FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140204]

Go All the WayGo All the Way
(2008/10/28)
Isley Brothers

商品詳細を見る


80年のアルバムです。ブラックミュージック界ではブラックコンテンポラリー、ブラコンが流行りだしますが、その方向性を打ち出した作品になります。前作から作曲面でキーボードのChris Jasperが主導権を握り、より都会的なA.O.R.感覚を持ったサウンドを身につけていきます。A.O.R.自体、ポップスとソウルミュージックが融合して発展したものですが、それを白人から黒人にもフィードバックしていく訳です。

1. Go All the Way, Pts. 1 & 2
2. Say You Will, Pts. 1 & 2
3. Here We Go Again, Pts. 1 & 2
4. Don't Say Goodnight (It's Time for Love), Pts. 1 & 2
5. Belly Dancer, Pts. 1 & 2
6. Pass It On, Pts. 1 & 2

都会的な大人の音楽として、ディスコとは違うダンスミュージックとしてバブル時代には欠かせないアイテムとなっていきます。クィンシーによりマイケルジャクソンがソロアーティストして成功し始めた頃でもあり、パンク一色のイギリスとは対照的にアメリカではおしゃれな音楽がもてはやされていました。イギリスでも隠れソウルファンが多くいましたが、パンク旋風の中でそれを口にするのは自殺行為でした。ですから、ポールウェラー、ジョージャクソン、エルヴィスコステロなどがカミングアウトした事は勇気のある行動だったと思います。

80年代サウンドの格となるアレンジは既にこのようなアルバムの中に秘められています。立体的な複数の楽器によりリズムにデジタルシンセによる白玉コード、日本でも山下達郎の曲のアレンジのヒントもこのグループから影響を受けています。と言う事で、多少売り上げも持ち直してきて、グループ自体としても充実しているのが分かります。全盛期は超えたと言っても、更なる進化を進めています。

Go All the Way, Pts. 1 & 2
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ