FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20130923]

PiledriverPiledriver
(2005/02/17)
Status Quo

商品詳細を見る


72年の作品です。プロデュースを彼ら自身でやって、大ブレイク作品となりました。日本でもイギリスにStatus Quoあり、と言わしめるほど知名度が上がりました。ここにイギリス屈指のハードブギバンドが世界に知れ渡る事になります。演奏力が上がった訳ではありませんが、テクニックが無いなりの曲の構成が出来るようになり、己を知り、己にあった曲調を習得した事が成功の要因だったと思います。

1. Don't Waste My Time
2. O Baby
3. A Year
4. Unspoken Words
5. Big Fat Mama
6. Paper Plane
7. All The Reasons
8. Roadhouse Blues
9. Joanne (b-side of 'Caroline') [BONUS TRACK]
10. Lonely Night (b-side of 'Break the Rules') [BONUS TRACK]

曲調もポップなブギだったりするので、ハードロックというよりグラムロックとして聴いた方がいいと思います。ファッションが違うのでグラム扱いはされませんが、やっている事はグラムロックです。これはテクニックが無いアマチュアバンドにとっては目指し易いスタイルであって、そういう事でも親しみがあったのでしょう、イギリスではトニー・ブレア元首相もお気に入りのバンドとして公言するほどの国民的なバンドとなります。

Lonely Nightのようなバラード曲ではポップバンド時代の経験が活かされています。こういう曲が入っている事自体ハードロックバンドでは無いのですが、ここがこのバンドの面白いところです。見た目はハードロックバンドみたいになっているので誤解され易いのですが、ポップバンドがブギースタイルの曲をやっているという視線で聴いた方が親しみがもてると思います。彼らの人気を決定づけたのはBig Fat Mamaで、この1曲だけでも聴く価値があります。とりあえずはイギリス限定でが、ここから彼らの栄光の時代となっていきます。

Don't Waste My Time
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20130923]

Dog of Two HeadDog of Two Head
(2009/10/01)
Status Quo

商品詳細を見る


71年の作品です。キーボードのRoy Lynesが脱退して四人組になります。これによりギターバンドとして更にブギを追求していきます。時にはツィンリードギターを披露するようになります。曲もギターソロを長めに取るなど、ハードロックバンドたろうとしていますが、はっきり言って演奏力は60年代のブルースバンド程度で、ハードロック、プログレバンドのレベルまでは達していません。何といっても元アイドルバンドですから、結構無理している感じもします。

1. Umleitung
2. Nanana
3. Somethings Going On In My Head
4. Mean Girl
5. Nanana
6. Gerdundula
7. Railroad
8. Someones Learning
9. Nanana
10. Mean Girl
11. Tune To The Music
12. Good Thinking
13. Mean Girl
14. Railroad

ハードロックバンドもライブでは長いギターソロを演奏しますが、レコードでは計算されたソロを演奏するようになり、アドリブも流行らなくなります。これはアドリブが苦手なジミーペイジのせいですが、ここでクォーがやっているのは、60年代末期のブルースバンドがやっていたようなスタイルです。ですからまだぱっとしません。ポップな曲もあったり、完全にブギバンドにはなっていません。

逆に言うと、売れるようになったら単調になるので、いろんな事をやっているこの時期の方が面白かったりします。ギターの音も60年代のものであり、70年代ではもっと歪んだ音が流行っています。この辺はまだしっくりきていない感じです。ブルースバンドを手本にしているのでしょう。これがもっと近代的になってソリッドなブギバンドになってから売れますので、このアルバムも売れていません。苦難の時期ですね。

Umleitung
⇒ 続きを読む

[20130923]

Ma Kelly\'s Greasy SpoonMa Kelly\'s Greasy Spoon
(2002/07/23)
Status Quo

商品詳細を見る


70年の作品です。ここからようやくブギーバンドへと変身いたします。歌い方やバラードではまだ以前のポップサイケバンドだった頃の名残がありますが、ギターはディストーションがかかり、ブギーを中心とした演奏になっています。時代はビートルズが解散を宣言して、イニシアティヴがストーンズへと変わりました。ビートルズはレットイットビーでカントリーロックへの変身に失敗しましたが、ストーンズはレットイットブリードでカントリーロックへの変身い成功し、イギリスでもサザンロックが流行り出します。

1. SPINNING WHEEL BLUES
2. DAUGHTER
3. EVERYTHING
4. SHY FLY
5. (APRIL) SPRING, SUMMER AND WEDNESDAYS
6. JUNIOR'S WAILING
7. Lakky Lady
8. NEED YOUR LOVE
9. LAZY POKER BLUES/ IS IT REALLY ME/ GOTTA GO HOME
10. IS IT REALLY ME/ GOTTA GO HOME (EARLY ROUGH MIX)
11. NEED YOUR LOVE (EARLY ROUGH MIX)
12. DAUGHTER (WORKING MIX FOR POSSIBLE GUITAR)
13. DOWN THE DUSTPIPE (7')
14. IN MY CHAIR (7')
15. GERDUNDULA (7' ORIGINAL VERSION)
16. IN MY CHAIR (1979 PYE PROMO FLEXIDISC)
17. DOWN THE DUSTPIPE (BBC OCT 1970)
18. JUNIOR'S WAILING (BBC OCT 1970)
19. SPINNING WHEEL BLUES (BBC OCT 1970)
20. NEED YOUR LOVE (BBC OCT 1970)

多くのボッズ世代のバンドがサザンロックやカントリーロックの作品を創っていました。ステイタスクォーもこれに続いた形になります。そしてブギといえばステイタスクォーと言われるくらい、彼らの専売特許になっていきます。時代はプログレ、ハードロックも登場してきて、それが主流になっていきます。彼らもハードロックバンドたろうとしていますが、残念ながらそこまでの演奏力はありません。そうしたテクニックが無いバンドが進んでいったのがグラムロックです。

グラムロックもブギースタイル曲も多く、クォーもグラムロックとして売り出しても良かったと思いますが、彼らのように化粧はせずに、ファッション的にはハードロックバンドみたいなクォーは、やはりまだ地味な存在のままです。しかし、このイメージチェンジで地道なライブ活動を経て国民的なバンドへと成長していきます。まだ見よう見まねでサザンロックしている感じですが、こうしたバンドも当時のイギリスには沢山いました。

SPINNING WHEEL BLUES
⇒ 続きを読む

[20130923]

Spare PartsSpare Parts
(2003/04/08)
Status Quo

商品詳細を見る


69年のセカンドアルバムです。まだポップサイケな時代です。サイケというより、ストリングスやホーンを絡めたビートルズ的なポップな曲を作っています。これはこのまま素直に進めばプログレバンドになるはずですが、彼らは違う道を進む事になります。ポップでいい曲を沢山作っていますが、この時代の彼らは全く売れていません。イギリスでそうなのですから、日本でもほとんど知られていません。

1. Face Without A Soul
2. You're Just What I Was Looking For Today
3. Are You Growning Tired Of My Love
4. Antique Angelique
5. So Ends Another Life
6. Poor Old Man
7. Mr Mind Detector
8. The Clown Velvet Curtains
9. Little Miss Nothing
10. Nothing At All
11. Joise (Bonus)
12. Do You Live In Fire (Bonus)

あまた登場したサイケバンドの一つであり、ハードと同じようにアイドルとして売り出そうとして失敗したケースになります。当時はジミヘンがイギリスを席巻していた時期で、主役はクリームでした。サイケだけでなく、演奏面でのアピールも必要だったのです。そしてツェッペリンが登場して全てが一変してしまうのです。このようなサウンドは67年辺りまでなら良かったかもしれませんが、サイケ末期では注目される事は少なかったと思います。

それくらいめまぐるしく時代が動いていましたので、この路線はこのアルバムまでとなります。それでもいい曲を書いています。少し優等生的な感じがしますが、隠れたサイケアルバムを発掘するならお薦めです。当時は完璧にB級な扱いですが、ブリットポップを経た現在なら再評価出来るだけの内容は持っています。Mr Mind Detectorなんかはピンクフロイドみたいですが、少し毒がたりません。アシッド感が足りないのです。ドラッグはやっていなかったのかもしれません。

Face Without A Soul
⇒ 続きを読む

[20130923]

上位安泰で始まった場所ですが、蓋を開けてみればいつも通りの結果になっています。日馬富士は金星を二つも献上してしまいました。初めて金星を取った松鳳山は号泣。碧山も涙を浮かべていました。横綱に勝つという事はそれくらい特別な事なのでしょう。琴欧洲は前半調子が良かったのですが、負傷して休場となりました。

中日までの上位の成績
白鵬 8勝0敗
日馬富士 6勝2敗
稀勢の里 7勝1敗
鶴竜 6勝2敗
琴欧洲 4勝3敗2休
琴奨菊 5勝3敗
妙義龍 4勝4敗
豪栄道 5勝3敗
栃煌山 4勝4敗
高安 2勝6敗
勢 1勝7敗
松鳳山 5勝3敗
碧山 3勝5敗


帰り入幕の豊真将は6勝して奮闘しています。勢は1勝しかしていませんが、初めての上位で相撲内容は悪くありません。まだつめ方が分かっていないのでしょうが、若々しい攻める相撲での結果ですから、これは先々の相撲に活かされていく事でしょう。新入幕の遠藤は5勝しています。でかい外人さんと相撲を取るのは初めてなのでしょう。まだいなし方が分かっていないようです。出稽古でぶつかっていくくらいの志があれば大物になれます。

松鳳山は大分自力がついてきているようで、自分の型で勝ちに持っていけるだけの練習を積んできているみたいです。これが続けば上が見えてきます。稀勢の里は1敗しかしていません。素質と力はもう備わっているのですが、気持ちがそれについていけてないので、知らない間に勝っていた、みたいなところがあって、勝負所がチンプンカンプンなようです。朝青龍にいじめられた後遺症なのでしょうか、もっと自信を持って一気に勝てるようでないと上には行けないでしょう。

秋場所8日目

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ