FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150124]

Man in the MoonMan in the Moon
(2002/10/15)
Nektar

商品詳細を見る


80年のアルバムです。中心人物のDave Nelsonが脱退してバンドはほぼ解散状態にあったのですが、メンバーを入れ替えてもう一度挑んだ作品です。ギターにRoye Albrighton、ベースにCarmine Rojasが新しく加わっています。サウンドは完全に80年代のアメリカンプログレスタイルであり、安っぽい感じがしますが、それでもプログレらしい展開を貫いています。

1. Too Young To Die
2. Angel
3. Telephone
4. Far Away
5. Torraine
6. Cant Stop You Now
7. We
8. Youre Alone
9. Man In The Moon
10. Impossible Years (Too Young To Die)
11. Straight Jacket

ここで踏ん張ってMTVも利用していけばメジャーヒットする事も可能だったと思います。しかし、このアルバムを最後にバンドは正式に解散してしまいます。Dave Nelsonがいなくなった事はそれだけ痛手だったのです。売れなくてもDave Nelsonがいればバンドはもったと思います。ポップさも巧く料理しますので、恥じる事無く80年代サウンドを取り入れてPVも創ればきっとヒット曲が出たと思いますが、そこまで気力はなかったようです。

随所にニューウェイヴのようなサウンドが入っていて、シンセベースも使っています。フォリナーのようなアメリカンプログレにもなっていますが、プログレバンドらしい曲の展開もあって、軽薄にならずに最後まで自分達らしさを持ち続けていたと思います。いとも簡単に時代の音を吸収していますので、かなり器用なバンドだったと思います。

Too Young To Die
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150124]

Magic Is a ChildMagic Is a Child
(2014/01/21)
Nektar

商品詳細を見る


77年のアルバムです。アメリカに出向いてレコーディングされています。しかし、アメリカでの売り上げも落ち始めていきます。時代はディスコからパンク、ニューウェイヴの時代になっていきますので、プログレの時代は終わったのです。しかし、生き残りをかけてアメリカンプログレのようなスタイルに変わっていきます。彼らはアメリカンプログレバンドは手本としておらず、アメリカン向けになったイエスのスタイルを手本にしているようです。

1. Away from Asgard
2. Magic Is a Child
3. Eerie Lackawanna
4. Midnight Light
5. Love to Share (Keep Your Worries Behind You)
6. Train from Nowhere
7. Listen
8. On the Run (The Trucker)
9. Spread Your Wings

メンバーのAlan "Taff" Freemanもシンセを演奏するようになります。アナログシンセのサウンドメイキングが出来なかったのでしょうね、Larry Fast からプログラミングの仕方を教えてもらってから、やっと自分達でも演奏するようになっています。ポップなシンフォニックロックでありますが、アメリカ的なサウンドよりヨーロッパ的なサウンドになっています。ですからアメリカでの人気も徐々に下降線になっていきます。

音の方はどんどん洗練されていってフュージョン的なアレンジもA.O.R.感が出ています。こうしたセンスはイギリスのバンドには少なかったので、彼らなりに研究して自分達のものにしています。ここは流石に素晴らしい嗅覚だと思います。演奏力も格段に上がっていて、コーラスワークも安定しています。実に素晴らしいバンドへと成長しています。彼らも大物バンドと同じく評価されるべきバンドである事は間違いありません。

Away from Asgard
⇒ 続きを読む

[20150124]

RecycledRecycled
(1998/06/30)
Nektar

商品詳細を見る


75年のアルバムです。ポップな曲を展開してのコンセプトアルバムとしては、その完成度を高めた名作です。ゲストのLarry Fast によるシンセサイザーも加わって、シンフォニックなプログレアルバムになっています。変拍子も交えてのめくるめく展開は正にプログレそのものであり、ポップな部分とプログレ感のバランスが素晴らしい。ちょうどイエスと10CCの中間のようなサウンドになっていると思います。

1. Recycle
2. Cybernetic Consumption
3. Recycle Countdown
4. Automation Horroscope
5. Recycling
6. Flight To Reality
7. Unendless Imaginations
8. Sao Paulo Sunrise
9. Costa Del Sol
10. Marvelous Moses
11. It's All Over

後の80年代のプログレの手本となるようなサウンドが何カ所も見受けられます。フュージョンのようなファンキーな演奏もありますが、それもプログレの範囲内であり、間違いなくプログレの名盤であります。アメリカでも売れていますが、アメリカを意識していると言うより、イギリスのプログレに近いと思います。たとえばジェネシスのブロードウェイ辺りです。

プログレ人気も落ち着いてきていて、プログレが次の段階に入っていた時期であり、それがアメリカをターゲットにするようになっていくのでが、このバンドは既にアメリカをターゲットにしていて、その上でヨーロッパのバンドらしさも出すようになっています。ドイツのバンドですから独自の道を歩いているバンドですから、独特の進化を遂げています。こんなに日本人好みのサウンドなのに、何故日本で売れなかったのか不思議でなりません。

Full Album
⇒ 続きを読む

[20150124]

Down to EarthDown to Earth
(2013/06/04)
Nektar

商品詳細を見る


74年のアルバムです。前作がアメリカで手応えがあったので、アメリカをターゲットにするようになっていき成功します。コンセプチュアルなアルバムですが、ホーンセクションを加えたりして、ポップでニューソウルなアレンジも加わっています。全体的な流れはプログレの趣でありますが、各楽曲がポップに仕上がっています。

1. Astral Man
2. Nelly The Elephant
3. Early Morning Clown
4. That's Life
5. Fidgety Queen
6. Oh Willy
7. Little Boy
8. Show Me The Way
9. Final

アメリカ的なソウルフルでフュージョンライクなアレンジでも、ポップ感覚はブリットポップのような雰囲気を持っているので、ヨーロッパ圏でも親しみ易くなっています。まだ他のプログレバンドはアメリカをターゲットにしていませんので、その後のアメリカンプログレのようなサウンドではなく、彼らなりに考えたアメリカ受けするサウンドを創っているようです。普通のプログレよりも聴き易いスタイルなので、アメリカでは好意的に売れるようになっていきます。

P. P. Arnoldなdのバックコーラス、ホーンセクションと、バンド以外の音も加えていますが、ここにきてもまだシンセサイザーは使用していません。ですから、プログレっぽい感じで演奏しても他のバンドには無い独特の雰囲気を持っています。ドイツに渡ってガラパゴス的な進化をしているプログレと言う事になります。全体的にはサーカスのような雰囲気を創っているアルバムですが、フュージョンのようなアレンジが加わって、オリジナリティー豊かな作品となっています。名盤です。

Astral Man
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ