FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121207]

KyotoKyoto
(2009/04/21)
Tangerine Dream

商品詳細を見る


2005年の作品です。ここまで企画ものの作品ばかりリリースしていました。久々のオリジナル作品ですが、録音は83年から続いていて、当時京都を訪れた印象で創られています。しかし、内容はテクノです。何で今更テクノ?と思ってしまいますが、83年から録音されたものであればしょうがないと思います。しかし、ここまではっきりとテクノしている作品は初めてです。

1. Streets Of Kyoto
2. Industrial Life
3. Chilly Moons
4. Lizard Lounge
5. Cherry Blossom Road
6. Tamago Yaki
7. Craving For Silence
8. Mad Sumo Yamato
9. Kyoto Sunrise
10. Last Train To Osaka
11. Shogun's Prayer

なぜ京都のイメージが機械的ななテクノになっているのか、彼らの感性は理解できません。83年当時の彼らがこんなサウンドだったかというと、違いますので、テクノな作品が当時はNG扱いだったのかと思われます。当時この作品を出していれば、それは衝撃的だったでしょう。しかし、彼らはそれを避けたのです。テクノの元祖的な存在でありながら、テクノブームの時には迎合しない姿勢をとっていたようです。

まったくもって不思議なグループです。自分達が時代の担い手になる事拒否していた事になります。そしてつまらない作品ばかり続けてきたのです。誰も彼らに適切なアドヴァイスを出来る人がいなかったのでしょう。当時リリースしていれば、間違いなく最大の問題作として歴史に名を残していたはずです。それだけ当時としては斬新な事をやっています。2005年ではもう古いですので、その辺の感覚が麻痺しているのでしょう。

Streets Of Kyoto
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ