FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140124]

HammeredHammered
(2002/04/22)
Motorhead

商品詳細を見る


2002年のアルバムです。再びハードロック路線に戻してきました。三人組になってから自分達の在り方に自身が無かったようですが、ここに来て開き直ったように自分達に一番あったスタイルを選択するようになったと思います。年齢的にもごまかしながら演奏しないときついですから、ハードロックの方がヘヴィメタよりもいくらか楽でありましょうから、イメージを崩さずに年齢になったスタイルに落ち着いたようです。

1. Walk a Crooked Mile
2. Down the Line
3. Brave New World
4. Voices from the War
5. Mine All Mine
6. Shut Your Mouth
7. Kill the World
8. Dr. Love
9. No Remorse
10. Red Raw
11. Serial Killer
12. The Game
13. Overnight Sensation (Live)

ライブバンドでありますから、これらの音楽をライブで再演しなければなりません。そういう意味でもあまり無理をしない演奏に留めていると思います。一番きついのはドラムのMikkey Deeでありますが、この人はまだ若いので何とか頑張っています。ギターは楽ですね。ハードロックやヘヴィメタはスケールが決まっていますので、規則正しい演奏を心がければ無理の無い演奏になっています。ごまかしがきかないのが歌ですが、Lemmyは若い頃からきつそうに歌っていますので、大目に見てもらえます。

要するにパワフルですがシンプルで無難な作品に仕上がっています。若い頃は暴走マシーンのようなイメージで聴いていましたが、この時点でもこれだと規則正しい優等生ライダーにしか聴こえません。車の流れから列を乱す事無く制限速度で走っているエコノミーカーみたいです。これなら交通安全で良いに越した事はありません。しかし、これは音楽であり、ロックなのであります。四つ葉マークをつけていても暴走するおっさんを期待する事は酷な事なのでしょうか。

Walk a Crooked Mile
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20140124]

We Are MotorheadWe Are Motorhead
(2000/05/16)
Motorhead

商品詳細を見る


2000年のアルバムです。アルバムタイトルにも現れているように、自分達を自分達でパロディー化してバンドを存続させているようです。長年やっていると自分達が何ものか分からなくなってくるときがあるようで、ストーンズもファンを満足させる為に何をやればいいのか考えながら存続しています。もはや創意工夫の意欲よりも生きながらえる事だけを考える時期に来ているのです。

1. See Me Burning
2. Slow Dance
3. Stay out of Jail
4. God Save the Queen
5. Out to Lunch
6. Wake the Dead
7. One More Fucking Time
8. Stagefright - Crash & Burn
9. (Wearing Your) Heart on Your Sleeve
10. We Are Motorhead

今回はどちらかと言うとヘヴィメタ系のサウンドになっています。ファンが望んでいる事を考えた結果なのでありましょう。そこでこのアルバムタイトルです。これぞモーターヘッドと言わんばかりの自信作なのでありましょう。セックスピストルズのカバーGod Save the Queenを取り入れている事からも、デビュー当時のパンク寄りである事を主張しているようですが、この時点でパンク寄りだと言っても何の意味もありません。誰がどう見てもパンクスピリッツは皆無だからです。

既成のロックを破壊する事がパンクの存在意義であり、既成のロックを思いっきり纏ってしまっているモーターヘッドにはパンクスプリッツはかけらも存在しません。だからなのか、God Save the Queenの緩い演奏はまるで未来が無いのは女王ではなく、ロックにこそ向けられたメッセージなのではないでしょうか。現に女王はいまだに元気で、ロックは70年代に死んだと宣言されています。そんな辛い現実を認めざるおえないアルバムであります。

See Me Burning
⇒ 続きを読む

[20140124]

Snake Bite LoveSnake Bite Love
(1998/03/09)
Motorhead

商品詳細を見る


98年のアルバムです。三人組に戻ってからはハードロック系になっているので痛快です。多少年とってきたかな、という印象もありますが、まだまだ若々しい演奏を心がけています。結構きついはずですが、この疾走感を失ってしまったらモーターヘッドの看板をおろさなければならないから必死でありましょう。でも、所々にもうきついよー、と悲鳴を上げているのが聴こえてきます。

1. Love for Sale
2. Dogs of War
3. Snake Bite Love
4. Assassin
5. Take the Blame
6. Dead and Gone
7. Night Side
8. Don't Lie to Me
9. Joy of Labour
10. Desperate for You
11. Better off Dead

年齢とともに肉体がついてこなくなるのが肉体労働の辛い所であります。ヘビメタ、ハードロックで無ければ、それなりに枯れた事をやっても許されますが、ライブで客をヘッドバンキングさせてこそのヘヴィメタでありますから、特に年配のLemmyの歌は辛そうです。元々巧くないシンガーですからつぶしはききますが、体のケアも大変でしょう。ミックジャガーもステージでは裸になりますから、年取ってもストレッチは欠かせないようです。

元気な演奏だからこそ年齢が気になってきてしまいました。無理して早いパッセージで演奏しなくてもいいと思うのですが、この辺が肉体派バンドの辛い所であります。ヘヴィメタっぽい曲もありますが、Philのギターはハードロックにしか聴こえません。だから私は気に入っています。ハードロックの勃興こそが私の望みではありますが、スタイルだけのハードロックはいりません。現状維持のロックは死であり、何も伝わってきません。

Love for Sale
⇒ 続きを読む

[20140124]

Overnight SensationOvernight Sensation
(1996/10/09)
Motorhead

商品詳細を見る


96年の作品です。ギターのWürzelが脱退して三人組に戻りました。Lemmy、Phil "Wizzö" Campbell、Mikkey Deeの三人だけで創り上げたサウンドは極力オーバーダビングを少なめにしたソリッドなものですが、ギターをステレオに振り分けたりして重厚さは演出されています。いつもの疾走感も失われておらず、メンバーが減った事を意識させないような努力が伺えます。

1. Civil War
2. Crazy Like a Fox
3. I Don't Believe a Word
4. Eat the Sun
5. Overnight Sensation
6. Love Can't Buy You Money
7. Broken
8. Them Not Me
9. Murder Show
10. Shake the World
11. Listen to Your Heart

流石にギターが二人いた時は安定感がありましたが、Phil "Wizzö" Campbell一人だけでも充分にサウンドメイキングされています。ライブを意識してか、ギターのダビングは少なめで、ギター一本だけでも成り立つようなアレンジになっています。元々が三人組なので、モーターヘッドらしくなったと思います。これまでが豪華過ぎた演奏になっていました。一人減った事はマイナスになっていません。

ただし、ヘヴィメタ系よりハードロック系になっているのは、Würzelの方がヘヴィメタ系のギタリストだったようです。三人になった事を強調するようにジャケットには三人の写真が映し出されています。いつものWar Pigは裏ジャケットにいます。テッドニュージェントやZZTOPのようなアメリカンハードロック、こっちの方がモーターヘッドらしいと私は思います。

Civil War
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ