FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130609]

Imprensa Cantada 2003Imprensa Cantada 2003
(2005/02/21)
Tom Ze

商品詳細を見る


2003年の作品です。これまでのプログレな作風とは変わってポップな曲になっています。ポップな曲を書いても、この人の場合はアレンジ、ミキシングで普通とは違った感じにするのが得意で、今回も気の利いたアレンジになっています。原点回帰みたいな感じでブラジリアンポップになっていたり、昔の曲を再演したりしています。もしかすると昔創っていた曲が溜まり過ぎていたので吐き出した感じではないでしょうか。

1. Dona Divergencia
2. Companheiro Bush
3. Requerimento A Censura
4. Desenrock-se
5. Interlagos F1
6. 1,2, Identificacao
7. Urgente Pela Pez
8. Sem Saia, Sem Cera, Censura
9. Vaia de Bebado Nao Vale
10. Lingua Brasileira
11. Vaia de Bebado Nao Vale
12. Sao Sao Paulo
13. Voce e o Mel
14. Bate Boca

たとばニューウェイヴが出てきた時とか、ピーターガブリエルやトーキングヘッズがアフリカンミュージックを導入した時のカルチャーショックに似た、それまで体験した事が無い音楽に出くわした時の衝撃と同じ気持ちにさせてくれるます。ブラジルのミュージシャンと言う事で、何とかブラジルと言うイメージで聴く事が出来ますが、何の予備情報も無くこの音楽に出会ったら、同理解してい良いのか迷ってしまうと思います。

どこか異国の音楽のようでありながら、斬新なロック作品にも引けを取らない感性、私達はもしかしたら大事なものを聴き逃していたのではないのかという喪失感に襲われるのらば、それは健全な音楽の聴き方をしていると思います。世が世ならこれは間違いなく歴史的な名盤であり、聴き逃すべきではない音楽です。あらゆる音楽を吸収しながらもその先に行っている音楽です。そして無視してはその先に進めないくらい重要な音楽です。これが一般的に広まっていない事は現在の音楽界の損失であります。それくらい偉大な名作であります。

Companheiro Bush
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130609]

Grupo Corpo: SantagustinGrupo Corpo: Santagustin
(2004/05/25)
Tom Ze

商品詳細を見る


2002年の作品で、これもダンス集団Grupo Corpoの為に書かれた作品です。今回はGilberto Assisというデジタルミュージック系の人ととコラボレートしています。電子音やサンプリング素材を組み立てたコンクリートミュージックみたいで、それでダンスミュージックにしてしまうという斬新な内容になっています。現代音楽の部類になるのでしょうが、その部類でもぶっ飛んでいます。

1. Choro 1. Marco da Era
2. Choro 2. Ayres da Mantiqueira
3. Choro 3. Nogueira do Monte
4. Choro 4. Moura-Sion
5. Choro 5. Pixinguin-Casqueira
6. Choro 6. Ciro-Gberto
7. Choro 7. Bate-boca

Grupo Corpoは民族的な踊りも取り入れたダンスチームで、エキゾチックで無機質ながら色気も感じさせると言う前衛官能ダンスのような感じもします。ブレイクビーツになっていますが、リズムパターンがありきたりではないので痛快です。いい加減ブレイクビーツのワンパターンなリズムパターンに飽きた人、つまり私向きな音楽です。私も既成の音楽に飽きて民族音楽まで聴きだすようになり、それがSAMARQANDの音楽性になっていて、Tom Zeの音楽はうってつけの手本となっています。

ブラジルだけではなく、世界でも時代を牽引するだけの魅力溢れる音楽であります。ただし、単純化する事を良しとするヒップホップ文化にとっては、この複雑なリズムは向いていなくて世界はついていっていません。何たる腑抜け文化。世界はいまだにクソのような音楽がヒットチャートをにぎわしています。誰かが喝を入れなければこの停滞した音楽シーンは腐敗したままになってしまう事でしょう。このアルバムのような音楽が世界で認められる日が来る事を願うばかりです。偉大なる名盤です。

Marco da Era
⇒ 続きを読む

[20130609]

Jogos De ArmarJogos De Armar
(2001/03/06)
Tom Ze

商品詳細を見る


2000年の作品です。90年代はテクノ系の時代でしたが、後半はジャムバンドなどが流行り出す気配がありましたが、流行までにはいかず、ジャングルやドラムンベースに飽きていた人達に取ってはブラジルで面白い事をやっている奴がいると言う事でTom Ze達が注目されるようになりました。私もその一人で、このアルバムで初めてTom Zeを知る事になります。世界的にも注目されるきっかけとなった名作であります。

ディスク:1
1. Passagem De Som
2. Peixe Viva (Ie-Quitingue)
3. Jimi Renda-Se/Moeda Falsa
4. Chamega
5. Desafio
6. Pisa Na Fulo
7. Asa Branca
8. Conto De Fraldas
9. Medo De Mulher
10. O Pib Da Pib (Prostituir)
11. Cafuas, Guetos E Santuarios
12. A Chegada De Raul Seixas E Lampiao No FMI
13. Perisseia
14. Sonhar (Sonho Da Crianca-Futuro-Bandido Da Favela, Na Noite De Natal)
ディスク:2
1. Cartilha De Parceiros 1
2. Cartilha De Parceiros 2
3. Cartilha De Parceiros 3
4. Cartilha De Parceiros 4
5. Cartilha De Parceiros 5
6. Cartilha De Parceiros 6
7. Cartilha De Parceiros 7
8. Cartilha De Parceiros 8
9. Cartilha De Parceiros 9
10. Cartilha De Parceiros 10
11. Cartilha De Parceiros 11

ブレイクビーツみたいな事をやっているが、曲自体はまるでプログレ、ブラジルのフランクザッパみたいな感じで紹介されていました。CD2枚組で2枚目には1枚目で使われたサンプリング素材を用意して、聴いている人がそれを並び替えて自分で曲が創れるような仕組みにしています。素材さえあれば誰でも自由に曲が作れると言うサンプリングミュージックの世界を反映した内容になっています。これはトッドラングレンもやっていました。新しいデジタルミュージックの形だったのですが、このやり方は定着していません。

問題は感性でありますから、どんなに素材を揃えても良い作品が創れる訳ではありません。それを聴き手に委ねるなんて少し無謀すぎる発想なのです。音楽の方はサンプリング素材は効果的に使っていますが、ほぼ生演奏によるひねくれポップ、もしくはプログレアグレッシブブラジリアンロックであり、変質的な所は正にフランクザッパであり、既成の音楽に飽きた向きには正にドストライクな痛快なる名盤であります。

Passagem De Som
⇒ 続きを読む

[20130609]

Fabrication DefectFabrication Defect
(2007/10/09)
TOM ZE

商品詳細を見る


98年の作品で、いよいよ本格的に活動を再開しました。久々のオリジナルアルバムなのですが、いきなりコンセプトアルバムになっています。サンプラーの使い方も心得ていて、ブレイクビーツ並みのドラムループに民族楽器を重ねて独自のリズムを生み出しています。この人だ独走態勢に入ってからは独自のリズム構築が主題になっているようです。

1. Defect 1: Gene
2. Defect 2: Curiosidade
3. Defect 3: Politicar
4. Defect 4: Emere
5. Defect 5: O Olho Do Lago
6. Defect 6: Estericar
7. Defect 7: Dancar
8. Defect 8: Onv, Arma Mortal
9. Defect 9: Juventude Javali
10. Defect 10: Cedotardar
11. Defect 11: Tangolomango
12. Defect 12: Valsar
13. Defect 13: Burrice
14. Defect 14: Xiquexique

テクノ系の音楽も研究しているようですが、全く独自の音楽に創りかえてしまっています。この辺はまるでリタイアしていた事が嘘みたいにベテランの境地になっています。昔はテープ編集で苦労していた事が、パソコンやサンプラーの発達で簡単に創る事が出来るようになっています。流石にそこに真っ先に目を付けているようで、彼のアイデアを瞬時に再現出来るように環境は既にものにしています。

思いついた事を絵を描くようにすぐ様キャンパスに描けるように音楽を創れる事は、彼の独特のアイデアを増幅させる作用をもたらしていると思われます。ゴングや新生クリムゾンがやっているシーケンスはこの人がそれ以前にやっていた事なので、そのプログレな使い方もこちらが本家であります。他のMBPのミュージシャンが西洋音楽の真似事をしているのに対して、彼を刺激を受けながらもその先に広がる可能性に目を付けている事が大きな違いがあると思います。世界が彼を手本にしなければならないくらいにいつも一歩先を歩いています。名盤です。

Fabrication Defect
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ