FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130110]

ムジカデントロムジカデントロ
(2006/08/23)
イ・プー

商品詳細を見る


94年の作品です。やっとヨーロッパへ回帰してくれるものだと思っていましたが、のっけからボストンみたいなアメリカンプログレ全開で始まります。その他の曲もヨーロッパ色をまったく感じさせないアメリカンな曲調になっています。80年代の呪縛から逃れられないようなサウンドです。ただし、徹底的にアメリカンになっているので、説得力はあります。

1. Le canzoni di domani
2. Vorrei
3. Dietro la collina
4. A cent'anni non si sbaglia più
5. Senza musica e senza parole
6. Non ho bisogno di te
7. Tu dove sei
8. Un leone in paradiso
9. Per chi sa capire
10. E non serve che sia Natale

ボストンっぽいということでロック色が強くなっています。ギターがA.O.R.では無くアメリカンプログレ的な歪み方をしています。今頃こんなサウンドになるなんて時代遅れもいいところだと思ってしまいますが、このバンドとしては、ここまでロック色を全面に出した作品がありませんでしたから新鮮ではあります。デジタルリバーブの効かせ方など80年代そのものであり、90年代にこんな事やるなんてB級バンドくらいなもので、イプーがいまいちメジャーになれない原因だと思います。

ただ、彼らは自信を持ってこのスタイルを選んでいて演奏も気持ち良く演奏していて、それは伝わってきます。イタリアでは国民的なバンドとして人気があるようで、彼らにとっては王道なのでしょう。スタイルとしては古くさいですが。いつもながら音楽的な質は高く、彼らの誠実な音楽への愛情がたっぷり詰まっています。ですから、あまり色あせた感じがしないのが不思議なバンドです。

Le canzoni di domani
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ