FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140106]

Songs of No ConsequenceSongs of No Consequence
(2005/06/07)
Graham Parker

商品詳細を見る


2005年の作品です。バックバンドをThe Figgsと銘打っており、Rumour時代のようなロックンロール作品になっています。恐らくこれが後のRumour再結成に繋がるのだと思います。ただしThe Figgsとの作品はこれだけです。メンバーはドラムの Pete Hayes、キーボードのScott Bricklin、ギターのMike Gent、ベースのPete Donnellyです。プロデュースもPete Donnellyが行っています。バンドとしての演奏を重視しています。

1. Vanity Press
2. Bad Chardonnay
3. She Swallows It
4. Chloroform
5. Evil
6. Dislocated Life
7. Suck 'N' Blow
8. There's Nothing On the Radio
9. Ambivalent
10. Go Little Jimmy
11. Local Boys
12. Did Everybody Just Get Old?

久々のロックンロールアルバムですが、流石に昔のような勢いはありません。歌唱力も落ちていますし、演奏ももったりしています。やはりフォークロックとして曲を書いているので、ロックンロールにアレンジしてもディランっぽいのです。これはこの頃の彼のスタイルでありますから、これまでの流れでちょっとバックバンドを固めてみました的な内容だと思います。なのでThe Figgsと言うバンドは考えないで聴いた方がいいと思います。

バンドとしてアレンジしているので、いつものようなきのきいたアレンジではありません。あくまでもバンドとしてのノリで演奏しているので、とてもシンプル過ぎます。その分元気ですが、もう少し出来る人をメンバーに選んだ方が良かったのではと思います。これもパブロックのノリなのでしょうか、少しアマチュアローカルバンドみたいな感じになっています。

Bad Chardonnay
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ