FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121217]

Moshi MoshiMoshi Moshi
(2006/01/10)
Guru Guru

商品詳細を見る


97年の作品で、日本びいきのMani Neumeierによる日本へのオマージュとなっています。ジャケットは日本の週刊誌が並べられ、タイトル曲ではへんてこ日本語によるラップもどき?なおかしな日本語が並べられていますが、韻はふんでいます。これがハードフュージョンにより歌われると言う悦楽変態ロックになっているのが彼らの魅力であります。

1. Moshi Moshi
2. Jet Lag
3. Tamil Nadu
4. Il Maestroso
5. Inkarnation  Stomp
6. XL Generation
7. Jonny Filter
8. Skylab
9. Dont Worry About The Koto
10. Bonusdreck
11. Elektrolurch-Mutation

東京タワーの蝋人形館にはビートルズやフランク・ザッパらとともにマニの蝋人形もあり、あまり知られていないところで日本を親密な関係になっています。日本とドイツというのはどこか通じ合うところがあり、第二次世界大戦でも同盟を結んでいましたが、マニアックなファン心理も共通するものがあるのかもしれません。

ジャムバンドがテクノ勢に変わっていくような雰囲気があった時期ですから、このバンドもその路線なら専売特許でうから良かったのですが、ジャムバンドブームはマニアにのみ支持されて、いつしか消えていきました。パンク以降の簡易化されたロックに飽きた人にとっては羨望する事象でしたが、簡易化になれてしまった若者には受け入れられなかったようです。

Moshi Moshi
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ