FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130121]

The LibertyThe Liberty
(1998/09/29)
Guess Who

商品詳細を見る


81年にもNow and Not Thenというアルバムを出していましたが、ほとんど注目されていませんでした。そして月日は流れて95年にリリースされた作品です。これもBurton Cummingsのソロアルバムの延長線上にあるもので、ゲスフーを名乗るべきではないと思います。

1. Sweet Liberty
2. Loves Allthat Matters Ton
3. Lonely One
4. Haunted Heart
5. Anything For Love
6. Rock N Roll Classic
7. The Razors Edge
8. I Feel Your Pain
9. Still Feels Like Love
10. Amy

サウンドは完全に80年代のLAサウンドであり、こんなものにゲスフーの名前を使って欲しくない。これは復活でもなんでもなくて、別物です。もうこれ以上ゲスフー名義で作品を出して欲しくない。昔の偉業が台無しです。演奏も巧いし、曲もいいでしょう。しかし、95年にこれは無いだろう。もう浦島太郎状態の音楽です。

Sweet Liberty
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130121]

All This for a SongAll This for a Song
(2006/07/18)
Guess Who

商品詳細を見る


79年の作品で、78年のGuess Who's Backを元に製作し直した作品で、これにて正式にカムバックした事になります。サザンロックバンドに徹したようなノリのいいロックンロールになっています。Burton Cummingsのソロアルバムの延長みたいなところがありますが、とりあえずはゲスフーを名乗っています。

1. C'mon Little Momma
2. That's The Moment
3. It's Getting Pretty Bad
4. Raisin' Hell On The Prairies
5. Moon Wave Maker
6. Taxman
7. Sharin' Love
8. Sweet Young Thing
9. All This For A Song
10. Plastic Paradise
11. An Interview With Jim Millican

前作とほぼ曲目がダブっていますが、前作があまりにも売れていなかったので創り直したみたいなところがあります。スライドギターを多様したサザンロックスタイルは、レナードスキナード辺りに近いサウンドになっています。70年代初期の頃のサザンロックは泥臭い感じでしたが、70年代後半になってくるとロックンロールやブギ調の軽快なサウンドになってきます。

彼らもそれらのスタイルを取り入れて、洗練されているとまでは言いませんが、いかにも70年代なサザンロックになっています。売れようとか言うより、演奏を楽しもうという雰囲気が伝わってきます。

C'mon Little Momma
⇒ 続きを読む

[20130121]

Running Back Thru CanadaRunning Back Thru Canada
(2001/05/15)
Guess Who

商品詳細を見る


78年、解散からわずか3年後に復活したみたいな作品が出ます。元メンバーが集まってレコーディングされたので、ゲスフーを再び名乗るようになります。しかし、このアルバムはカバー曲集になっていて、実質復活した手応えはありません。昔の名前で出ています的な作品と言えるでしょう。

1. Taxman
2. That's The Moment
3. Sound The Horns Of Gabriel
4. On Our Way
5. Plastic Paradise
6. It's Getting Pretty Bad
7. Sharin' Love
8. Cabbage Town
9. All This For A Song
10. Plastic Paradise
11. Interview With Jim Millican

復活を期待するというよりかは、同窓会的なセッションと言えるでしょう。ただ、それでもポテンシャルの高いバンドでしたから、音楽的には楽しめます。今で言う、ビッググループの再結成ブームとはニュアンスが違います。この時点で再結成しても金にならないからです。

Taxman


[20130121]

先場所不振だった日馬富士がただ一人の勝ちっ放し。しかし、全場所は後半に連敗したので、これからが正念場です。把瑠都はでたらめな取り口が響いて3敗しましたが、7日目から気持ちを切り替えて前に出る攻めに変わりました。それで何とか5勝に立て直しました。組んでも勝てるのは分かっているので、曙のように押し相撲に徹した方が、この力士は最強に成れると思っているので、この試練を乗り越えて自分が最強に成れる相撲を身につけて欲しいと思います。そうすれば大関どころか横綱も夢ではありません。

中日までの上位の成績
白鵬 7勝1敗
日馬富士 8勝0敗
稀勢の里 6勝2敗
鶴竜 5勝3敗
琴欧洲 5勝3敗
琴奨菊 5勝3敗
豪栄道 5勝3敗
把瑠都 5勝3敗
栃煌山 3勝5敗
松鳳山 2勝6敗


魁聖も守備型から前に出る相撲を覚えてきています。これは上位陣にとっては驚異となるはずです。流石に横綱に勝つにはもっと威力が必要ですが、先に攻める事を覚えれば、いなされても耐えられる足腰が役立ってきます。妙義龍は白鵬から殊勲の金星をあげいます。いつもいい相撲がとれている訳ではないので、相手を研究して集中していく事が今後の課題だと思います。

相撲は横綱でも相手に充分にさせてしまったら負けてしまいます。相手に不十分にさせて、先に自分が十分に成れる立ち合いが勝負です。強い横綱はそれを心がけています。上を目指す力士にはそれを身につける為の稽古が必要なのです。伸びている若手にはそれが出来るようになる事を期待します。そうすれば今後も大相撲は面白くなってきます。

白鵬 vs 魁聖
⇒ 続きを読む

[20130121]

The Way They WereThe Way They Were
(2001/10/16)
Guess Who

商品詳細を見る
The Way They WereThe Way They Were
(2001/10/16)
Guess Who

商品詳細を見る


76年、バンド解散後にリリースされた未発表曲集です。発表されている曲もありますが、アウトテイクになります。未発表曲ですが、ハードなアレンジの曲があったり、陽の目を見なかったのが不思議なくらいの出来映えです。このアルバムもファンなら持っているべきでしょう。Randy Bachman時代の曲もあります。

1. Silver Blue
2. Spacies Hawk
3. Runnin Down The Street
4. Miss Frizzy
5. Palmyra
6. The Answer
7. Take The Long Way Home
8. American Woman (Bonus Track)
9. No Sugar Tonight (Bonus Track)

このバンドはウッドストックには出ていませんが、時代的にウッドストック世代だったともいます。ウッドストックに出ていたバンド達に近い音楽性を持っているからです。ラヴィングスプーンフル、C.S.N.&Y、それとウッドストックには出ていませんでしたが、ドアーズやC.C.R.など、フラワームーヴメントを経てきた世代です。そしてそれらのバンド達と同じくらい重要な曲を残しているのです。

あの時代、映画 地獄の黙示録に使われるような音楽。あの時代の匂いがプンプンしてきます。だからこどカナダ出身のバンドでありながら人々の心に残る存在でありました。こんな素晴らしいバンドが今では再評価される事も無いというのは寂しい限りです。Chad Allan and the Expressions、Five Man Electrical Band)からつながってきたバンドですが、世界に通用するバンドに成長してきた軌跡が刻まれた作品です。

Spacies Hawk
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ