FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20131011]

フール・フォー・ザ・シティ+1(K2HD/紙ジャケット仕様)フール・フォー・ザ・シティ+1(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2008/06/25)
フォガット

商品詳細を見る


75年のアルバムです。彼らの最大のヒット曲をタイトルにした代表作であります。前作でハードロック路線に踏み出しながら、このアルバムでは再びアメリカンロックバンドを手本にしたアレンジに戻っています。ファンキーだったり、爽やかなコーラスを入れてみたり、サザンロックというよりウェストコースト系のスタイルになっています。それでもFool For The CityとSlow Rideの二つのビッグシングルヒットにより人気を決定付けました。

1. Fool For The City
2. My Babe
3. Slow Ride
4. Terraplane Blues
5. Your Loving (For Me)
6. Drive Me Home
7. Take It Or Leave It

第二期ハードロック時代はアメリカの時代でもありました。イギリスではクィーンくらいで、後はアメリカンのコンパクトなハードロックが目白押しでした。パンク前夜でありますが、既にプログレのような大げさなアレンジは好まれなくなりつつありました。そしてアメリカではスタジアム級のコンサートが流行だし、ロックは大きなビジネスチャンスにもなっていました。その影響か、このバンドも思いっきりアメリカを指標したサウンドになっています。

イギリスよりも遥かに人口が多いアメリカでの成功は大きな鍵でした。ツェッペリンでさえピーターグランドの策略であえてアメリカでデビューさせる事でビッグセールスに結びつけました。ブリティッシュロックをアメリカで売ると言う図式が出来上がったのです。ですから無理にアメリカンスタイルにする必要も無いと思いますが、それが彼らの趣向だったのでありましょう。日本も含めて大きな成功を収める事に成功になりました。日本では他のバンドの成功の影に隠れている感はありましたが、この作品によってフォガットは盤石なステイタスを得る事になりました。

Fool For The City
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ