FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121125]

LE PARCLE PARC
(2012/06/20)
TANGERINE DREAM

商品詳細を見る
Le ParcLe Parc
(2008/01/01)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


85年の作品です。世界中の有名な公園をテーマにした作品になっています。サウンドは完全な80年代シンセポップであり増すが、当時のシンプルなシンセポップに比べると、その中でもシンフォニックでプログレ畑出身ならではな展開はタンジェリンドリームにしか創れない世界になっています。

1. Bois De Boulogne (Paris)
2. Central Park (New York)
3. Gaudi Park (Guell Garden Barcelona)
4. Tiergarten (Berlin)
5. Zen Garden (Ryoanji Temple Kyoto)
6. Le Parc (L.A. Streethawk)
7. Hyde Park (London)
8. Cliffs Of Sydney (Sydney)
9. Yellowstone Park (Rocky Mountains)
10. Streethawk(Radio Remix)

テクノポップはドイツで生まれて日本で活性化されました。その代表格がY.M.O.でありますが、それとは完全に違う方向を向いています。これはさすがに日本人では真似出来ない世界であり、イギリスでのシンセポップとも違うものです。この時代のタンジェリンはエレクトロポップした時代とバカにされがちですが、さすがにそれだけでは終わっていない彼らなりのこだわりを持った内容になっています。

テクノのお決まりのようなシーケンスパターンは無く、踊る為の音楽とは違ったクラシック王国ドイツならではのものになっています。そして第二のトリオ編成をになってきたJohannes Schmoellingにとっては最後のアルバムとなりました。ゲストボーカリストを入れたスキャットものもあり、ピンクフロイドの狂気辺りの影響が強いバンドだと分かります。当時の流行に乗っているだけの作品とは違った風格を感じさせます。名盤です。

Bois De Boulogne
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121125]

POLANDPOLAND
(2012/10/20)
TANGERINE DREAM

商品詳細を見る


84年の作品で、VirginレーベルからJiveレーベルへ移籍してからの作品です。ライブアルバムでの新曲披露というパターンです。CDでもアナログ盤と同じように2枚組になっています。テクノポップというよりかシンセポップな作品です。シーケンサーも同じ事を繰り返すだけではなく、1曲全て打ち込めるようになっています。

ディスク:1
1. Poland
2. Tangent
3. Rare Bird
ディスク:2
1. Barbakane
2. Horizon

サンプラーはEmulatorを使っています。シンセドラムなど80年代らしいサウンドですが、ライブ作品という事もあって、聴き易いだけの音楽では終わっていません。シーケンスも細かい刻みを使ってテクノ以上のサムシングを生み出しています。テーマがポーランドですが、暗く冷たいイメージではないという所は東洋人には無い発想です。

テクノのようなリズムシーケンスも、テクノには無いポリリズムになっていて、打ち込みにしては人間的だったりしています。これは当時の打ち込みものにしてはかなり異色な事で、タンジェリンドリームの音楽的な奥の深さが伺えます。既に90年代に起こりうるスタイルが駆逐されています。この凄さは、今聴き返してこそ分かる事であり、当時はその凄さに気づいておりませんでした。

Poland
⇒ 続きを読む

[20121125]

HyperboreaHyperborea
(1994/05/17)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


83年の作品で、完全にデジタルシンセに移行してしまった作品です。サウンドもニューエイジミュージックのような爽やかな感じになっていますが、ビートはその後のハウスに通じるようなリズムを既に使っています。つまりヨーロッパ的だった彼らが完全にアメリカ市場をターゲットにしてしまった作品になっています。

1. No Man's Land
2. Hyperborea
3. Cinnamon Road
4. Sphinx Lightning

デジタルシンセやサンプラーの80年代ならではのサウンドですが、ドラムをサンプラーの音源を使ってコンプでつぶしたハウス以降のサウンドが既に聴けます。この頃はゲートリバーヴサウンドのドラムが流行りだした頃で、その流れでドラムにエフェクト処理をしているのですが、その派手なサウンドではなく、サンプリング独特のコンプレッションがかかったサウンドを選んでいるところは素晴らしいセンスだと思います。

多少幻想的な感じもありますが、聴き易い爽やかな音色を選んでいるので、BGMみたいですが、BGMにしては小技が多いです。80年代を生き抜くには仕方の無い選択だったと思いますが、もっとダークなテクノに進む道もあったと思います。そうしなかったところが本来彼らはテクノよりもプログレ指向だったのだという事が分かります。

No Man's Land
⇒ 続きを読む

[20121125]

Logos: Live at the Dominion 82Logos: Live at the Dominion 82
(1988/05/31)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


82年の作為でライブアルバムです。例のごとく、ライブでも新曲なので、オリジナルアルバムと同じ価値があります。Logos という40分近い曲と、アンコールでDominion という曲を演奏しています。サウンドとしては昔ながらのアナログシンセを多用しているので、久しぶりに幻想的な音楽になっていますが、ドラムマシーンやデジタルシンセも使っています。

1. Logos
2. Dominion

タイトル曲はIntroからCodaまで、組曲のような構成になっています。久しぶりにシンフォニックなアレンジですが、場面場面で80年代ならではのポップなスタイルになったりして、あらかじめ練り込まれた曲をライブで一発録音しています。シンフォニックなプログレの部分と、ポップになってしまった部分がバランス良く配置されているので、昔からのファンの人も満足出来ると思います。

新しくポップになってからのファンはどうでしょうか。これほど長い曲を聴き続けるだけの根気を持っているでしょうか。それでも飽きさせないような豊かな構成になっています。クリーンになっている部分ばかりではないので、私としては納得出来る内容です。ただ時代に歩み寄っただけのような作品ではないので、音楽として満足出来ます。

Logos Part 1
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ