジーンズという彼のファッションとは裏腹に、商業ロックの一つとして、パンク勢からはよく言われていません。それでもカリスマとして崇めるファンが彼を支えていきます。そういう事もあって、これまで以上に売れたアルバムになりました。曲は多いのでうsが、シンプルな内容になっています。そのシンプルさが80年代にはあっていたのでしょう。

The Ties That Bind

Sherry Darling

Jackson Cage
⇒ 続きを読む

[20110612]

Darkness on the Edge of TownDarkness on the Edge of Town
(2008/05/20)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


スプリングスティーンはエリオットマーフィーらと共に、パンク誕生以前のアメリカにおいてストリートから出てきた新しいシンガーとして注目されます。前作までが初期と考えると、ここからは、これまでの売れてきた曲のスタイルを分析して、よりサウンドフォーカスを絞った曲作りをするようになります。それは彼の受けている部分を強調したものですから、ファンも益々増えていきます。そして確固たる地位を築いていく事になります。

1. Badlands
2. Adam Raised a Cain
3. Something in the Night
4. Candy's Room
5. Racing in the Streets
6. Promised Land
7. Factory
8. Streets of Fire
9. Prove It All Night
10. Darkness on the Edge of Town

疾走感とフィルスペクター風のポップセンスを武器に、ストリートから出てきた孤高のロッカーというイメージは、イギリスでいえばパブロック的なもので、後のパンクロックへと繋がっていくのですが、パンクロッカーにとってはスプリングスティーンなんてクソ食らえでしょうから、全く別物なのですが、当時はメッセージ性を持ったミュージシャンが減っていた時期だったので、彼等のような吟遊詩人的なロッカーは待ち望まれていたのです。

このアルバムでは、前作で獲得したファンをより強固なものにしていくようなになっています。これまであったメランコリックな部分よりも硬質なロックアルバムになっています。トータル的には前作にはかないませんが、全盛期を代表する作品です。この後はカリスマ性を高めて、カリスマ性により売れ続けるという道を進んでいきます。デスアkら、このアルバムまでが一番スプリングスティーンらしい時期だったと言えるでしょう。

Badlands

Adam Raised a Cain

Something in the Night

⇒ 続きを読む

[20110612]

Born to RunBorn to Run
(2010/06/29)
Bruce Springsteen

商品詳細を見る


スプリングスティーンの大ブレイク作品です。このアルバム以降はスター街道をまっしぐらに突き進んでいく事になります。サウンド的にはこれまでやってきた事を突き詰めたような内容ですが、完成度が高いのです。Rosalitaのヒットで、注目を集めるようになり、そして間髪入れずにこのアルバムを出してからは人気が爆発する事になります。ジャケットからもテレキャスが彼のトレードマークになりますが、佐野元春がこのジャケットを真似するなど、日本でも人気が広がっていきます。

1. Thunder Road
2. Tenth Avenue Freeze-Out
3. Night
4. Backstreets
5. Born To Run
6. She's The One
7. Meeting Across The River
8. Jungleland

Thunder RoadとJunglelandは佐野元春がロックンロールナイトで思いっきりパクっていますが、これまでもあった途中ピアノによるドラマティックな流れにサックスが泣き叫ぶと言うパターンですが、ここにきて曲としての完成度が思いっきり高まっています。そして彼の人気を決めた決定版、彼の最大の代表曲となるBorn To Runの格好良さは別格です。フランキーゴーズトゥハリウッドもカバーしていますが、それに比べると、いかに彼がルーズな歌い方をしているかが分かると思います。正に気持ちで歌っているのです。リズム&ブルースのファンキーなTenth Avenue Freeze-Outもカッコいいです。

彼の曲の構成はボブディランのブロンドオンブロンド辺りの影響があり、プログレでもないのに曲が7分から9分くらいあり、グルーヴが早くなったり、遅くなったりと盛り上げまくり、言葉を一杯詰め込んでいます。そしてこのアルバムでの完成度の高さとして加わっているのが、フィルスペクターのウォールオブサウンドをアレンジの中に付け足している事です。その事によって、ポップでありながら疾走感もある、新しいアメリカンロックが誕生したのです。捨て曲無しの彼の最高傑作ともいえる歴史的名盤です。

Thunder Road

Tenth Avenue Freeze-Out

Night
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ