FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150103]

Brother Where You Bound: RemasteredBrother Where You Bound: Remastered
(2002/07/30)
Supertramp

商品詳細を見る


85年のアルバムです。オリジナルメンバーで多くの曲でリードボーカルをとっていたRoger Hodgsonが脱退して彼抜きの4人で制作されました。ほとんどのヒット曲を歌っていたRoger Hodgsonがいなくなった事で売り上げは激減してしまいますが、残されたメンバーで新たにサウンド固めに入りました。プロデュースはDavid Kershenbaumで、心機一転のスタートとなりました。

1. Cannonball
2. Still in Love
3. No Inbetween
4. Better Days
5. Brother Where You Bound
6. Ever Open Door

ピンクフロイドのDavid Gilmour やシンリジーのScott Gorhamが今度はギターで参加しています。80年代サウンドに染まりながらもメランコリックなポップ性からよりA.O.R.感覚を突き抜けて、ジャズっぽいアレンジになったり、フュージョンっぽくなったり、ポップではありますが、演奏面に重点が置かれるようになっています。まろやかにポップまとまっていたものを、その少し以前の元ネタに戻したようなスタイルになっています。

つまり、完成度を下げてきたのです。しかし、完成度を下げた事によって自由に拡げられる柔軟性を手に入れています。完全に完成されたものは崩しにくいですが、完成される前の段階ならいかようにも変更がききます。つまり、一つの方向性に縛られなくなっているのです。これはバンドにとっては伸びしろが増えた事になりますが、それはファン離れにも繋がっていきます。

Cannonball
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150103]

Famous Last WordsFamous Last Words
(2002/07/30)
Supertramp

商品詳細を見る


82年のアルバムです。前作があまりにも売れた為に、3年もインターバルを置いてリリースされました。一度ヒットを出してしまうと同じレベル以上のものを期待されてしまいますので、かなりのプレッシャーがあったと思われます。プロデュースにはPeter HendersonとRussel Popeの二人が加わっています。時代は80年代ポップスの時代になっていて、MTVという強力な武器が当たり前になっていました。彼らもこれらを利用して再びのヒットを狙っています。

1. Crazy
2. Put On Your Old Brown Shoes
3. It's Raining Again
4. Bonnie
5. Know Who You Are
6. My Kind Of Lady
7. C'est Le Bon
8. Waiting So Long
9. Don't Leave Me Now

前作で創り上げたスタイルを継続した形になっていて、無理にスタイルを固めた訳ではないので、難なく同じくらいのレベルの作品を創っています。しかし前作ほどのインパクとがありませんでしたので、少し劣りますが、前作からの人気をそのまま引き継いだ売り上げになっています。ハートのAnn WilsonとNancy Wilson 姉妹がPut On Your Old Brown ShoesとC'est Le Bonでバックコーラスで参加しています。

デジタルシンセなど80年代らしいサウンドを取り入れながらも、これまでの自分達で創り上げてきたサウンドですから、違和感無くヒット曲を出しています。Crazy、Don't Leave Me Now、It's Raining Again、Waiting So Long、My Kind of Ladyの5曲のシングルヒットをMTVの力を借りて出しています。前作ほどのヒットにはなっていませんが、MTVの影響力は絶大であり、このアルバムも世界的なヒットとなっています。

Crazy
⇒ 続きを読む

[20150103]

Breakfast in AmericaBreakfast in America
(2002/06/11)
Supertramp

商品詳細を見る


79年のアルバムです。プロデュースにPeter Henderson,が参加して、世界的に大ブレイクしたビッグヒットアルバムです。これまでのメランコリックなポップ感覚がよりA.O.R.感覚に洗練されてシングルヒット出来るまで完成度を高めた作品で、アルバムタイトルからアメリカのバンドだと勘違いされるほどアメリカ的なポップソングになっています。プログレバンドだったはずと言う印象はありつつも、このアルバムの印象が一番強く残されました。

1. Gone Hollywood
2. The Logical Song
3. Goodbye Stranger
4. Breakfast In America
5. Oh Darling
6. Take The Long Way Home
7. Lord Is It Mine
8. Just Another Nervous Wreck
9. Casual Conversations
10. Child Of Vision

The Logical Song、Goodbye Stranger、Breakfast in America、Take the Long Way Homeの4曲のシングルが大ヒットして、スーパートランプの名前は日本でもメジャーな存在となりました。L.A.サウンドと自分達の音楽を見事に一つにまとめあげた一つの到達点であります。グラミー賞にも輝き、当時は知らない人はいないくらいの大ヒットとなりました。プログレの壮大さは感じませんが、80年代の到来を予感させる新鮮さがありました。

シングルヒット曲が多いですが、アルバム全体も統一感があり、アルバムも世界的にNo.1ヒットとなり、プログレバンドというイメージからヒットメーカーの仲間入りを果たしました。ただし、爆発的に売れたのはこのアルバムのみですから、スーパートランプと言えばこのアルバムのイメージだけが強く残ってしまい、そのイメージから脱却出来ないと言うジレンマに陥ってしまいます。それでも自分達の音楽を曲げて創られたヒットではありませんので、立派な成功作品だと思います。歴史的な名盤です。

Gone Hollywood
⇒ 続きを読む

[20150103]

Even in the Quietest Moments..Even in the Quietest Moments..
(2002/06/11)
Supertramp

商品詳細を見る


77年のアルバムです。ついにイギリスを脱出してアメリカに定住してからの作品になります。イギリスで高い税金を払うよりアメリカに移り住んで、大きなアメリカの市場をターゲットにした方が儲かるのは誰が見ても明らかであり、彼らはそれを選びました。しかし音楽的にはイギリスらしいアコースティックなフォークシンフォニックロックであります。ポップではありますが、プログレのスケール感は失っておりません。

1. Give A Little Bit
2. Lover Boy
3. Even In The Quietest Moments
4. Downstream
5. Babaji
6. From Now On
7. Fool's Overture

イギリスではパンク旋風が巻き起こり、オールドウェイヴなバンドはこぞってアメリカ的なサウンドに変身してアメリカをターゲットにするようになっていきます。分かり易いのはグラハムボネット以降のレインボーえあり、究極以降のイエスであります。サウンドの質感ががらっと変わりましたし、コード進行も変わりました。そしてアメリカに移住したこのバンドもアメリカ的な質感になっていますが、音楽自体は非常にイギリス的である事がユニークであります。

歌はアメリカのシンガーソングライターあたりに近く、A.O.R.感覚のフォークロックという感じです。しかし、それだけではなく、イギリス的なトラッド感とプログレのような雄大さを兼ね備えている事がこのバンドの凄さです。次回作から完全にアメリカのポップスを取り入れていきますので、その前のイギリスの香りを残した作品と言えるでしょう。勿論これも大ヒットしていますが、次のビッグヒットの前ではかすんでしまいがちです。日本でも有名になっていますが、まだそれほど大きなヒットにはなっていません。

Give A Little Bit
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ