FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120208]

NotoriousNotorious
(1993/06/29)
Duran Duran

商品詳細を見る


86年の作品で、Andy TaylorとJohn Taylorが脱退してPower Stationを結成。一世を風靡する成功を収めます。残ったSimon Le Bon、Nick Rhodes、Roger TaylorはArcadiaを結成して対抗、これも話題にはなりましたが、Power Stationの成功が凄まじかったので、単なる悪あがきに見えてしまいました。そしてRoger Taylorはいなくなり、John Taylorが復帰して、Simon Le Bon、Nick Rhodesの三人でDuran Duranを再開させます。Power Stationに対抗して、これまでのアイドル感を無くし、プロフェッショナルな作品を創りましたが、ここから徐々に人気は降下していきます。

1. Notorious
2. American Science
3. Skin Trade
4. A Matter Of Feeling
5. Hold Me
6. Vertigo (Do The Demolition)
7. So Misled
8. Meet El Presidente
9. Winter Marches On
10. Proposition

三人になった事で、どういうサウンドになるのかが話題になり、このアルバムは注目されましたが、アイドルだったから売れていたのに、それを脱ぎ捨てたら売れなくなっていきます。プロデュースはNile Rodgersで、立体的な80年代アレンジが見事に構築されていて、内容的には素晴らしい作品になっています。ギターがいなくなっているので、これまで以上にキーボード中心になっていますが、80年代ならではのコードボイシングをセンスよく使っており、80年代の教則本にしても良いようなアレンジになっています。

Skin Tradeでのファルセットボイスなど、ホワイトアイドソウルな当時の流行のサウンドになっています。Nile Rodgersはギターカッティングでも参加しているので、シックっぽいギターはDuran Duranっぽくありませんが。新境地を拓いています。これまでよりも大人になった感じがします。それが売れなくなった要因であるならば、それは致し方ありません。バンドが成長する為には何かを犠牲にしなければならない時があるのです。キーボードプレイヤーには大いに参考になる演奏ばかりで、やっと彼らにも名盤と呼べる作品が生まれました。

Notorious

American Science

Skin Trade
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20120208]

ArenaArena
(2004/06/01)
Duran Duran

商品詳細を見る


84年の作品で、コンサートのドキュメンタリーを映像化した作品のサントラ盤になります。内容的にはライブによるベストアルバムであり、唯一新曲のThe Wild Boysだけがスタジオ録音になっています。アルバムではロングバージョンになっていて、ミルコクロコップの入場曲としてもお馴染みですが、アフリカンリズムを使った新極地を拓いた作品でありましたが、ここが彼らのピークであり、この後バンドは分裂していき、人気も分散されていく事になります。

1. Is There Something I Should Know
2. Hungry Like The Wolf
3. New Religion
4. Save A Prayer
5. The Wild Boys
6. The Seventh Stranger
7. The Chauffeur
8. Union Of The Snake
9. Planet Earth
10. Careless Memories
11. Girls On Film
12. Rio

プロデューサーはDuran Duranでありますが、新曲のThe Wild BoysはNile Rodgersが担当しています。ライブ映像を基にしていますが、ダンスシーンなどはPVのように創られています。もしかしたら演奏もメンバー以外が演奏している可能性もありえます。それだけ当時のイギリスではアイドル的な存在だったのです。後にメンバーが別れてパワーステーションを創って、演奏力もあったのだと言うのが分かります。映画として創られているので、完全にライブ映像だけでは無く、それ以外の挿入映像もあります。DVDもあるので、映像ありの方が楽しめるかもしれません。

これまでの集大成ともなっているだけに、これからの彼らの進む道が分かっていたかのようです。新曲のThe Wild Boysはサンプリングを多用した、これまでとは違うスタイルであり、Nile Rodgersの得意な立体的なアレンジワークは、80年代を象徴する作品の一つです。初期の頃のシンセポップサウンドに比べると、かなりパワフルになっています。本当はこのまま進んでいくはずだったのでしょうが、アイドル的なバンドに意を反するメンバーが脱退していく事になります。最後の打ち上げ花火でした。

Is There Something I Should Know

Hungry Like The Wolf

New Religion
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ