FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140419]

Four SectionsFour Sections
(1994/10/26)
London Symphony Orchestra

商品詳細を見る


87年の作品、The Four Sections for orchestraです。四つのセクションに分割された音楽で、第一楽章はストリング、木管と金管も含みます。第二楽章は2ちのビブラフォン、2台のピアノと2つのバスドラムで構成され、パーカッシヴに演奏されています。第三楽章は木管と金管が主役になりますが、ストリングも含みます。第四楽章はフルオーケストラとなります。

1. The Four Sections: Strings (With Winds And Brass)
2. The Four Sections: Percussion
3. The Four Sections: Winds and Brass (with Strings)
4. The Four Sections: Full Orchestra
5. Music for Mallet Instruments, Voices And Organ

最初の第一楽章と第二楽章はゆっくりとしたテンポで第三楽章からテンポアップし、第四楽章ではもっと速くなっていきます。分解されていた音楽がやがて一つになっていく過程が描かれていて、楽器の組み合わせによって違う感触になる。これは全ての音楽における常套手段でありますが、現代音楽であるライヒの手によれば、それが露骨なくらいに骨組みを露にしていきます。

この曲は後にリミックスにされるなど、テクノな処理をされますが、ライヒのスタイルはテクノの元祖的な存在でありますから、テクノリミックスされてもまった不自然ではありません。シンセで演奏されると全く違う表情になりますが、ライヒの場合はオーケストラという既成の楽器を使用しているだけであって、やっている事はテクノ以上に先鋭的なのであります。

Four Sections
スポンサーサイト




[20140419]

Electric Counterpoint / Different Trains, ElectricElectric Counterpoint / Different Trains, Electric
(1994/10/26)
Kronos Quartet、Pat Metheny 他

商品詳細を見る


87年のElectric Counterpointと88年のDifferent Trainsが収められたアルバムです。ライヒの作品の中でも一番有名な代表作2曲です。Electric CounterpointではPat Methenyがギターを弾いており、Different TrainsはKronos Quartetが演奏しています。どちらもロックファンに一番親しまれている作品です。

1. Different Trains: America - Before the War
2. Different Trains: Europe - During The War
3. Different Trains: After the War
4. Electric Counterpoint: Fast
5. Electric Counterpoint: Electric Counterpoint: Slow
6. Electric Counterpoint: Fast

Different Trainsは第二次世界大戦の戦前、戦中、戦後を描いており、ユダヤ人であるライヒがもしあの時代にヨーロッパにいたらどうなっていただろうか?おそらく、強制収容所行きの、全く違う汽車(Different Trains )に乗ることになっていたのではないかという発想から作曲されています。あらかじめ録音された、弦楽四重奏の演奏、ホロコーストを生き延び、アメリカに移住した人々の証言を記録したテープの言葉の断片、電気的に加工された汽車の音、サイレンの音のテープを流しながら、弦楽四重奏が生演奏を行います。80年代の作品ですから録音された言葉はサンプラーも利用されています。

Electric Counterpointはカウンターポイント第三作品目で、エレキギターとテープの音楽です。既にライヒの影響を受けたロバートフィリップがギターシーケンスを行っていますが、そのギターシーケンスによる本家本元の曲が創られたのです。あらかじめ録音された10本のギターに2本のエレクトリック・ベースにPat Methenyが生演奏を行っていきます。録音されたギターはディレイのように反復していきますが、強弱、フェイドイン、フェイドアウトというライヒ得意の手法が使われています。ミニマルによるギターオーケストレーションと言っても良いでしょう。どちらも名演、名曲であります。

Different Trains: America - Before the War
⇒ 続きを読む

[20140419]

Reich: New York Counterpoint; Eight Lines; Four OrgansReich: New York Counterpoint; Eight Lines; Four Organs
(2000/05/02)
Bang on a Can

商品詳細を見る


85年の作品で、クラリネットとテープの為の音楽です。独奏楽器とテープのための「カウンターポイント」シリーズの2作目です。カンターポイントとは対位法の事で、楽器とテープの対位法というライヒの得意技であります。奏者は事前に10のパートを録音し、そのテープと生演奏を合わせると言う手法です。

1. New York Counterpoint: Fast
2. New York Counterpoint: Slow
3. New York Counterpoint: Fast
4. Eight Lines (Octet)
5. Four Organs

クラリネットの音が電子楽器に近い音色になり、それによってニューヨークという街の波打つ活気を再現するという意図があります。切れ目なく演奏される急‐緩‐急の3楽章と言う構成です。第一楽章は6/4拍子で変ホのエオリア旋法、第二楽章は3/4拍子でホ音のミクソリディア旋法、第一楽章の二分の一のテンポで奏されます。第三楽章は再び6/4拍子で、テンポも戻ります。

Eight Linesは既に紹介しているOctetで、Four Organsも紹介済みの曲になります。どの曲もアクセント付けがキモであり、アクセントの変化によってミニマルミュージックに劇的な展開をもたらしています。ライヒの音楽現代音楽のなかでも音楽的であり、好んで演奏するアンサンブルチームが多く存在します。実験的でありながら飽きる事無く音楽を楽しむ事が出来ます。

New York Counterpoint
⇒ 続きを読む

[20140419]

Desert MusicDesert Music
(1994/10/26)
Nonesuch *cl*

商品詳細を見る


83年の作品、砂漠の音楽です。声楽とオーケストラの為の音楽でWilliam Carlos Williamsの詩からタイトルが付けられています。第五楽章まであり、それぞれ違うテンポが指定されています。ミニマルな反復もありますが、コード進行が普通にあり、それこそミニマルによる交響曲の完成度がよりグレードアップしています。

1. The Desert Music: First Movement (Fast)
2. The Desert Music: Second Movement (Moderate)
3. The Desert Music: Third Movement Part One (Slow)
4. The Desert Music: Third Movement Part Two (Moderate)
5. The Desert Music: Third Movement Part Three (Slow)
6. The Desert Music: Fourth Movement (Moderate)
7. The Desert Music: Fifth Movement (Fast)

コーラスもまるでイエスのコーラスワークのようで、イエスが得意としていたフレージングを繰り返し詩の内容をより強く届かせる効果を生み出していると思います。イエスの危機という作品は古典的な交響詩の形式をとっており、同じ言葉を違う旋律で繰り返す手法が使われていましたが、雰囲気的にはそれに近いものでありながら、全く新しい交響詩になっていると思います。

これまでの室内楽などやコーラスの為のミニマルを創り上げてきましたが、それらの手法を踏まえながらより完成度の高い作品に仕上げていると思います。ミニマルというより、フレージングの断片の繰り返しという手法は、ブルースの手法であり、そうした近代的な音楽の手法を取り入れながらより音楽的な現代音楽を創り上げています。人間の生理的な側面に即した音楽になっていると思います。

Desert Music

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ