FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20131014]

Soul DressingSoul Dressing
(1991/11/05)
Booker T & Mg\'s

商品詳細を見る


65年のセカンドアルバムです。ベースでDonald "Duck" Dunnが加入して、更にバンドとしての絶頂期を迎えます。ホーンセクションも加えてサウンドは更に強力になっています。ビートロックの元になっている演奏だけに、当時のスパイ映画のサントラに使われそうなクールな曲が並んでいます。歌もののバックは嫌というほどやっているので、このバンドの作品としてはあくまでもインスト曲にこだわっています。

1. Soul Dressing
2. Tic-Tac-Toe
3. Big Train
4. Jellybread
5. Aw' Mercy
6. Outrage
7. Night Owl Walk
8. Chinese Checkers
9. Home Grown
10. Mercy Mercy
11. Plum Nellie
12. Can't Be Still

ゴーゴーやモンキーダンスで踊られるような音楽で、黒人音楽を愛するモッズが好きそうな曲ばかりです。オルガンジャズなどのソウルジャズに通じるものがあります。ジャズに比べると演奏力は低いかもしれませんが、それだけ敷居が低い音楽なので、多くのリスナーを獲得しています。本来ジャズも踊る為の音楽でありましたので、そういう意味ではハードバップ、ソウルジャズの趣旨に沿っています。

そしてこの手の音楽をコピーしていたのがヤードバーズやマンフレッドマンなどのモッズ時代のイギリスのミュージシャン達で、ビートポップスの大きな流れになっていきます。当時のビートロックバンドが全てビートルズっぽい訳じゃないのは、このバンドの影響が大きいと思います。オースチンパワーみたいなモッドな世界ですね。それは後のコーデュロイのようなアシッドジャズにも影響していきます。

Soul Dressing
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20131014]

Green OnionsGreen Onions
(1999/03/16)
Booker T & The MGs

商品詳細を見る


続きましてはBooker T. & the M.G.sの紹介です。スタックスレーベルのスタジオミュージシャンとして、数多くの作品のバックを務めていた彼らの62年のデビューアルバムです。62年といえばビートルズと同じデビューですが、その時に既にこれだけ優れた音楽を演奏していたのです。ソウルミュージックのルーツ的な作品となっていますが、その後のポップ界に与えた影響は計り知れないものがあります。

1. Green Onions
2. Rinky Dink
3. I Got A Woman
4. Mo' Onions
5. Twist And Shout
6. Behave Yourself
7. Stranger On The Shore
8. Lonely Avenue
9. One Who Really Loves You
10. You Can't Sit Down
11. "A Woman, A Lover, A Friend"
12. Comin' Home Baby

メンバーは黒人のキーボードのBooker T. Jones、ドラムのAl Jackson, Jr.、白人のギターのSteve Cropper 、ベースのLewie Steinbergという、黒人二人、白人二人の混合グループで、当時は白人と黒人が同じバンドにいるというのは珍しかったと思います。又、バックバンドをやっていただけにボーカリストがいませんので、全編インスト曲にも関わらず、永遠の名曲Green Onionsがシングルヒットして、バックバンドとしてではなく、主役としてこのバンドの名前が世界的に広まっていきます。

オーティスレディングのバックバンドとしても活躍し、Steve Cropperは後にジェフベックグループのプロデュースやBlues Brothersのバックを務めた事でも有名で、このバンドの付加価値をつけています。リズム6ブルース、ソウルミュージックの演奏なので、必要な演奏しかしていません。シンプルでありながら、その黒人音楽をかっこよく聴かせるというセンスは業界随一であります。リズム&ブルースというのは黄金のコード進行で作曲されていますので、曲が良くない訳が無いのですが、それの一番美味しいところを心得ているバンドでありました。歴史的なる名盤であります。

Green Onions
⇒ 続きを読む

[20131014]

Last Train HomeLast Train Home
(2010/06/15)
Foghat

商品詳細を見る


2010年の作品です。現在までの最新作で、アルバムタイトルからはまるでラストアルバムみたいなイメージがありますが、バンドはまだ継続されているので、次の作品が出る可能性はあります。この時点でのメンバーはスライドギターのBryan Bassett、キーボードのColin Earl、ドラムのRoger Earl、ベースのJeff Howell、リードボーカルとギターのCharlie Huhn、ギターのEddie Kirkland、ハーモニカのLefty "Sugar Lips" Lefkowitzと七人所帯になっています。

1. Born for the Road
2. Needle & Spoon
3. So Many Roads, So Many Trains
4. Last Train Home
5. Shake Your Money Maker
6. It Hurts Me Too
7. Feel so Bad
8. Louisiana Blues
9. 495 Boogie
10. Rollin' & Tumblin/You Need Love
11. In My Dreams
12. Good Good Day

ブルースロックアルバムになっていて、スワンプっぽい感じからシカゴブルースなどの幅広いブルースをフォガットスタイルで演奏しています。So Many Roads, So Many Trainsはまるでゲイリームーアがよく演奏するブルースバラード調の演奏になっています。Charlie Huhnのボーカルは相変わらずAC/DCのボンスコットみたいなので、ブルースを演奏するAC/DCみたいで、ハードロックファンも聴き応えのある作品になっていると思います。

このメンバーになってから永いので、息もぴったりで、サヴォイブラウン時代から得意のブルースロックですので、円熟した演奏が楽しめます。流石に巧いです。ライブでもだれたりしてません。もうかなりのおっさんになっていますが、演奏は衰えていません。ベテランがブルース作品を創った秀作としてSteve Miller Bandの最近の作品のように、流行に左右されずに好きなブルースを演奏させたらかなり優れた作品に仕上がったみたいな素晴らしい内容になっています。もう何の感動も無い最近のエリッククラプトンとは違って、まだまだやる気満々なところが素晴らしいです。

Born for the Road
⇒ 続きを読む

[20131014]

Family JoulesFamily Joules
()
Foghat

商品詳細を見る


2003年のアルバムです。Dave Peverett が他界した為、元テッド・ニュージェント・バンドのCharlie Huhnを加入させてバンドを存続させました。そして久々のスタジオアルバムとして本作がリリースされました。ヘヴィーなブルース作品かと思いきや、80年代ポップ的な曲もあったりと、もはやフォガットですらないようなサウンドですが、亡くなったメンバーへの敬意も含めてバンドは継続していく姿勢を見せています。

1. Mumbo Jumbo
2. Hero to Zero
3. Thames Delta Blues
4. Flat Busted (And Out Of Gas)
5. I Feel Fine
6. I'm a Rock 'n Roller
7. Hit the Ground Running
8. Looking For You
9. Long Time Coming
10. Sex With the Ex
11. Self-medicated
12. Mean Voodoo Woman
13. Voodoo Woman Blues

Charlie Huhnは歌は巧いですが、完全にアメリカのバンドみたいになっています。これはバンドの趣旨には合っていますが、少しイギリス的な部分があったからこそ聴いていたので、全くもってアメリカンロックになってしまったら興味をそがれます。フォガットらしさもあまり感じませんし、違うバンド名でやるべきだと思ってしまいますが、このバンド名で活動する事に彼らは意味を感じているようです。

ほとんどの人がバンドが現役で活動している事を知らないと思いますが、久々のオリジナルアルバムをリリースした心意気は大いに評価出来ます。ただし、もっとブギして欲しいと思うのがファン心理だと思います。I'm a Rock n' Rollerはブギスタイルですが、Charlie HuhnのボーカルはまるでAC/DCです。この路線は面白いですが、この部分はあまり拡げていません。ライブでは受けると思いますので、こういう曲を中心に作品を創れば又売れると思います。

Mumbo Jumbo
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ