FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130112]

AscoltaAscolta
(2004/06/07)
Pooh

商品詳細を見る
AscoltaAscolta
(2004/06/29)
Pooh

商品詳細を見る


2004年の作品です。何とか80年代スタイルからの脱却を試みています。基本的な事は変えていませんが、前作のミュージカルを作った事によって、ドラマティックな展開になっています。オーケストラも使っていますので、前作の内容をかなり気に入ったのでしょうし、評価が上がった事によって、やっと今まで自分達が、いかにファンの思いとは違う事をやっていたのかを知ってもらえたのだと思います。

1. Ascolta
2. Capita Quando Capita
3. Vivi
4. Scusami
5. Per Dimenticare Te
6. Cosa Sara’ Di Noi
7. Stella
8. Io E Te
9. 335 La Posta Del Cuore
10. Quando Anche Senza Di Me
11. Donna Di Cuori
12. Primi Amori
13. Dove Sono Gli Altri Tre
14. Domani

普通のプログレバンドだったなら、80年代後半にはこれだけの作品を作れていなければならなかったと思います。ここにたどり着くまでに、いかに遠回りをしてきた事か。彼らの演奏力なら80年代後半でもこれだけの作品を作れていたはずですが、問題はセンスだったんですね。これだけのセンスを身につけるには、これだけの月日が必要だったという事です。たどり着けなかった事もあり得るので、たどり着けただけ幸運なバンドだったと思います。

その時々に聴いていた音楽がバンドにも反映していたと思われますが、もっと幅広く音楽を効かないと、こうなってしまうといういい例です。ミュージシャンにとって聴く事も仕事なはずです。いかに偏った音楽ばかり聴いてきた20年間だったかと思うともったいない時間を過ごしてきたと思います。しかし、ここにきてこれだけ素晴らしい音楽を作れた事は喜ばしい事です。素晴らしい名盤です、

Ascolta
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130112]

ピノッキオピノッキオ
(2006/07/19)
イ・プー

商品詳細を見る
ピノッキオピノッキオ
(2006/07/19)
イ・プー

商品詳細を見る


2002年の作品で、ミュージカル、ピノッキオの為に製作された作品になります。ミュージカルのサントラは別にあり、これはイプーのオリジナル作品としてまとめられています。プログレバンドであった事もあり、こうしたコンセプト的な作品もお手の物です。オーケストラとの共演というのも久しぶりですが、昔とは違ったアレンジの仕方が斬新に聴こえます。

1. C’era una volta
2. Gatto & Volpe Spa
3. La mia notte dei miracoli
4. Figli
5. Vita
6. Che tempi bui
7. Giuro
8. Il Paese dei balocchi
9. Voglio andare via
10. Un vero amico
11. Galleggiando
12. C’era una volta

クラシックのような雄大なアレンジとモダンなポップアレンジの絡み合いが絶妙で、こうしたテーマを持った方がプログレバンドはいい仕事をします。久しぶりに痛快な気分になれます。ミュージカルですからそれらしい音楽もありますが、このアルバムではバンドサウンドとしてまとめられています。打ち込みもあり、アレンジは90年代的になっているので、かなり進歩しちえます。

これまで流行歌に偏っていただけに、こうしたストーリーテラーな内容の方が豊かな音楽に聴こえます。オーケストラの録音もかなり進歩していますので、音の厚みが違います。ドラムの音もかっこ良くなっています。そして得意のバラードも物語にマッチして素晴らしい感動的な作品に仕上がっています。これからもこの路線を進んでくれるといいのですが。

C’era una volta
⇒ 続きを読む

[20130112]

Cento Di Queste ViteCento Di Queste Vite
(2007/08/07)
Pooh

商品詳細を見る


2000年の作品です。やっとテクノアレンジを取り入れています。かなり出遅れていますが、Un Grande Amoreではテクノアレンジとフラメンコを融合させるという斬新な事をやっています。どんなに流行のものでも自分達の音楽にあうまではやらないというスタンスだったのでしょう。こんなアイデア凄過ぎます。他のバンドでは真似出来ません。

1. Un Grande Amore
2. Non Dimenticarti Di Me
3. Stai Con Me
4. Padre A Vent'anni
5. Ti Sposerei Domani
6. Io Ti Vorrei Di Piu
7. I Respiri Del Mondo
8. Buona Fortuna E Buon Viaggio
9. L'altra Faccia Dell'amore
10. Devi Crederci
11. Puoi Sentirmi Ancora (1 Parte)
12. Puoi Sentirmi Ancora (2 Parte)

多少ヨーロピアンテイストもありますが、80年代スタイルは直っていません。多少90年代スタイルになりつつありますが、一回りも、二回りも出遅れています。イタリアでは歌謡曲的な大御所な存在なだけに、日本の歌謡曲を手本にするとかすればもっと変化をつけられるはずですが、おじさんバンドにそこまで求めてはいけないのか。

それでも演奏は職人技が光っており、素晴らしい内容なのですが、ワンパターンである事に変わりはありません。これに飽きずにつきあっているファンもたいしたものです。イタリアのサザンみたいなものなのでしょう。バンドもファンも成長を止めてしまっては音楽は屍に等しいと思います。ただ、このバンドはサザンとは違って生きた音楽を演奏しています。

Un Grande Amore
⇒ 続きを読む

[20130112]

Un Posto FeliceUn Posto Felice
(1999/12/13)
Pooh

商品詳細を見る
幸福の場所幸福の場所
(2006/07/19)
イ・プー

商品詳細を見る


99年の作品で、ここにきてやっと90年代らしいアレンジになっています。ハウス的なリズム、ネオアコのようなアレンジ、もうこの時点で時代遅れなアレンジではありますが、彼らとしてはやっと時代の音を研究したのでしょう。しかし、曲の作り方は80年代のままで、そこはどうしても崩せない形になってしまっているようです。

1. Se Balla Da Sola
2. Mi Manchi
3. Quando Lui Ti Chiedera' Di Me
4. Io Ti Aspettero'
5. Dimmi Di Si
6. Ricostruire Un Amore
7. Sogno A Mezza Estate
8. Quel Che Non Si Dice
9. Eravamo Ragazzi
10. 20000 Leghe Sopra I Cieli

ネオアコなアレンジはどうしてもおしゃれに聴こえます。それなのに歌は80年代から変わっておらず、ベタなイプースタイルのままです。当人達は新しさには興味が無いのでしょうね、それでも周りが新しさを求めるはずですから申し訳程度で90年代っぽいスタイルを取り入れたような感じです。曲の基本は変わっていませんが、アレンジが少し変わるだけで表情が違ってきます。

イタリアのセニョールがフランスのムッシュになったような男性の人種が違ったように変わります。それでもセニョールとしてセニョリータを口説くようなイタリア伊達男を隠す事は出来ず、今回もラブバラード全開です。音は最新の楽器を使っていますので、90年代な音を出しています。それでも80年代っぽい音色を好んで選んでいます。そこはもう好き嫌いの世界ですからどうしようもないのでしょう。しかしギターは頑張って90年代しています。

Se Balla Da Sola
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ