FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20140720]

Six Star GeneralSix Star General
(2003/09/02)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


73年のサードアルバムであり、彼らのラストアルバムでもあります。アルバム3枚しか残していません。実にもったいない、もっとこのバンドの歌は聴いていたい。しかし、時代は彼らを受け止めてくれませんでした。イギリスでは彼らの迫力のあるライブを体験しているので、それなりに人気はありましたが、世界的に知られる事無く解散してしまいました。

1. Proud To Be (A Honky Woman)
2. Food For Thought
3. Dream My Own Dreams
4. Lady Of The Rain
5. Stay True To Yourself
6. Black Smoke Rising From The Calumet
7. Giving Yourself Away
8. Talkin Bout My Baby
9. Let Me Down Easy
10. Fine Thing

よりロック色を強めたソウルミュージックになっています。アメリカではこの時期からソウルミュージック人気が高まり、後のディスコへと発展していきます。もう少し頑張っていればホワイトソウルとして注目されていたかもしれません。こんバンドは少し早過ぎたのです。タイミングが悪かったと言うか、ホワイトソウルの主役にはソロになったRobert Palmerが成っていきます。ロックバンドもファンクのリズムを取り入れたりするのもこの後です。

彼らもそれは分かっていたようで、ソウル色を全面に出すよりサザンロックやカントリーロックの流れを汲みながら、その中で自分達の持ち味を出そうと努力しているのは伝わってきます。逆にもろソウルミュージックをやっていた方が目立っていたかもしれません。音楽的にはいろんな要素を混ぜ合わせていますので、そういう意味では一番完成度の高い作品に仕上がっています。今ではここまでの残された3枚のアルバムを楽しむ他ありません。これも時代に取り残された名盤であります。

Proud To Be (A Honky Woman)
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20140720]

Rock \'n\' Roll GypsiesRock \'n\' Roll Gypsies
(2004/03/09)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


72年のセカンドアルバムです。ギターにJim Mullenが加わり、ドラムは John WoodsとKeef Hartleyで、パーカッションにKeef Hartleyが参加しています。キーボードはMike Deaconで、多少メンバーは変更されています。その為、サウンドは少し変わっています。ファーストではサザンロックのノリの中にプログレのようなシンセが絡んでいたりしていましたが、ロックンロール色が強くなっています。

1. So Long
2. Charley's Horse
3. Rock N Roll Gypsies
4. Falling
5. It's Getting To The Point
6. Whole Lotta Shakin (Goin On)
7. Buddy Can You Spare Me A Line
8. Angel
9. No One Ever Do
10. Forgive Us

Robert Palmerのボーカルはソウルフルですが、ロックな歌い方になるとポールロジャースを思わせる所があります。声の質が似ているのです。イギリスではハードロックからグラムロックが人気になっていた事もあり、ロック色を強くしていったのでしょうが、どちらかというとストーンズのようなノリであり、それはとてもかっこいいのですが、当時の流行に乗る事は出来ませんでした。ジャケットのようにティナターナーのようなエンターテイメントを演出していればもっと話題になっていたかもしれません。

Elkie Brooksのボーカルは常にビブラートがかかっていますが、シャウトするとまるでサックスがブロウするように声と言うより楽器の領域に入っていきます。人間離れしているのです。この絶世のボーカリストをもっと世に出すような演出があれば良かったと思いますが、そこまでのバックアップが出来ていませんでした。三拍子のバラードではまるでジャニスのようでもあり、ロックファンをしびれさせるだけの魅力を秘めています。サザンロックも流行っていましたが、いろんな要素を持っているので、的が絞れていなかったのかもしれません。それでもこのエネルギーはロックに必要な要素であり、それだけの力を持ってルバンドだったと思います。名盤です。

So Long
⇒ 続きを読む

[20140720]

Vinegar JoeVinegar Joe
(2008/08/18)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


ソウルファンクバンドのVinegar Joeの72年のファーストアルバムです。このバンドは当時の日本ではほとんど話題になっていませんが、Robert Palmerが在籍していたバンドとして、今では再評価されています。元々はDada というバンド名で活動していましたが、Robert Palmerが参加したあたりからVinegar Joeへ変更しています。イギリスのバンドですが、当時ブルーアイドソウルが少し流行っていて、白人によるソウルバンドとして活動していました。

1. Rusty Red Armour
2. Early Monday Morning
3. Ride Me Easy Rider
4. Circles
5. Leg Up
6. See the World (Through My Eyes)
7. Never Met a Dog (That Took to Me)
8. Avinu Malkenu
9. Gettin' Out
10. Live a Little, Get Somewhere
11. Speed Queen of Ventura

Robert Palmerはサイドボーカルであり、主役のリードボーカルはElkie Brooks嬢であり、この人のパワフルなダイナマイトソウルな歌が目玉です。メンバーはボーカルのElkie BrooksとRobert Palmer、ギターがPete Gage、ベースがSteve York、ドラムがRob Tait、キーボードがTim Hinkley になっています。当時のイギリスではソウルミュージックをやるバンドがいくつかありましたが、どれも時期が早過ぎた為か、成功していません。ソウルミュージックやファンクがロックファンにも浸透するのは80年代を待たなければなりませんでした。

ですから報われていないバンドではありますが、その音楽性は現在でも通用するようなパワフルでエネルギッシュなものであり、熱いバンドが少なくなっている今こそ再評価されるべきバンドだと思います。Robert Palmerも既にソウルフルな歌を聴かせていますが、それでもElkie Brooksの存在感には負けてしまうので、サイドボーカルに甘んじています。それほどElkie Brooksの歌はずば抜けているのです。それだけ才能が集結していたバンドであり、演奏もかっこいいです。名盤ですね。

Rusty Red Armour
⇒ 続きを読む

[20140720]

RoadRoad
(2011/04/12)
Mike & The Mechanics

商品詳細を見る


2011年のアルバムです。これがこのバンド最新作であり、Mike Rutherfordとしてもこれが今の所の最新作になっています。オリジナルボーカリストのPaul Carrackが脱退していて、新しいボーカリスト、黒人のAndrew Roachford、白人のTim Howarのダブルリードボーカルになっています。他にドラムにGary Wallis、ギターのAnthony Drennan、キーボードのLuke Jubyが正式メンバーとなっています。ゲストのArno Carstensもリードボーカルをとっている曲もあります。

1. The Road
2. Reach Out (Touch The Sun)
3. Try To Save Me
4. Background Noise
5. I Don't Do Love
6. Heaven Doesn't Care
7. It Only Hurts For A While
8. Walking On Water
9. Hunt You Down
10. Oh No
11. You Can Be The Rock

ボーカリストが代わったと言う事もあってか、あからさまにソウルミュージックになっています。プロデュースにはGraham Stackが加わっています。90年代的な音色を使用しながらも80年代のようなきらびやかなアレンジになっているのは、これまでと同じですが、まるで黒人ソウルミュージックの作品ではないかと思わせる曲まであります。基本的には最初からそういう音楽でしたが、黒人ボーカルが入った事で、そこをぼやかさないようになっています。

音楽的な内容で言えば、これまでの作品の中でも最高の出来映えになっています。熟練になりながらも挑戦者の心意気を持っているからでしょう。細部までこだわり抜かれたアレンジは、どの部分も無駄がありません。売り上げ的にも回復していて、良い音楽はそれだけ説得力を持っているのです。このバンドがどんなバンドだったかとか、Mike Rutherfordのジェネシスでの経歴など関係なく、間違いなくこのアルバムは近年でも素晴らしい内容を持った名盤に仕上がっています。これからも作品が出るのが期待出来そうです。

The Road
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ