FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120318]

Scarecrow (Rpkg)Scarecrow (Rpkg)
(2005/05/24)
John Mellencamp

商品詳細を見る


85年の作品で、American foolの次に売れたアルバムです。一番の絶頂期であり、シングルヒットも沢山あります。デジタルサウンドが氾濫していた80年代に置いて、アナログな楽器を使ったアメリカンロックもMTVという武器を持ってヒットを飛ばしていた時代です。ハードロックも元気を無くし、ヘヴィメタもワンパターンな時代に、ロックファンが納得出来たのはアメリカのストリートから流れてくるロックでした。ニューウェイヴについていけない人はこの手のロックを聴いていたと思います。

1. Rain On The Scarecrow
2. Grandma's Theme
3. Small Town
4. Minutes To Memories
5. Lonely Ol' Night
6. The Face Of The Nation
7. Justice And Independence '85
8. Between A Laugh And A Tear
9. Rumbleseat
10. You've Got To Stand For Somethin'
11. R.O.C.K. In The U.S.A. (A Salute To '60s Rock)
12. The Kind Of Fella I Am
13. Small Town" (acoustic version)

シングルヒットしたのはLonely Ol' Night、Small Town、R.O.C.K. in the U.S.A.、Rain on the Scarecrow、Rumbleseat"と、これまでの作品の中でも一番多いです。どの曲も、一緒に口ずさめるようなシンプルな曲が多いです。スプリングスティーンよりも取っ付き易く、敷居が低い、誰もが分かるロックだと思います。スプリングスティーンのような悲壮感が無く、痛快でワイルドなロックでありながら、聴き易いという特徴があります。

イギリスに色気を出していた時期もありましたが、こうしてアメリカ的である事を恥じる事無く、堂々とやった方が一番しっくりきますし、その方が彼の良さも出す事が出来ていると思います。下手に都会ぶっていないところが好感が持てます。かといって、泥臭いサザンロックでもなく、カントリー的でもなく、兎も角難解でなく、それでいて工夫はしっかりしていて、アメリカ的な事をしっかり80年代の感覚で仕上げている事が受けていたのだと思います。名盤です。

Rain On The Scarecrow

Grandma's Theme

Small Town
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20120318]

Uh-Huh (Rpkg)Uh-Huh (Rpkg)
(2005/03/29)
John Mellencamp

商品詳細を見る


83年の作品で、ブレイクしてからは2作目になります。このアルバムから名前をフルネームのJohn Cougar Mellencampで記載するようになります。前作ほどは売れませんでしたが、彼の音楽は定着して、彼ならではのスタイルは確立されて、多くのファンを獲得しています。チョッパーベースで有名なBrothers JohnsonのLouis Johnsonが意外な組み合わせで参加しています。いかにもアメリカらしい曲なのに、新しさを感じさせる事に成功しています。

1. Crumblin' Down
2. Pink Houses
3. Authority Song
4. Warmer Place To Sleep
5. Jackie O
6. Play Guitar
7. Serious Business
8. Lovin' Mother Fo Ya
9. Golden Gates
10. Pink Houses (Acoustic Version)

シングルとしてはCrumblin Down、Pink Houses、Authority Songがヒットしています。Crumblin Downはストーンズに捧げられた曲であり、それっぽいギターカッティングが楽しめます。ロック色ばかりではなく、Jackie Oのようなアメリカンポップスのような曲にも挑戦しています。基本的には骨っぽいロックアルバムでありますので、前作でファンになった人にとっては、満足出来る作品になっています。

ワイルドだけど、コンパクトにまとまって、馴染み易いサウンドと言うのが受けたと思います。ストーンズなどのイギリスのバンドがアメリカンロックをやる格好良さと言うものを研究していると思います。ですから、ブリティッシュロックファンでも好きになれると思います。Louis Johnsonが登場してくるのはPlay Guitarです。いかにもアメリカンロックなのですが、チョッパーが違和感無く入ってくると言うユニークな曲です。この頃は全盛期なので、はずれはありません。名盤です。

Crumblin' Down

Pink Houses

Authority Song
⇒ 続きを読む

[20120318]

Kid Inside (Reis)Kid Inside (Reis)
(1998/05/19)
John Mellencamp

商品詳細を見る


本来は77年にリリースされていたセカンドアルバムなのですが、American Fool,でブレイクした事で、リリース時には売れていなかった、このアルバムを再度リリースしています。売れた勢いで、ついでにこの作品も売ってしまおうと言う意図だったのでしょうが、残念ながら、このアルバムはさほど話題にもなりませんでした。しかし、内容的にはロック色が強い作品なので、これが売れると思うのも気持ちは分かります。

1. Kid Inside
2. Take What You Want
3. Cheap Shot
4. Sidewalk & Streetlights
5. R. Gang
6. American Son
7. Gearhead
8. Young Genocides
9. Too Young To Live
10. Survive
11. The Whore (Bonus Track)
12. The Man Who Sold The World (Bonus Track)

ボーナストラックでボウイのThe Man Who Sold The Worldをカバーしている事から、グラムロックが好きだった事tが分かります。だからこの後はイギリスに渡ってレコーディングしていますし、American Foolにミックロンソンが参加していた事もうなずけます。でもやっている事はアメリカンロック以外の何ものでもありません。ファーストアルバムが良い出来だったので、その路線で良かったはずなのですが、売れなかった事で、いろいろ試すようになっています。

ジャケットがまずいですね。いかにもいじめられっ子な感じのジョンクーガーは、内容とはかけ離れています。サウンドは男っぽいロック感の強い作品で、ブレイク時と違うのは、一工夫だけですね。そのちょっとした違いで売れたり、売れなかったりするのですから、音楽の世界は厳しいものです。ファーストはカバー曲が多かったのですが、このアルバムではボーナストラック以外はオリジナル曲です。ここにファーストで見せた素晴らしいアレンジセンスが加われば、もっと早く売れていた事でしょう。

Kid Inside

Take What You Want

Sidewalk & Streetlights
⇒ 続きを読む

[20120318]

American FoolAmerican Fool
(2006/01/31)
John Mellencamp

商品詳細を見る


82年の作品で、彼のブレイク作品となりました。MTVの効果がとても大きいと思いますが、サウンドも80年代らしいものになり、その中でもアコースティック楽器を効果的に使ったアレンジが新鮮で、アメリカンロックの新しい担い手が現れたと言う印象を強く与えました。曲の感じもスプリングスティーンからトムペティーに近いものになっています。所謂ストリートロッカーというジャンルになるようですが、彼の場合はアコースティック楽器を巧く使っているので、もっと南部のイメージがあります。

1. Hurts So Good
2. Jack & Diane
3. Hand To Hold On To
4. Danger List
5. Can You Take It
6. Thundering Hearts
7. China Girl
8. Close Enough
9. Weakest Moments
10. American Fool (Bonus Track)

Hurts So Good、Jack and Diane、Hand to Hold On Toの3つのシングルがどれも大ヒットしました。特にJack and Dianeのドラマティックでストーリー性のある所が大いに受けて、大ヒットとなっています。ドラムは若干ですがゲートリバーブっぽいサウンドを使ったりして80年代らしさを演出しています。ですからサザンロックっぽい感じでも新しい感覚をもたらしています。これまではバラード調の曲が多かったのですが、このアルバムではロック色が強く出されています。

ギターにはデヴィッドボウイのバックバンド、スパイダーフロムマースのギタリスト、Mick Ronsonが参加していいて、アレンジも手がけています。ですから、ギターのコードカッティングがグラムロックっぽくてカッコいいのだと思います。でもアメリカンテイストになっています。このアルバムで全米1位を勝ち取り、世界的にもその名を知らしめていく事になります。ですから、彼も又80年代の顔ですね、名盤です。

Hurts So Good

Jack & Diane

Hand To Hold On To

⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ