FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120814]

Music in the Key of OmMusic in the Key of Om
(2005/04/26)
Jack Dejohnette

商品詳細を見る


2003年の作品で、Golden Beamsというインディーズ系のレーベルからリリースされています。Jack Dejohnette一人だけでの録音で、シンセサイザーとパーカッションを演奏しています。シンセだけですが、打ち込みは無しのようです。非常に宗教色の強い内容になっています。シンセによってホーンの音を出したりしているので、生楽器でも表現出来るのでしょうが、一人でやるというハウス的な手法に意味があるのでしょう。

1. Music In The Key Of Om

ブライアンイーノのようなミュージックコンクリートのような雰囲気でもあり、パッドサウンドがずっと続いて、アジア風の鐘の音は生楽器のようです。これまでスピリチュアルな作品が続いていましたが、その極めつけのような内容です。ホーンのようなシンセはマウスコントロールしているようですし、スケールは決めているようですが、クォーターサウンドも使っているので、かなり民族音楽的でもあり、中東のような宗教性も感じます。

音数はそんなに多くなく、常になっているパッド音が起点になっていますが、あとはフィーリングで演奏しているようです。拍割りを気にするドラマーが創るような音楽ではないですね。どういう流れでここまでの音になったのか不明ですが、私もロックやポップスの手法に新しさを求められずに民族音楽に走っていましたので、この時期にこの手のサウンドになるのは、とても共感が持てます。何をやっても新しくならないシーンですから、思い切ってこういう作品を創る気持ちも理解出来ます。

Music In The Key Of Om

スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ