FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140523]

NextNext
(1996/11/21)
Alex Harvey Band

商品詳細を見る


73年のセカンドアルバムです。妖しさは増大し、よりパワフルになっています。ジャケットはダサイですが、サウンドは折り紙付きです。ファーストから凄いポテンシャルを見せつけてくれましたが、更にノリノっている感じです。日本での人気はいまいちでしたが、イギリスでは人気急上昇です。

1. Swampsnake
2. Gang Bang
3. The Faith Healer
4. Giddy Up A Ding Dong
5. Next
6. Vambo Marble Eye
7. The Last Of The Teenage Idols/Parts 1-2-3

演奏はプログレに比べたらシンプルですが、安定して尚破壊力があると思います。パンク以前の流行ですから、パンクにも通じるシンプルさ、その中でも最高の演奏力を持ったバンドだと思います。訛った歌い方はバカにされがちですが、ジョンレノンもリパプール訛りで歌っていましたし、ロックにおいては訛りもかっこ良くなるのです。その典型だと思います。

当時のグラムロックのかっこいい所を全て兼ね備えたようなアレンジ、その嗅覚たるか、凄いものがあると思います。バンドでアイデアを出し合っていたのか、それとも専属のアレンジャーがついていたのかは不明ですが、イントロひとつとってもかっこいいです。これが今では全く話題にもならないのですから、音楽シーンって、どこか欠陥があるとしか思えません。このアルバムも名盤です。

Swampsnake
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20140523]

FramedFramed
()
Alex Harvey Band

商品詳細を見る


Alex Harveyとしては64年にThe Blues、69年にRoman Wall Blues、72年にThe Joker is Wild をリリースしていますが成功する事無く、現在は廃盤になっています。そして72年に結成したこのSensational Alex Harvey Bandのデビューアルバムで一気にグラムロックの渦中に入り込み成功します。ライバルだったゲイリーグリッターが巻き起こしたグラムロックはイギリスに一大センセーションを巻き起こし、ロックバンドはみんな化粧するようになっていきます。

1. Framed
2. Hammer Song
3. Midnight Moses
4. Isobel Goudie
5. Buff's Bar Blues
6. I Just Want To Make Love To You
7. Hole In Her Stocking
8. There's No Lights On The Christmas Tree Mother, They're Burning Big Louie Tonight
9. St Anthony

デビューアルバムでもカバーしていたブルース曲のFramedをこのバンドでもカバーしています。この曲を聴いただけで今までとは違う事を印象づける為でしょう。ヘヴィーでドラマティックなアレンジになっています。Alex Harveyもスコットランド訛り全開で叫ぶようになっています。メンバーはリードボーカルのAlex Harvey、ギターのZal Cleminson、キーボードのHugh McKenna 、ベースのChris Glen、ドラムのEddie McKennaの5人組です。

サウンドはアリスクーパー辺りに似ているでしょうか、Alex Harveyは決まってよこしまのシャツを着て、演劇的とも言えるような展開のパフォーマンスを繰り広げます。ハードロックやプログレは世界的に流行っていましたが、テクニックの無いバンドはグラムロックでブームを起こしていました。だからといって下手な訳ではなく、ソリッドなロックなのであります。重厚でドラマティックな名盤です。

Framed
⇒ 続きを読む

[20140523]

Alex Harvey & His SoulbandAlex Harvey & His Soulband
(1999/08/11)
Alex Harvey

商品詳細を見る


後にSensational Alex Harvey Bandを結成するAlex Harveyの64年のデビューアルバムです。スコットランド出身のシンガーで、ブルースからロックンロールのカバー曲を演奏しています。Soulbandというバックバンドを率いて、当時流行りのビートロックからモッズ好みのブラックミュージックをカバーしています。

1. Framed
2. I Ain't Worrying Baby
3. Backwater Blues
4. Let the Good Time Roll
5. Going Home
6. I've Got My Mojo Working
7. Teensville USA
8. New Orleans
9. Bo Diddley Is a Gun Slinger
10. When I Grow Too Old to Rock
11. Evil Hearted Man
12. I Just Wanna Make Love to You
13. The Blind Man

これはライブ録音になっていて、ビートルズ、ストーンズに続いて無数に出てきたビートロックバンドの一つで、商業的には成功していませんので、日本ではまだ無名でした。アメリカでは不良の音楽として差別されていた黒人音楽はイギリスではヒップでかっこいい音楽として若者の間で大流行していました。ビートルズとストーンズの成功で、これは金になると大人達が群がり、イギリスではビートロックブームが流行し、音楽シーンは一気にアメリカからイギリスに傾きました。

その時の作品ですから、かなり熱気のある演奏になっています。特にスキッフル・ブームにのっかって、後にグラムロックで名を馳せるゲイリー・グリッターとドイツで人気を得ていました。ドイツはビートルズもデビュー前に武者修行に赴いたほどロックンロールに飢えていました。まだ自国で活躍するバンドが少なかったので、イギリスのバンドが呼ばれていたのです。ヨーロッパ圏では少しは名前は知られていたようですが、ほとんど無名の時代の作品です。

Framed
⇒ 続きを読む

[20140523]

AsylumAsylum
(2004/01/06)
Cressida

商品詳細を見る


71年のセカンドアルバムにしてラストアルバムです。キーフによるジャケットなど、当時のイギリスのプログレ然としたバンドらしい作品になっています。オルガンジャズから情緒的なオーケストレーションなど、プログレバンドとしての作品のクォリティーも高いのですが、これで解散してしまいますので、プログレ全盛期に活動していないと言う事もあって、当時は知名度が低く、B級バンドのレッテルを余儀なくされています。

1. Asylum
2. Munich
3. Goodbye Post Office Tower Goodbye
4. Survivor
5. Reprieved
6. Lisa
7. Summer Weekend of a Lifetime
8. Let Them Come When They Will

現在では発掘名盤にはよく目にするアルバムで、B級バンド紹介では必ず顔を見せるバンドになっています。演奏面も曲の構成も一級品でありますが、当時はその他大勢のバンドと同じ扱いであり、商業的に成功しなかった事が尾を引いています。ただし、一般的に有名な作品だけでは物足りなくなっているロックファンにとっては必須アイテムになっているくらい、今ではある程度の評価はもらっていると思います。

音楽的な完成度で言えば当時の他のバンドよりも頭一つ抜けています。次の年の72年に活動していたかが大きなポイントであり、72年にこれ以上の作品をリリースしていれば間違いなく知名度は上がっていたはずです。それほど72年という年はキーポイントになっています。ロックの当たり年だったのです。聴く方の耳の肥え方も熟成し、それに応えられるだけの名盤が必然のように生まれた年なのであります。このバンドももう少し頑張っていればと思いますが、解散後のメンバーはその他の又B級なバンドへと分散していく事になります。隠れた名盤であります。

Full album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ