FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121123]

Force MajeureForce Majeure
(1995/04/24)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


79年の作品です。ボーカリストだったSteve Jolliffeが脱退して、再びインスト作品に戻りました。代わりにチェロとしてEduard Meyerが加わっています。この時代にはSequential Circuits社からProphet-5という、アナログながらポリフォニックシンセが発売されて、シンセによる和音の時代が始まります。Prophet-5というくらいで分かるように、同時発音数は5音までですが、和音構成には寿分は数です。

1. Force Majeure
2. Cloudburst Flight
3. Thru Metamorphic Rocks

そうい訳で、音もすっきりシンプルにまとめあげられています。曲自体は相変わらず長めの曲でシンフォニックではありますが、サウンド自体は80年代前に、80年代を予感させるようなクリアな音になっています。イギリスの多くのプログレバンドが生き延びる為にアメリカナイズされた作品を出すようになっていましたが、タンジェリンはまだヨーロッパ的です。

ただでさえオリジナルアルバムの数が多い彼らですが、それとは別にサントラ作品も多数制作していきます。サントラはある程度、映画の場面を想定した曲創りになっていますが、オリジナルアルバムもサントラ的な性質をもっています。クリアでシンプルでありながらも多少幻想的なシンフォニックプログレになっていますが、この後どんどんポップ化していきます。

Force Majeure
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121123]

CycloneCyclone
(1995/04/24)
Tangerine Dream

商品詳細を見る
サイクロン(紙ジャケット仕様)サイクロン(紙ジャケット仕様)
(2009/02/25)
タンジェリン・ドリーム

商品詳細を見る


78年の作品で、新体制となってからの作品になります。新しく、ボーカリスト、そしてマルチプレイヤーとしてSteve Jolliffe、そして、ドラム、パーカッション類を担当するKlaus Kriegerが加入して四人体制になりました。ヴォコーダーも使っていますが、ここで初めてボーカルが入ります。歌が入れば普通のプログレであり、しかもポップになっています。

1. Bent Cold Sidewalk
2. Rising Runner Missed By Endless Sender
3. Madrigal Meridian

曲は相変わらず長い曲ばかりですが、歌入り、曲はシンプルでポップという事で、普通のプログレと変わらないスタイルになっています。しかも、時代はパンク、ニューウェイヴからテクノポップが流行り始めた頃であり、こうした仰々しい作品は無視されるような時代に、これまでのアグレッシヴな感じを弱めた作品を出した事で、タンジェリンも終わったような印象を受けました。

しかし、映画、恐怖の報酬などのサントラも手がけるようになり、タンジェリンドリームとしては新しい境地を拡げ始めました。パンクやテクノが創りだした概念は簡略化であり、より無駄を省いた、言葉というよりも暗号、もしくは信号として言葉を発するだけで意味を伝える術を獲得していきます。そうした中、独自に自分達の生きながらえる場所を見つけたタンジェリンは賢かったのだと思います。

Bent Cold Sidewalk
⇒ 続きを読む

[20121123]

Encore: LiveEncore: Live
(1994/05/17)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


77年のライブアルバムです。タンジェリンドリームの場合、ライブでも曲は新曲なので、オリジナルアルバムとして成立します。又、トリオシンセ構成としてのメンバーだったPeter Baumannがこのアルバムを最後に脱退しますので、黄金時代最後のアルバムでもあります。

1. Cherokee Lane
2. Monolight
3. Coldwater Canyon
4. Desert Dream

ライブでありながら、しっかりと構成を整えられた演奏、即興もあるのでしょうが、ライブ音源を元にきっちり編集されているので、作品としての完成度も高いです。即興といっても、ジャズとは違って、クラシック的な即興なので、曲の範疇から抜け出す事は無く、フレージングの延長として成り立っています。シーケンスは反復ミニマルですが、旋律が加わる事によって、ミニマルの意味を成し得ません。

Moogはアナログモノフォニックシンセですから、多重録音で和音を出す必要がありますので、そこはメロトロンやオルガンで和音パートを担います。三人で複数のMoogを操る事により、ライブでも複雑なアレンジをこなしています。まだ、当時はドラム、ベース、ギター、キーボードというバンドフォーマットが絶対の時代でしたから、このトリオ編成によるシンセ集団という、現在では珍しくないフォーマットも独特の世界でした。

Cherokee Lane
⇒ 続きを読む

[20121123]

StratosfearStratosfear
(1995/02/27)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


76年の作品で、このアルバムから大きく音楽的に変わっていきます。これまで抽象的だった音楽が、はっきりと明快な旋律を持ったシンフォニックテクノになっているのです。アコースティックギターやアコースティックピアノ、エレキベース、ハープシコードなど、一般的なバンドでも使われる楽器を用いて、プログレッシヴロックと変わらぬ音楽になっています。

1. Stratosfear
2. The Big Sleep In Search Of Hades
3. 3am At The Border Of The Marsh From Okefenokee
4. Invisible Limits

リズムはシーケンスを用いたテクノなスタイルで、その上に重なるアレンジがシンフォニックなものになっています。普通にプログレではないのです。クラフトワークの生み出したテクノが世界に求められた事により、新しいスタイルとしてテクノというフォーマットをしっかり出しています。勿論彼らもテクノの原型を創りだしたバンドの一つですが、ここまで露骨にテクノしているのは初めてです。ヴォコーダーも使っています。

これまでのアンビエントな部分は、あくまでも味付け的な意味合いになって、旋律という明確なテーマを持った音楽を書いています。フルートの音色はメロトロンで、プログレらしいサウンドであり、これまでの作品に比べるとかなりポップになっています。時代的にはプログレもハードロックも下火になり、ディスコミュージックが流行っていた頃で、ディスコ的な部分としてテクノビートになっていて、シンフォニックな部分も大げさにはならずにコンパクトに、シンプルに仕上げているところをみると、明らかに時代に迎合しています。それでも彼ららしい風格は存在しています。

Stratosfear
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ