FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130102]

ParsifalParsifal
(2007/08/07)
Pooh

商品詳細を見る


73年の作品です。これまで同様オーケストラを配していますが、メンバーチェンジがあり雰囲気が変わっています。ボーカリストが変わった事が大きく、これまでの甘いラブソングから少しロック色が出ています。バンド演奏も少し自己主張するようになっています。でもまだオーケストラが幅を利かせています。これが彼らのスタイルなので仕方ありませんが、オーケストラが無い方が売れていたと思います。

1. L'anno Il Posto L'ora
2. Locanda
3. Lei E Lei
4. Come Si Fa
5. Infiniti Noi
6. Dialoghi
7. Parsifal
8. Solo Cari Ricordi
9. Io E Te Per Altri Giorni

オーケストラの使い方は効果的になっています。いつも鳴っているのではなく、小去年というところで美しいストリングスが入るので、大分アレンジを工夫するようになったと思います。彼らのような音楽も地中海フォークというのでしょうか、もうカンツォーネという形容はふさわしくないと思います。もっと幅の広い音楽性を手にし始めました。そうでないとオーケストラを入れても宝の持ち腐れのようなところがありました。

以前はバンドの演奏よりもオーケストラの方が前に出ていましたが、このアルバムでは同等か、もしくはバンドの演奏の方が全面に出てくるようになっています。それだけ演奏にも自身を持つようになったのでしょう。ポップバンドからロックバンドへと成長し始めています。まだ優等生的な雰囲気はありますが、より音楽的になっていると思います。

L'anno Il Posto L'ora
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130102]

AlessandraAlessandra
(2007/08/07)
Pooh

商品詳細を見る


72年の作品で前作の延長線上にある内容になっています。カンツォーネのようなポップソングにオーケストラがからむスタイルを確立させようとしています。ロックバンドとオーケストラの共演はプログレでもよく挑戦していますが、ポップスとオーケストラの共演はアメリカンポップスでは当たり前の事なので、あまり新しさは感じません。

1. Nostra Et Difficile
2. Noi Due Nel Mondo E Nell'
3. Mio Padre Una Sera
4. Nascero Con Te
5. Io In Una Storia
6. Col Tempo Con L'eta E Nel
7. Signora
8. Cosa Si Puo Dire Di Te
9. Via Lei Via Io
10. Donna Al Buio Bambina Al
11. Quando Un Lei Va Via
12. Alessandra

まだ優等生なアイドルポップバンドから抜け出しておらず、ラブバラードをオーケストラアレンジで演奏しているだけです。これこそがイプーのイメージなのかもしれませんが、まだプログレバンドという形にはなっていません。ロックファンとしてはまだ入り込めない感じです。ポップソングとしてもさほどでもないですし、カンツォーネポップスと言うジャンルがあるのならこれで正解なのでしょう。

シンセサイザーも使うようになりましたが、あくまでも主役はオーケストラです。バンド演奏の方がまだプログレには対応しきれていません。世界では既にプログレの名盤が出回って大ブームになっているだけに、全く別の道を歩んでいます。これが当時の彼らのカラーですから、それでいいのかもしれませんが、演奏力、アレンジ力がまだまだたりません。

Nostra Et Difficile
⇒ 続きを読む

[20130102]

Opera PrimaOpera Prima
(2007/08/07)
Pooh

商品詳細を見る


71年のアルバムで、オーケストラをより大胆に導入して、シンフォニックポップな作品に仕上げています。まだプログレと呼ぶにはポップ過ぎます。プロコルハルムの初期の頃のような感じで、アートロックという呼び方の方がいいでしょう。イギリスでは確実にプログレの形が完成されつつある時ですので、そこまでは迫れていないようですが、アイドル的なポップバンドからは抜け出した感じです。

1. Pensiero
2. Un Caffe Da Jennifer
3. Tutto Alle Tre
4. Terra Desolata
5. A Un Minuto Dall' Amore
6. Tanta Voglia Di Lei
7. Che Favola Sei
8. Il Primo E L'ultimo Uomo
9. Alle Nove In Centro
10. Opera Prima

オーケストラを楽器の一つとして取り入れていますが、曲の作り方は、まだポップの領域を出ておらす、シンセサイザーやメロトロンがないので、プログレ感が薄いのかもしれませんが、これまでのポップソングをもっとドラマティックにしているだけのようです。ですが、もはやビートロックバンドではありません。本来ならいっきにプログレに変貌しても良いと思うのですが、このバンドの場合はこうした過渡期の作品もしっかり残しています。

サージェントペッパーからロックとクラシックの融合を考える人が多くなり、プロコルハルムの青い影という名曲が生まれ、さらに突き詰めたのがキングクリムゾンであり、更にシンフォニックな発展を遂げたのがイエスやジェネシスでありますが、この作品はちょうど青い影辺りに相当して、P.F.M.ほどの演奏力はまだ芽生えていません。

Pensiero
⇒ 続きを読む

[20130102]

MemorieMemorie
()
Pooh

商品詳細を見る



イプーもイタリアを代表するプログレバンドです。60年代はポップバンドでした。このアルバムは69年のサードアルバムです。この前にPer quelli come noi、Contrastoというアルバムがありますが、現在入手困難なので、このアルバムから紹介していきます。60年代のビートポップバンドで、まるでアイドルのようなポップソングを演奏しています。

1. Memorie
2. Zero Un Minuto E?
3. Mary Ann
4. Johnny E Lisa
5. La Ballata Del Miliardo
6. Vulcano Spento
7. In Silenzio
8. La Fata Della Luna
9. E Poi Vedo Lei
10. Ai Confini Del Mondo
11. Waterloo 70
12. Non Ti Sento Piu'

メンバーはドラムとボーカルのValerio Negrini、キーボードのRoby Facchinetti、ベースのRiccardo Fogli、ギターのDody Battagliaの四人で、メンバー全員が歌えます。69年ということでサイケなアレンジもあったり、オーケストラも入ったポップスです。ビートポップからサイケ、アートロックへの過渡期に辺り、これが発展していき、プログレになっていきます。ポップバンドという事でシングルヒットも多く、イタリアだけではなく、既に世界的なヒットを誇っていました。

イタリアの歌謡曲みたいな感じで、日本のグループサウンズにも影響を与えています。イプーというバンド名はくまのプーさんからきていて、アイドルとして売り出していた事が分かります。音楽祭にも参加するなど、優等生的なバンドのイメージですが、ロックファンにはプログレバンドとしてのイメージしか無いと思います。今となっては貴重な音源です。

Memorie
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ