FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121016]

RhythmRhythm
(2009/04/07)
Luke Vibert

商品詳細を見る
RhythmRhythm
(2009/04/07)
Luke Vibert

商品詳細を見る


2008年の作品で、Luke Vibert名義になります。ジャケットでは日本語が使われています。タイトルはリズムですが、特にリズムに凝っているような作品ではありません。ビッグビートやブレイクビーツではありますが、恐らく、今回のサンプリング素材はアメリカンポップスやハリウッド映画のサントラではないでしょうか。とてもチャーミングな素材をサンプリングしています。

1. Wow! It's Now!
2. Registrarse
3. Sparky Is A Retard
4. A Fine Line
5. My Style
6. Keep Calm And Carry On
7. Eleventy One
8. Rhythm
9. Concertina Turner
10. James Bond In A Jimmy Hat
11. Harmonica Sellers

チャーミングなサンプリング資材に見合ったような緩やかなリズムです。そこにヴォコーダーで歌をつけています。その歌もアメリカンポップスみたいなハーモニーです。そこにアシッドテクノなアレンジが絡みますが、ビングクロスビーみたいな歌を引き立たせるように邪魔になっていません。とても穏やかな作品ですが、やっている事はかなり斬新な事であり、誰も40年代の音楽をサンプリングしようという発想は思い浮かばないでしょう。

アシッドな音源があるからテクノになっていますが、それが無くなれば単なるアメリカンポップスをサンプリングで再現しているだけです。ヒップホップはダンスミュージックをサンプリングするからこそグルーヴを再構築出来るのですが、ダンスミュージックとは関係のない素材を使うLuke Vibertは異端でしかありません。でも、だからこそLuke Vibertなのです。スローダンスなら踊れます。これも名盤です。

Wow! It's Now!
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121016]

RODULATERODULATE
(2010/01/01)
VIBERT SIMMONDS

商品詳細を見る


2008年の作品で、Vibert/Simmonds名義の作品です。Jeremy Simmondsとのコラボレートは15年ぶりであり、Vibert/Simmondsのセカンドアルバムとなるのですが、以前の未発表音源などで構成されています。当時と同じRephlexレーベルからのリリースで、さすがに当時は斬新過ぎていたのですが、現在聴いてもぶっ飛んだサンプリング処理がなされています。

1. Open File
2. Room 28 Rap
3. Space Mist
4. Asteroid Blet
5. Go To Sleep (Everything Is Alright)
6. Rodulate
7. Story
8. Rare Peel
9. Hurtin' Cyst
10. I Said ""Acid"", Then I Said…
11. V.A.J.
12. Fishing Ray

強烈なサンプリング音源とTB-303のレゾナンスプレイなど、アシッドなブレイクビーツになっています。過去の音源ではありますが、このアルバムを制作するにあたり、かなり手直ししていると思います。デビュー当時の方が強烈に斬新でしたので、丸くなり始めていた彼らにとっては刺激的な作品になっているはずです。明らかにこの頃の方がアイデアに溢れています。

シンセ音源の加工の仕方も凄いですが、エフェクト処理も斬新です。これらの作品が没になっていたままと言うのはもったいない話です。この頃のLuke Vibertの作品よりもはるかに刺激があります。テクノにおけるシンセ音というのは、既成の楽器ではない音を使うのですが、彼らが創る音色は、その中でもストリングス的とか、ホーン的な特性を持ったサウンドを創っているので、どこか不思議な響きを持っています。名盤です。

Open File
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ