FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120129]

Peter Gabriel 1: CarPeter Gabriel 1: Car
(2010/09/28)
Peter Gabriel

商品詳細を見る


80年代を迎えるにあたって、一番重要な人物となるのがこのピーターガブリエルです。ジェネシスのリードボーカリストとしてカリスマ的な存在でしたが、ツアー中に妊娠している妻からの電話でホームシックにかかり、ツアーをほっぽり出してそのままバンドを脱退していました。やがて子供も生まれ、家庭も安定してきた頃に友人のバックアップ、特にRobert Fripp卿の助けもあり、77年にこのファーストアルバムからソロ活動をスタートさせます。

1. Moribund The Burgermeister
2. Solsbury Hill
3. Modern Love
4. Excuse Me
5. Humdrum
6. Slowburn
7. Waiting For The Big One
8. Down The Dolce Vita
9. Here Comes The Flood

プロデューサーはアリスクーパーでも有名なBob Ezrinを起用。ジャケットデザインはヒプノシスで、長かった髪を短くして、来るべきニューウェイヴの新しい流れに立ち向かっていく意思表明をしています。Robert FrippやTony Levinが参加しています。内容的にはプログレからテクノへと進む途上のような曲があったり、ポップな曲も創っていたりしています。特にシングルヒットしたSolsbury Hillはコードのベース音は動かさずに和音部分を動かせてテンションを生み出す曲作りで、ポップな作品に仕上げています。この辺はジェネシス時代には無かったものです。

Modern Loveもビートの効いたロックナンバーですが、これはジェネシス時代でもありました。ジェネシス時代は歌詞を担当していましたが、曲のアイデアは提示していましたので、その音楽性も彼が作り上げてきたと言っていいですが、それを演奏出来るメンバーがいたからこそプログレッシヴな作品になっていましたが、一人で曲を創ると、演奏はシンプルになりますし、それがニューウェイヴな感じにもなっているので、新しい時代がきた事を感じさせるような内容になっています。この流れで80年代サウンドの基礎を作り上げていきますので、これはまだその前哨戦に過ぎません。それでも名盤であります。

Moribund The Burgermeister

Solsbury Hill

Modern Love
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20120129]

MojoMojo
(2010/07/15)
Tom Petty & The Heartbreakers

商品詳細を見る


2010年の作品で、現在の最新盤になります。Tom Pettyはソロ活動とバンドを平行してやっているので、アルバムリリースに時間がかかっていますが、まだまだ現役であります。このアルバムはライブレコーディングに挑戦していて、一発録りした音源を編集した作品になっています。ですからバンドのグルーヴをいかした内容になっています。プロデュースにはRyan Ulyateが加わっています。

1. Jefferson Jericho Blues
2. First Flash Of Freedom
3. Running Man's Bible
4. The Trip To Pirate's Cove
5. Candy
6. No Reason To Cry
7. I Should Have Known It
8. U.S. 41
9. Takin' My Time
10. Let Yourself Go
11. Don't Pull Me Over
12. Lover's Touch
13. High In The Morning
14. Something Good Coming
15. Good Enough

前作でも21世紀の音楽業界やそのあり方について批判していただけに、アナログな録音方法で作品を創っています。音楽的にはブルースロックになっています。当時の Tom Pettyはブルースに凝っていたようで、その趣向がアルバムに反映しています。これまでもそれっぽい感じの曲はありましたが、基本がブルースであり、そこから自分ならではの曲作りで作り上げているので、これまでの作品とは違う雰囲気になっています。アメリカでは、これが全盛期並みに売り上げを伸ばしています。

古いフォーマットであるブルースなのに、古くさく感じさせないような味付けになっていて、一発録音とは思えないくらいに計算された構成になっています。多少のダビングは施していますが、バンド全体で録音したテイクを採用すると言う、最近ではやらない方法を好むミュージシャンも増えていますが、それだけ演奏力に自信が無ければ出来ませんし、ライブバンドとしての実力があるからこそ出来る作品です。ブルースギターと言う事でMike Campbellも頑張っています。ラップはとっくの昔に色あせていますが、ブルースはいまだに新鮮に響かせるすべがある事を教わる事が出来ます。素晴らしい名盤です。

Jefferson Jericho Blues

First Flash Of Freedom

Running Man's Bible
⇒ 続きを読む

[20120129]

Last DJLast DJ
(2002/10/12)
TOM PETTY & HEARTBREAKERS

商品詳細を見る


2002年の作品で、プロデュースにはGeorge Drakouliasが加わっています。前作ではサザンロックしていましたが、本作はフォークロックというか、60年代のビートポップスを思わせるような、パロディーめいた感じさえする曲調になっています。昔若い頃に夢中になっていた音楽なのです。そして歌い上げる歌詞の内容はと言うと、産業ロックへの風刺めいた内容になっています。

1. The Last DJ
2. Money Becomes King
3. Dreamville
4. Joe
5. When A Kid Goes Bad
6. Like A Diamond
7. Lost Children
8. Blue Sunday
9. You And Me
10. The Man Who Loves Women
11. Have Love, Will Travel
12. Can't Stop The Sun

タイトル曲でもありシングルカットされたThe Last DJは、MP3の普及で、最後の人間味ある声をもったDJについて歌っています。この曲はバーズのようなフォークロックを思わせます。ロックスターの成長と堕落について歌った Joeは珍しくもヘヴィーなロックナンバーになっています。この重さはジョンレノンっぽい感じでしょうか。以前はボブディランを意識した歌い方でしたが、ジェフリンとの出会いによって、優しい歌い方になっていましたが、このアルバムでは曲に会わせて表現方法が様々です。ジョージハリソンっぽい歌い方も目立ちます。

音楽業界に対して言いたい事が山積みだったみたいで、これまでの作品の中でも一番ストレートにメッセージを発しています。そしてその表現方法として、これまで自分が愛してきた音楽をモチーフにしたスタイルを拝借しています。そのせいか、これまでで一番バラエティー豊かな作品になっています。そしてファンもこれに反応して売り上げは回復しています。アルバムリリースのインターバルは長くなっていますが、それでも頑張る彼らにファンも応えているのです。素晴らしい名盤です。

The Last DJ

Money Becomes King

Dreamville
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ