FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20120922]

Dream of 100 NationsDream of 100 Nations
(2007/08/17)
Transglobal Underground

商品詳細を見る


トランスグローバルアンダーグラウンドはイギリスのハウス系バンドです。これは93年にリリースされたファーストアルバムで、デジタルロックのようなポップさもありますが、このバンドの最大の特徴はサンプリング素材にあります。アフリカやインド音楽などのエスニック音源をサンプリングするので、他のテクノ系のバンドとは雰囲気がまるで違っており、アシッドでサイケなブレイクビーツと言う感じになっています。

1. Temple Head
2. Shimmer
3. Slowfinger
4. I,Voyager
5. La Voix Du Sang
6. El Hedudd
7. This Is The Army Of Forgotten Souls
8. Sirius B
9. Earth Tribe
10. Zombie'ites
11. Tutto Grande Discordia
12. Hymn To Us

イギリスには植民地にしていた過去から、インド人やアフリカ人、ジャマイカ人などがの移民が住み着いている社会があります。だからサイケの時はインド音楽、パンクの時はレゲエやダブが流行りました。そういう移民達で結成されたバンドであり、ラップやブレイクビーツをやっていますが、エスニック素材をふんだんに使っているので、かなり特異な浮遊感を生み出しています。当時既に既成の音楽に飽きていた私は民族音楽に向かっていっていたので、このバンドの出現はかなり刺激的でした。

バンド編成なので、メンバーを紹介します。ボーカルのNatacha Atlas、ベースやサンプラーを担当するCount Dubulah、パーカッションのNeil Sparkes、dholという打楽器のJohnny KalsiとGurjit Sihra、ラップ担当のColeridge、ボーカル、パーカッションのGodfrey Duncan、シタールのSheema Mukherjee、サックスやブレス楽器系とストリングスアレンジを担当しているLarry Whelanです。分担作業で曲を創っていますが、ある程度これだけのメンバーをまとめないと、収拾がつかなくなってきます。そこは作曲者によるものだと思いますが、決してハチャメチャではなく、ポップにまとめていると思います。既にこのアルバムから名盤です。

Temple Head
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20120922]

So SoonSo Soon
(2001/05/28)
Slag Boom Van Loon

商品詳細を見る
So SoonSo Soon
(2001/05/28)
Slag Boom Van Loon

商品詳細を見る


Slag Boom Van Loon名義の作品で、2001年にリリースされました。内容はファーストアルバムに収録されていた曲のリミックス盤になります。テクノ系ではリミックス作品は当たり前になっていますが、リミックスされる事で、曲に新しい命が与えられます。全く別のものになる事もありますが、ここではよりクールに、洗練された作品に仕上げられています。

1. Poppy Seed (Boards Of Canada Remix)
2. Spc-ch-pn (µ-Ziq Remix)
3. Broccoli (Leafcutter John Remix)
4. Butch (Tipper Remix)
5. Pedals (Horse Opera Remix)
6. Sutedja (Four Tet Remix)
7. Moon Base Alpha (Matmos Remix)
8. Casual (Pole Remix)
9. Fallen Angels Entering Pandemonium (Coil Remix)
10. Poppy Seed (Reprise) (Boards Of Canada Remix)

µ-Ziq Remixもありますので、Mike Paradinasによって、再び編集し直されている曲もあります。音楽というのは、作曲者の表現したい事が明確ならば、一つの方向性に向かって突き進めば良いのですが、表現したい事が曖昧な事もあります。その場合は答えが複数あっても、どちらも正解な訳で、そうなると別の人が違う答えを持ってきても正解に出来るのです。それがリミックスの意味であって、作曲者はベースになる部分だけを提供して、後はお任せしますという事になります。編曲者がいる曲ではそれが当たり前ですが、その編曲者を複数にゆだねるという事で、新しい発見に巡り会えるのです。

明確な答えを持っている曲であれば、他人に曲をいじられるのは我慢ならない事ですが、そこまで作品に執着を持たずに、第三者に任せる事で、自分だけでは表現出来なかった世界を見つける事がリミックスを依頼する理由だと思います。特にテクノ系では抽象的な表現が多いので、リミックス作品を増やす事でリスナーの好みの作品に仕上がる事もある訳ですから、一つの曲でいくつもおいしい思いをする事になります。カバー曲も同じ感覚ですが、リミックスの場合は、作曲者から別の人に依頼するパターンだと思います。ですから、ファーストアルバムとは違う魅力に会えるアルバムになっていると思います。それでは、Mike Paradinasの紹介はここまでとします。

Poppy Seed (Boards Of Canada Remix)
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ