FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130128]

初場所は日馬富士の全勝優勝で終わりました。先場所はふがいない成績でしたが、軽量の日馬富士は集中力と気迫がないと勝てません。今場所がはそれがありました。大関の鶴竜も琴奨菊も勝ち越すのがやっとという場所が続いています。大関の地位にあぐらをかいて上を目指す事を忘れているようです。大関取りを目指していた豪栄道も勝ち越すのがやっとで、来場所からまたやり直しになります。

上位の成績
白鵬 12勝3敗
日馬富士 15勝0敗 優勝
稀勢の里 10勝5敗
鶴竜 8勝7敗
琴欧洲 10勝5敗
琴奨菊 8勝7敗
豪栄道 8勝7敗
把瑠都 8勝7敗
栃煌山 8勝7敗
松鳳山 4勝11敗


大関復帰には二桁勝たなければならない把瑠都は足の怪我が癒えない事で、突き押しに徹して勝ち進みましたが、後半は又まわしを取る相撲に変えた事によって二桁には届かず、千秋楽に勝ち越すのがやっとでした。どうも背の低い相手を苦手としていて、背の低い相手は捕まえようとします。下から勝ち上げて相手の上体をのけぞらせてから突き押していけばいいのに、何の稽古をしているのでしょう。まわしにこだわる限り上にはいけません。又1からやり無しです。誰も彼に助言はしないのでしょうか。親方は何をやっているのでしょうか。勝つ為の道筋は見えているのに。

又、十両に落ちていた高見盛が幕下陥落確定したため、引退となりました。

日馬富士vs白鵬
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130128]

Caress of SteelCaress of Steel
(1997/05/06)
Rush

商品詳細を見る


75年の作品で、前半はハードロックですが、メロウな展開も含ませて後半は2曲の組曲で構成されています。プログレ指向が始まります。Neil Peart の書く詩に合わせるとどうしてもこういう展開になっていくのでありました。それにともなってギターも多重録音になっていきます。これをライブで再現するには大忙しになってしまいます。

1. Bastille Day
2. I Think I'm Going Bald
3. Lakeside Park
4. The Necromancer: I. Into The Darkness/II. Under The Shadows/III. Return Of Prince
5. The Fountain Of Lamneth: I. In The Valley/II. Didacts And Narpets/III. No One At The Bridge/...

たとえばイエスというバンドは思いついた演奏を録音したものを編集して曲として完成させるため、メンバーは完成した自分達の演奏をコピーしてライブでも再現出来るように練習しまくります。このバンドの場合はライブで再現出来ない演奏はしないという決まりがありますので、あらかじめ演奏可能と判断して曲を創っています。それにしてはギターのエフェクトチェンジなども考慮してもかなり瞬間的にいろんな事をやらなければなりません。

それでも曲の完成度を優先するようになってきています。三人だけで演奏するのですからそれは大変な事です。特にギターを多重録音しているとどのパートを演奏するのかという選択になります。ジミーペイジは割り切ってライブではライブ用のギターソロを創り直します。子供の頃にそれを見たAlex Lifesonが自分達はライブで演奏出来ない事はやらないと決めます。しかし、曲が複雑になるにつれて、それも苦しくなってきます。ジミーペイジの選択を受け入れられるくらい大人だったら苦しまなくて住んだ問題です。それでも再現出来るだけのテクニックを磨き上げます。そこが又凄いところでもあります。まだまだハードロックとしても楽しめる名盤です。

Bastille Day
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ