FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121224]

Neu 75Neu 75
(2012/11/13)
Neu

商品詳細を見る


75年の作品で、メンバーが増えていますが、Thomas Dinger とHans Lampeがドラムで参加しているだけです。その事によりKlaus Dinger がドラム以外にもギターやボーカルで活躍する事が出来るようになっています。この歌がヘタクソなのですが、そのヘタクソ加減がジョンライドンそのものであり、ピストルズやP.I.L.がもろに影響を受けた事が明白になっています。

1. Isi
2. See Land
3. Leb Wohl
4. Hero
5. E-Musik
6. After Eight

パンクが世に出様としていた時期に出された作品なので、かなり参考にされたものだと思います。しかし、彼らはこのアルバムで解散します。Klaus Dinger とMichael Rotherは元々仲が悪かったと言われていますが、Klaus Dingerはデュッセルドルフを始動させていきます。Heroという曲はデヴィッドボウイのヒーローズのヒントになった曲だと言われていますが、確かに当時のボウイはイーノと共にドイツの影響をモロに浴びており、ヒーローズに入っているインスト曲にその影響が感じられます。

そうしたボウイやイーノをクッションとしてイギリスではクラウトロックの影響が日本では想像もできないほど盛んだったようで、ニューウェイヴバンドはクラウトロックの音楽性とパンクロックのメッセージ性を組み合わせて、そのスタイルを世界中に広めていきます。Michael Rotherがキーボードも弾いているので、これまでの作品よりバンドサウンドに聴こえます。テクノの要素が入った事になりますが、未完成な感じが斬新に感じられていただけに、オーソドックスになっているような印象も受けますが、それだけ、これからくるニューウェイヴのサウンドに近くなっているという事です。これも名盤です。

Isi
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121224]

Neu! 2Neu! 2
(2012/11/13)
Neu!

商品詳細を見る


73年のセカンドアルバムで、ジャケットはファーストのデザインに、ただ2と書き足しただけのものになっています。どれだけ経費削減しているんだと思ってしまいますが、それだけジャケットだけでも印象に残るバンドでした。彼らの金をかけないレコーディング方法は、そのまま彼らの音楽スタイルとなり、このアルバムでは更にその方法論を拡大させています。

1. Neuschnee 78
2. Super 16
3. Neuschnee
4. Cassetto
5. Super 78
6. Hallo Excentrico
7. Super
8. Fur Immer
9. Spitzenwualitat
10. Gedenkminute
11. Lila Engel

Neuschnee 78は原曲がNeuschneeでありまして、その曲の速度を上げただけのシロものなのですが、それによりドラムマシーンのような感じになり、テクノ的な感覚を覚えます。延々と続くドラムパターンを録音しておいて、その上に様々なノイズやギターなどを重ねていく、ペインティングみたいな作業なのですが、この作業は、その後のニューウェイヴ、インダストリアル、そして90年代のテクノまで続いていく方法論となっていきます。

あらかじめドラムループを用意しておいて、そこに装飾を重ねて行くやり方の元祖なのです。バンド名はノイと読みますが、英語でいうNEW、新しいという意味で、確かにやっている事は新しく、抽象的な感じはクラウトロックの良くあるパターンなので、ドイツのバンドという事で受け入れられるでしょうが、当時はただそれだけのバンドだったのですが、その後のセックスピストルズ、P.I.L.、ジョイディヴィジョンの曲に瓜二つなのが分かり、ニューウェイヴの元祖として再評価される事になります。日本人の感性では彼らの斬新さに影響を受けるなんて事はありませんでした。名盤です。

Neuschnee 78
⇒ 続きを読む

[20121224]

NeuNeu
(2012/11/13)
Neu

商品詳細を見る


元クラフトワークのKlaus DingerのドラムとMichael Rotherの二人によるユニットで、後のパンク、ニューウェイヴ、P.I.L.やジョイディヴィジョンの原型となるスタイルを既に確立させている、イギリスに多大な影響を与えたバンドです。72年のファーストアルバムでプロデュースはConny Plankです。淡々と続くシンプルなドラムパターンにギターのカッティングが絡むというだけの、まるでデモテープのような作品です。

1. Hallo Gallo
2. Souderoujebob
3. Weimensee
4. Im Gluck
5. Negativland
6. Lieber Houig

肥大化していくハードロックやプログレへのアンチテーゼとして生まれたパンクやニューウェイヴは、簡素化こそがテーマなので、このバンドのスタイルがそのまま継承されています。しかし、このバンドはただ金がなかったというだけで、スタジオ代をケチっただけで、延々と続くドラムパターンにギターやベースを重ねて行っただけのしろもので、本来なら未完成な内容なのですが、現代音楽盛んなクラウトロックにおいて斬新な印象を与える事に成功しました。

日本でもリアルタイムで紹介されましたが、ドイツの変わったバンドという印象だけでした。しかし、イギリスではこの方法論が金のない若者に新しいロックの可能性を感じさせたのです。まだ最初の作品なので、サイケデリックな曲もあったりします。歌の無いドアーズみたいで、これに社会的なメッセージを乗っければパンクやニューウェイヴの出来上がりなのです。未完成な音楽だからこそ、完璧な音楽とは違う世界の広がりを感じさせてくれています。歴史的名盤です。

Hallo Gallo
⇒ 続きを読む

[20121224]

ゼロ・セット(ZERO SET)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)ゼロ・セット(ZERO SET)(紙ジャケット仕様)(PAPER SLEEVE)
(2007/02/25)
メビウス・プランク・ノイマイヤー(MOEBIUS-PLANK-NEUMEIER)

商品詳細を見る


クラスターのDieter Moebius、そしてプロデューサーでもあるConny Plank とGuru GuruのMani Neumeierの三人によるコラボレート作品です。企画ものの作品でもあるにもかかわらず、その内容から最重要作品に位置づけられています。83年の作品でありますが、既に90年代のテクノを予感させる電子音、Mani Neumeierによるアフリカンなドラミングは縦横無尽に駆け巡り、まるでドラムンベースのようです。

1. Speed display
2. Load
3. Pitch Control
4. All repro
5. Recall
6. Search Zero

それぞれのグループでは元祖的な存在でありましたが、この三人が化学変化を起こせば既に未来のサウンドを生み出しているのです。とても82年に録音されたものとは思えません。90年代のハードテクノそのものであり、ドラミングがアフリカンな分だけアグレッシヴで90年代の作品だとしても、かなり斬新な内容になっています。80年代にこれだけのサウンドを創りだしていたものは他にはいません。それだけに、ただの企画ものでは追われないアルバムなのです。

RecallではDeukaという人がエスニックな歌を歌っていますが、それ以外はインストです。シンセによるシーケンスも80年代のそれとは明らかに違います。ノンリバーブに近い処理も80年代初期には考えられないようなものです。90年代テクノの猛者達が教則本として参考にしたのは明白です。ドラムが生ドラムなので、グルーヴもかっこいいです。90年代テクノでも太刀打ち出来ないくらいのポテンシャルです。歴史的な名盤です。

Speed display
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ