FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150227]

Mark Farner: Just Another Injustice/Some KiMark Farner: Just Another Injustice/Some Ki
(2003/02/04)
Mark Farner

商品詳細を見る


91年のアルバムです。グランドファンク時代の名曲をタイトルに、セルフカバーしています。ゴスペル調のファンキーな曲で、グランドファンクのバージョンの方が遥かに良いですが、新しいアレンジも女性バックコーラスがついていて悪くありません。まったく古くさく感じませんし、これはこれで良いのでしょう。

1. Some Kind Of Wonderful
2. Love From Above
3. Without You
4. Not Yet
5. Attitude Of Gratitude
6. All The Way
7. With Me Anywhere
8. Conflict
9. The Vision
10. Well Done

グランドファンクの栄光にすがりついているようにも感じますが、見方を変えると、現在の曲もアレンジをかえるとグランドファンクになってしまうのであって、見せ方できちんと自分を見失わずに時代に合わせているのだという表明であるのでしょう。ファンキーな曲も、これまではハードロック仕立てで聴かせていたのを、ストレートにファンキーに演奏したりしています。これは正に70年代のファンクロックであります。

タイトル曲はもとより、曲が実に良いです。ソロになってからも良い曲を書いています。心に残る曲です。心に残らない曲が多くなった時代に、こうした曲が売れないと言うのは問題です。ギタリストとしては普通かもしれませんが、適切なフレーズを演奏します。それは作曲能力が優れていると言う事であり、そしてシンガーとしてはアクはありませんが、心に届く声を持っていると思います。こんな優れたミュージシャンの作品が埋もれているのはもったいないです。名盤であります。

Some Kind Of Wonderful
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150227]

Wake Up... [Import, from US]Wake Up... [Import, from US]
(1989)
Mark Farner

商品詳細を見る


89年のアルバムです。前作とほぼ同じようなサウンドになっています。少し80年代ポップスを意識し過ぎているような印象があります。前作ではまだ曲が良かったので80年代臭さは気になりませんでしたが、ここまであからさまに80年代スタイルになってしまうと、そりゃグランドファンクファンは黙っちゃいないと思います。

1. Wake Up
2. Into The Light
3. New Age
4. Come To Me
5. In Your Sight
6. Upright Man
7. Rocco
8. If It Wasn't For Grace
9. Love Power
10. Role Model
11. Like I Was Before

ポップになるのは良いと思います。80年代のスタイルを取り入れるのも良いでしょう。しかし、そこは使い方のセンスが問われる訳で、前作ではまだセンスの良さがありましたが、このアルバムはどうもそこの集中力が失われているように感じます。良い曲もありますが、後一工夫で何とかなるのにもったいない感じがします。

同じ80年代スタイルですが、完成度が高かった前作に比べて雑な感じがします。もしくは前作のアウトテイクを集めたものかもしれません。それをそのまま出してはダメでしょう。良く練り込まれた曲が後2、3曲あれば印象が違っていたと思いますが、これは流石のマークファーナーの歌でもいらないものです。

In Your Sight
⇒ 続きを読む

[20150227]

Mark Farner: Just Another Injustice/Some KiMark Farner: Just Another Injustice/Some Ki
(2003/02/04)
Mark Farner

商品詳細を見る


88年のアルバムです。グランドファンクの再結成などをやっていましたが、久しぶりのソロアルバムになります。さすがに80年代サウンドになっています。デジタルシンセにシーケンサー。曲調も80年代風ですが、作曲能力が他と違います。歌の巧さが他とは違います。ですから、80年代サウンドになってもマークファーナーなのです。80年代ポップスとしても売れる曲を書いていると思います。しかし、何故これが売れないのか。

1. Airborne Ranger
2. Judgment Day Blues
3. Isn't It Amazing
4. Come To Jesus
5. Give Me The Works
6. An Emotional Look At Love
7. Workin' For The Winner
8. Just Another Injustice
9. The Writing On The Wall
10. Only You

グランドファンクのイメージが彼のソングライターとしての才能を曇らせていると思います。歌も格段に巧いです。80年代のヒット曲なんて問題にならないくらいに良い曲を創っています。なのに売れない。おかしな話です。きちんと時代に合わせた曲を創っていますし、古くさい感じはまったくありません。80年代前半ならまだ良いと思いますが、後半になっていても有用な曲を創っています。

80年代風のアレンジになりながらも歌がグランドファンクですから、他とは格段にレベルが違います。音楽的にはかなり完成度の高い作品だと思います。ヒットチャートに流れていてもおかしくないサウンドです。しかし、グランドファンクファンが許さないのでしょうか、かなりポップになっていますが、テンションはグランドファンクそのものだと思います。売り方に問題があったのだと思います。80年代の代表的な作品と肩を並べても全く見劣りしていません。

Airborne Ranger
⇒ 続きを読む

[20150227]

No FrillsNo Frills
(2008/04/08)
Mark Farner

商品詳細を見る


78年のアルバムです。プロデューサーは当時はまだ無名だったJimmy Iovine。ほぼトリオ編成で演奏されていて、ドラムがAndy Newmark、ベースがDennis Bellingerです。他の楽器はMark Farnerが演奏しています。グランドファンク時代のようにサザンファンクなリズムのアメリカンハードロックをポップに演奏しています。特に後期グランドファンクが好きな人にとっては十分にカッコいい作品になっています。

1. He Sent Me to You
2. If It Took All Day
3. When a Man Loves a Woman
4. Faith Keeps It Away
5. Crystal Eyes
6. Just One Look
7. All the Love You Give Me
8. Cool Water
9. Without You

When a Man Loves a Woman やJust One Look のようなカバー曲も、まるでオリジナルのようにしっくりくる歌い方になっています。ソリッドなハードロックに、グランドファンク時代に関わったトッドラングレンのポップ感覚が合わさって、実に心地良いアメリカンロックになっています。グランドファンクの時はロコモーションをカバーして、彼らの代表曲になるくらい自分達のものにしていましたが、カバー曲でも自分のカラーにして演奏出来るセンスを持ち合わせているようです。

オリジナル曲も良い曲ばかりです。これだけの曲があればグランドファンクも持続出来たはずですが、ソロになった事で、彼がいかに重要な鍵を握っていたかが分かります。ガンズアンドローゼズもグランドファンクの影響を受けていますので、ガンズファンでも気に入ってくれると思います。ただ、この時代は第二期ハードロックブームであり、若手ばかり注目されて、彼のソロ作品はあまり陽の目を見ないでいました。もったいないくらいに素晴らしい名盤だと思います。

Full Album
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ