FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121221]

ZuckerzeitZuckerzeit
(2007/09/11)
Cluster

商品詳細を見る


74年の作品で、ようやくシンセサイザーも使うようになりますが、電子音として使い方になっています。やっと音階のある音楽になり、テクノポップしています。これはクラフトワーク辺りとシンクロしているようです。ドラムもドラムマシーン、もしくは、それに近い音になっており、ベースもシンセベースであり、テクノポップとしての原型が出来上がっています。

1. Hollywood
2. Caramel
3. Rote Riki
4. Rosa
5. Caramba
6. Fotschi Tong
7. James
8. Marzipan
9. Rotor
10. Heisse Lippen

シンセを使っても、当時はまだアナログのモノフォニックシンセであり、扱い方も大変な時期であり、それよりもやり慣れているサウンドエフェクトを使った方が手っ取り早いという事で、サウンドエフェクトも大半を占めています。ですから音階があっても個性的な作品になっています。リズムマシーンを使う事で非人間的なイメージに徹しており、このヒューマノイドのようなサウンドが、変貌願望の強いデヴィッドボウイなどにとっては意を得たりのサウンドになっています。

これをもっとポップにやるとクラフトワークになり、後のテクノポップになっていきます。これをもっとシリアスに深層心理に響かせるようになるとブライアンイーノやロバートフィリップなどのフリッパートロニクスになっていきます。音楽的には難しい事をやっている訳でもなく、音楽的に捉えにくいというところが魅力だったと思います。楽譜にしずらいのです。

Hollywood

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121221]

Cluster IICluster II
(2007/09/11)
Cluster

商品詳細を見る


72年のセカンドアルバムです。このアルバムでもまだシンセサイザーは使っていません。当時のタンジェリンドリームは既にシンセサイザーを使ってアンビエントな作品を出していましたが、まるで初期のクィーンのようにノンシンセサイザーでこれだけのサウンドを生み出しています。当時は高価だったシンセサイザーが無くても、これだけの音を創れるという事が売りでした。

1. Plas
2. Im Sden
3. Fr Die Katz'
4. Live In Der Fabrik
5. Georgel
6. Nabitte

あくまでもサウンドエフェクト、フィードバックやリリースタイムをいじり倒して創っているので、音階楽器とはなっていません。そこが現代音楽的なのですが、それだけコントロールが難しい作業ではあります。Conrad Plankなんて、全く楽器を演奏する事も無く、ただプロデューサーとして参加しているだけです。現在みたいに演奏をプログラミングも出来ませんから、恐らく同じような演奏は二度と出来ないはずです。

ライブも行っていますが、恐らく実験的な作業場のようなステージではなかったかと想像出来ます。この音楽というより音の塊による造形を楽しむという趣旨かと思います。正にアートオブノイズなのです。フィードバックも一度マックスに達すると爆発音のようになります。それを難解も繰り返すと特定の周波数が暴れだします。そのさじ加減で音色も変化していくのです。音程が定まらないという事ではテルミンに似た効果になっています。私がフィードバック音を取り入れるようになったのも、ジミーペイジがライブでテルミンを操る感じを出したかったからで、シンセサイザーの代わりというつもりは全くありませんでしたが、聴く人によってはシンセのように感じるのでしょう。

Fr Die Katz
⇒ 続きを読む

[20121221]

Cluster 71Cluster 71
(2011/01/18)
Cluster

商品詳細を見る


クラスターの71年のデビュー作品です。メンバーはドイツのほとんどの作品でエンジニアを務めているConrad Plank、Hans-Joachim Roedelius、Dieter Moebiusの三人です。所謂アンビエントなどのテクノの元祖と言っていい存在で、ニューウェイヴの元祖となるブライアンイーノやデヴィッドボウイに多大な影響を与えている事から、ニューウェイヴの元祖としても重要な位置に存在しています。

1. 15:33
2. 7:38
3. 21:17

曲のタイトルが無く、秒数のみで表されているところが、音楽を記号として捉えている感覚があります。サウンドは現代音楽の範疇であり、アンビエント作品とも言えます。しかし、まだシンセサイザーを全く使っていません。それでこれだけの音を創りだしているのは驚きです。ブライアンイーノのデビュー当時の肩書きはサウンドトリートメントでしたが、正に音のトリートメントで創られた作品といえるでしょう。

私もシンセサイザーを持っていなかった時期には、エコーマシーンやディレイのフィードバックをいじって、同じような音を付け足していました。プロの人に聴いてもらいましたが、シンセサイザーを使っていると思っていました。どうやって音を創ってるのかと質問をされましたが、シンセサイザーは使っていないと言うと不思議がられました。シンセを持っていなくても、これだけの音が出せるのです。しかし、当時はそれを作品の骨格として使う人が少なく、正に斬新なサウンドになっており、多くの人に影響を与えた事は不思議ではありません。名盤です。

Cluster '71


[20121221]

DoublebindDoublebind
(2011/04/29)
Guru Guru

商品詳細を見る


2011年の作品で、現在までの最新作になります。ヒップホップ以降のジャムバンドらしいエフェクティヴな処理が光るロックンロールになっています。70年代のハードロック的な曲もありながら、ヒップなサウンド処理が斬新で、21世紀に通用するロックンロール作品に仕上げています。

1. Maneater
2. Geraldine
3. Out Of Time
4. Chabbli-Babbli
5. UFO Over N.Y.
6. Mars Man + Woman
7. Jazzkraut
8. Ahandyplus
9. No Trill Anymore
10. Venus Breeze
11. Kabuki Dream

特に派手な事はやっていません。必要最小限の演奏を丁寧に際立たせるアレンジになっているのです。そこが何とも心地良く、シンプルながら良く練り込まれています。基本はアナログなジャムバンドであり、ライブでその威力を発揮する強者達ですが、それに加えてスタジオ盤ではセンスのいいエフェクトアレンジが施されています。70年代ロックファンをも唸らせながら、古くささを感じさせない見事なバランスです。

おじさんになっているので、持ち前のひょうきんさ軽薄に終わらずに味わいになっているのが功を奏しています。初期の3枚のアルバムばかり評価されていますが、このバンドは基本変わっていません。それよりも、現在の方が表現力が増してやりたい事が明確な分だけ、独りよがりになっていません。Kabuki Dreamでの意味不明な日本語もご愛嬌で、見事な名盤だと思います。

Geraldine
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ