FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121222]

Grosses WasserGrosses Wasser
(2009/01/20)
Cluster

商品詳細を見る


79年の作品で、久々の純粋なクラスター作品ですが、プロデューサーがコニープランクではなく、タンジェリンドリームのPeter Baumannになっています。これはクラスターが新しい局面に進んだ事を象徴するものであり、時代はいよいよテクノポップの時代に入りました。主役がシンセサイザーになっています。しかしテクノポップと呼ぶにはあまりにも芸術的な作品です。

1. AVANTI
2. PROTHESE
3. ISODEA
4. BREITENGRAD 20
5. MANCHMAL
6. GROSSES WASSER

タンジェリンドリームの70年代の作品に近い感じがしますが、テクノ、ニューウェイヴに感化されている部分もあります。しかし、イーノの影響もまだあり、実にユニークな音楽です。今風にいえば音響派という言葉で片付けられるのでしょうが、テクノが盛んになりだした当時でさえ異色な内容になっています。これでこそクラスターなのです。

恐らくこの二人はシンセサイザーをまだ使いこなせていないのでPeter Baumannの助けが必要で、何とかシンセを主役にしたものの、シンセに頼らずとも完結出来るので、普通のシンセ作品とはひと味違うものになっています。電子音と生楽器程よくブレンドされています。テクノポップが若造の音楽だとすれば、これはあまりにもアダルトな音楽なのです。名盤です。

AVANTI
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121222]

アフター・ザ・ヒート(AFTER THE HEAT)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)アフター・ザ・ヒート(AFTER THE HEAT)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)
(2007/11/20)
イーノ・メビウス・ローデリウス(ENO-MOEBIUS-ROEDELIUS)

商品詳細を見る


78年の作品で、再びイーノが参加しています。今回はイーノ以外の参加は無く、純粋にクラスターとイーノのコラボレートになっています。今回は環境音楽というより、サティが提唱していた、家具のような音楽に近いものだと思います。音楽としてしっかりとした旋律を持っていますが、起承転結があるものではなく、フレージングが淡々と繰り返すような抽象的なものになっています。

1. Oil
2. Foreign Affairs
3. Luftschloss
4. The Shade
5. Old Land
6. Base & Apex
7. Light Arms
8. Broken Head
9. The Belldog
10. Tzima Narki

シンセサイザーを多用するようになっていますが、まだ主役にはなっていません。あくまでも効果音として使用されているだけです。シンセサイザーに頼らなくても、普通の楽器だけでも完結するくらいのしっかりとした理論に基づいてい構成されています。テクノポップとは違う世界感です。プロデューサーもコニープランクだけではなく、メンバー全てであたっているので、イーノの構成力も活かされています。

近未来というより、架空の抽象的な音楽のサントラのようでもあり、空間に流れていても生活の邪魔にはなりませんが、気になってしまう存在の音楽であります。そういう意味では、まだ環境音楽として成立していません。アンビエントとも違いますし、実に不思議な世界感です。ちょうどイーノのアナザーグリーンワールドに近いでしょうか。この三人でしか創りだせないような独自の音楽です。名盤です。

Oil
⇒ 続きを読む

[20121222]

Cluster and EnoCluster and Eno
(2010/12/15)
Cluster

商品詳細を見る


77年の作品で、ブライアンイーノとのコラボレート作品になっています。彼らのサウンドに惚れ込んだイーノが、とうとう共演するまでになります。イーノの他にCANのHolger Czukayなどが参加しており、音数が増えたからなのか、音楽的にも完成度が増しています。イーノはボウイのロウやヒーローズを創り終えたばかりで、本格的にドイツ系のサウンドに傾倒していきます。

1. Ho Renomo
2. Schne Hnde
3. Steinsame
4. Wehrmut
5. Mit Simaen
6. Selange
7. Die Bunge
8. One
9. Fr Luise

ジャケットには空に向けられたマイクがあります。空の音を録音しているようなイメージですが、今でいうサンプリング素材の録音のような作業工程を表してます。自分達の音楽はこの地上に流れる音に等しいと言ったメッセージとも言えます。確かにこれは環境音楽であり、アンビエントというものとも少し違います。

多くはドラムレスですが、ドラムやピアノ、といった一般的な楽器も彼らの素材となっています。時代はいよいよパンクからニューウェイヴ、テクノが生まれようとしている時期であり、パンクじゃないと売れないという時期スらありました。そうした音楽に影響を与えながらも、独自の音楽性を追求していく事になります。イーノは彼らの感性に触発されながらも、ロック・フィールドで培ったエッセンスを持ち込んでいます。名盤です。

Ho Renomo
⇒ 続きを読む

[20121222]

SowiesosoSowiesoso
(2006/12/05)
Cluster

商品詳細を見る


76年の作品で彼らの代表作です。シンセは使っていますが、決してシンセが主役という訳ではないところがこのバンドのユニークなところです。Conny Plankがプロデュースだけに留まり、MoebiusとRoedeliusの二人だけになりましたが、Conny Plankは元々演奏には控えめだったので、分かり易い分担になっています。サウンドとしてはイーノの初期のソロアルバムやボウイのロウ辺りの音ですね。

1. Sowiesoso
2. Halwa
3. Dem Wanderer
4. Umleitung
5. Zum Wohl
6. Es war einmal
7. In Ewgkeit

ニューウェイヴの元祖となっているイーノやボウイの作品もシンセ色は薄いサウンドを創っていました。それらに影響を与えているだけあって、ギターやピアノ、オルガンなどが主役だったりします。それでもテクノな感じがするところがミソです。初期の作品はコード感がありませんでしたが、音階の楽器をつかうようになってもワンコードに留まっています。アナログなミニマル感で、後の環境音楽の礎になっています。

シンセもシーケンサーも使わないのに非人間的な感じになっているところが現代音楽っぽいです。彼らもシュトックハウゼンの教えを受けています。大分分かり易くポップになっていますし、優しい音色を選んでいるので聴き易いけど、BGMではない、空間に存在する形が環境音楽なのです。空間のオブジェのような音楽なのです。この世界にのめり込んだのがイーノですし、その影響下にあるミュージシャン達です。だから、ニューウェイヴ、テクノの大本はドイツにあるのです。彼ら無くして80年代サウンドは生まれていなかったのです。名盤であります。

Sowiesoso
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ