FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20121229]

甦る世界~オリジナル・イタリアン・ヴァージョン甦る世界~オリジナル・イタリアン・ヴァージョン
(2009/06/10)
PFM

商品詳細を見る


74年の作品で、世界デビューしてからの初のオリジナル作品であり、彼らの人気を決定づけた作品になっています。ただし、世界向けとイタリア国内向けと分かれて、英語バージョンとイタリア語バージョンが存在します。彼らの英語はイタリアニュアンスなので、普通にイタリア語で歌っている方が様になりますが、多く広まっているのは英語バージョンです。

1. Lisola Di Niente
2. Is My Face On Straight
3. La Luna Nuova
4. Dolcissima Maria
5. Via Lumiere (Strumentale)

男女混合合唱で始まり実に堂々とした彼らの演奏は更にすごみを増しています。E.L.P.からの影響を少なからずあると思います。変拍子の連続技やドラマティックな曲構成、イエスやジェネシスの影響もあると思います。しかし真似だけに終わっていないオリジナリティーこそがこのバンドの強みであり、中世的な曲もメロトロンが入り情緒的で、何より強弱の落差が見事でゾクゾクする盛り上がりで流れるように展開していきます。

強いて言えば歌がイタリア語なので、なかなか存在感が薄いです。歌は巧い方ですが、イギリスのバンドのように個性的ではないのが地味な印象を与えます。巧過ぎるので少し崩して歌えればもっとアピール出来ていたと思います。作品としての美しさでは初期の作品の方がお薦めですが、このアルバムをもって世界的な成功を収める事となります。名盤です。

Lisola Di Niente
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20121229]

Photos of GhostsPhotos of Ghosts
(2010/04/06)
PFM

商品詳細を見る


73年の作品で、E.L.P.が新しく設立したManticore Recordsから世界デビューを果たした作品です。キングクリムゾンからE.L.P.の歌詞を担当していたPeter Sinfieldがプロデュース、彼らのセカンドアルバムPer un amicoの曲にPeter Sinfieldが英語か歌詞をつけて録音し直したものになります。曲としてはダブっているのですが、英語になっただけで親しみ易くなり、世界的なヒットとなりました。

1. RIVER OF LIFE
2. CELEBRATION
3. PHOTOS OF GHOSTS
4. OLD RAIN
5. IL BANCHETTO
6. MR. 9 `TIL 5
7. PROMENADE THE PUZZLE
8. PHOTOS OF GHOSTS (INSTRUMENTAL MIX)
9. RIVER OF LIFE (FIRST MIX)
10. OLD RAIN (FIRST MIX)
11. IL BANCHETTO (FIRST MIX)
12. MR. 9 `TIL 5 (INSTRUMENTAL MIX)
13. CELEBRATION (UNRELEASED SINGLE EDIT)

バンド名もPremiata Forneria Marconi改め、P.F.M.と先輩バンドE.L.P.を真似たものにしました。この事によりバンド名も覚え易くなり、世界中の人が知るところとなります。演奏力、表現力、曲の構成力、既に申し分ありませんので、鳴り物入りでのデビューとなりました。後にイタリアのみのリリースだったファーストとセカンドも発売されますので、このアルバムは曲が重複していますが、ファンとしてはどちらも揃えておいてよりと思います。

プログレバンドの凄いところは、かなり編集を重ねたスタジオ盤での演奏をそのままのクォリティーでライブでも演奏出来るところです。オーケストラでもライブ演奏が命でありますので、プログレバンドも、それと同じくらいの覚悟で演奏します。特にこのバンドのメンバーはオーケストラの一員としてもやっていいけるだけの演奏家の集まりですから、安定感が違います。そしてロック的なフィーリングもしっかりと持っています。イタリア国外のファンとしてはこのアルバムが出会いですから、歴史的な名盤になります。

RIVER OF LIFE

⇒ 続きを読む

[20121229]

友よ友よ
(2009/06/10)
PFM

商品詳細を見る


72年のセカンドアルバムです。ここまではまだイタリア国内のみでの活動でした。ファーストアルバムで既に優れた構成力を持った楽曲を創っていますが、更に巧妙になり、ロック的なポップな部分もふんだんの織ませられています。中世的なバラック様式にロックの融合という、ジェネシスやキングクリムゾンに近いながらも、全田的にはイエスのようなシンフォニックロックになっています。

1. Appena Un Po
2. Generale
3. Per Un Amico
4. Il Banchetto
5. Geranio

ハードロック、プログレ全盛時代、演奏力こそがバンドの生命線でありました。その反動でパンクのようなノンテクニック指向が生まれるのですが、このバンドの演奏力はイギリスのバンド以上であり、ストーリー性の表現力という点でもずば抜けています。そして曲の構成もしっかりしているので、これで売れない訳がありません。ただ、イタリア語の歌詞というのが馴染みが無いのでネックだったかもしれません。

プログレはクラシックが根付くヨーロッパ圏では爆発的に売れていて、当時のスーパーバンドE.L.Pがイタリア公演の時に前座を務めたのがこのバンドです。そしてその実力が認められ、晴れて世界でデビューを果たします。純粋にイタリアのバンドとして楽しめるのはここまでとなりますが、大御所バンドの名盤とされている作品と何ら遜色の無い出来映えです、名盤です。美しい。

Appena Un Po
⇒ 続きを読む

[20121229]

幻想物語幻想物語
(2009/06/10)
PFM

商品詳細を見る


次はイタリアのバンドの紹介です。後にP.M.F.として世界的にも有名になるバンドですが、これはイタリア国内でリリースされていたファーストアルバムです。72年の作品で、既に完璧なプログレになっています。クラシックの教養があるメンバーがクリムゾンやジェスロタルのようなプログレッシヴロックをやっています。クラシック分野でも演奏力のあるメンバーですが、ロック的な演奏も安定感のある演奏を展開しています。

1. Introduzione
2. Impressioni Di Settembre
3. E Festa
4. Dove...Quando (Parte I)
5. Dove...Quando (Parte II)
6. La Carrozza Di Hans
7. Grazie Davvero

メンバーはドラム、シンセサイザーのFranz Di Cioccio、ギターのFranco Mussida、フルート、ピッコロ、バイオリンのMauro Pagani、ベースのGiorgio Piazza、キーボードのFlavio Premoliで、全員が歌えるバンドで、コーラスワークも見事です。既にファーストアルバムで円熟した情緒的なスタイルになっています。アコースティック楽器とシンセ、メロトロンのコントラストが見事です。

これだけの表現力を持っていたから世界的にも売り出されたのですが、この落ち着き様、当時の若者は実に大人びています。これだけの実力のあり、まだ若いのでメンバー感のぶつかり合いもあったようですが、演奏は見事な調和があり、曲としても構築力が完璧です。イエスのようなカットアップの手法もとっていて、様々な演奏をつなぎあわせていますが、それも繊細に計算されてのものだと思います。本場イギリスに負けていない素晴らしい作品です。名盤ですね。

Introduzione〜Impressioni Di Settembre
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ