FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150307]

ManoeuvresManoeuvres
(2011/01/24)
Greg Lake

商品詳細を見る


83年のアルバムです。ソロアルバムはここまdねお2枚だけになっています。この頃はライブも行っていて、そのバックメンバーで録音されています。メンバーはギターがGary Moore、ベースがTristian Margetts 、キーボードがTommy Eyre、ドラムがTed McKenna です。グレッグはベーシストとして有名ですが、本来はギタリストです。しかし、彼がいたバンドにはロバーフィリップがいたり、ギターレスのEL&Pにいましたので、EL&Pではたまにギターも弾いていましたが、ソロになってからはギターとボーカルだけを担当しています。

1. Manoeuvres
2. Too Young To Love
3. Paralysed
4. A Woman Like You
5. I Don't Wanna Lose Your Love Tonight
6. It's You You've Gotta Believe
7. Famous Last Words
8. Slave To Love
9. Haunted
10. I Don't Know Why I Still Love You

ハードロック調というより、80年代サウンドで創られています。しかし、グレッグが歌うと別格になりますから、他の80年代サウンドの軽薄な感じがまったくしません。アレンジは80年代特有のもので陳腐なのですが、彼の歌声がゴージャスな雰囲気に変えています。このアンバランスな感じがポップスファンには届かず、プログレファンからは軽視される原因になっています。

しかし、この軽薄な感じがそのままエイジアに繋がっていきます。エイジアは80年代の商業ロックが生み出した典型的なバンドですから、そのヒントにもなっていると思います。テクニックのあるミュージシャンがあえてシンプルに演奏するプログレ崩れがバカ売れする時代でした。しかし、彼らが最終的に向かっていくのは、バンドの再結成でした。それこそがファンが求めているものだったからです。ゲイリーのギターもたいしたものは弾いていません。ですからグレッグの歌だけが価値のあるものになっています。

Manoeuvres
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150307]

Greg LakeGreg Lake
(2011/01/24)
Greg Lake

商品詳細を見る


Paul Rodgersと共にほれぼれするような歌声の持ち主がGreg Lakeです。クリムゾンからEL&Pと歴史的な作品の中で、彼の歌声は間違いなくロックの歴史の一部でありました。EL&P解散後、81年にリリースされたファーストソロアルバムです。このアルバムの目玉は当時ロックフィールドでも有名になってきたGary Mooreが参加している事です。昔から競演したいミュージシャンとしてジミヘンを挙げていましたから、Gary Mooreのようなロックギタリストとの競演はやっとキースエマーソンから解放された喜びに溢れていた事でしょう。

1. Nuclear Attack
2. Love You Too Much
3. It Hurts
4. Black and Blue
5. Retribution Drive
6. Long Goodbye
7. The Lie
8. Someone
9. Let Me Love You Once Before You Go
10. For Those Who Dare

これまではプログレ作品ばかり創っていましたから、まったくのハードロックサウンドと言うのは珍しいですが、その中でも彼の歌声はシビレます。他にもSteve Lukather、Michael Giles、Jeff Porcaro 、Clarence Clemons などが参加しています。ゲイリーは作曲もしていて、ハードな曲が多いのですが、やはりバラードでの歌声がたまりません。彼もその事は分かっていると思いますが、プログレから解放されて、やっとストレートなロックがやれる事の方が嬉しかったようです。

しかし、ファンが望んでいるものではありませんから、この後はプログレ系に関わって、EL&Pの再結成に至ります。ポップな曲を歌ってもほれぼれしますが、既に渡辺徹化が始まっていますから、若い女性を魅了するには難しくなっています。それでも彼の歌はロック界の宝ですから、こうした音源もありがたいものです。ハードロックを歌わせても別格であり、こうしたシンガーが本来は沢山登場しないとロック界もいつまでも素人の集まりに甘んじてしまいます。

Nuclear Attack
⇒ 続きを読む

[20150307]

Royal SessionsRoyal Sessions
(2014/02/04)
Paul Rodgers

商品詳細を見る


2014年のアルバムで、最近までの最新作になります。ソウル系のスタジオミュージシャンを招いて、リズム&ブルースソウルミュージックのカバーアルバムになっています。彼の歌はソウル系に向いています。ブルースも良いですが、ソウルのような歌い上げる唱法の方がハマっていると思います。昔は黒人のように歌える白人は少なかったのですが、スティーヴィーウィヌッドと彼の場合は黒人そのもののような声と歌唱力で、当時は憧れの的でした。その中でもソウル系の方が歌の巧さが光っています。

1. I Thank You
2. Down Don't Bother Me
3. I Can't Stand The Rain
4. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)
5. That's How Strong My Love Is
6. Walk On By
7. Any Ole Way
8. It's Growing
9. Born Under A Bad Sign
10. I've Got Dreams To Remember
11. Shake
12. Walk In My Shadow
13. Wonderful World

バックミュージシャンの抜群の演奏力がこの作品の完成度を高めています。そして気持ちよく歌うPaul Rodgers。これほど優れた、力のある音楽は久しくありませんでした。Paul Rodgersもロック系よりもこちらの方がしっくりきます。しかもファルセットまで綺麗に決めますからたまりません。黒人でも最近はここまで歌えるシンガーは少ないと思います。ほれぼれするようなシンガー。Paul Rodgersの面目躍如です。

バックミュージシャンの演奏によるグルーヴも心地良いです。60年代と違って、ジャストなタイミングによる演奏ですが、しっかりグルーヴを生み出している所は流石です。それをバックに歌う事によってPaul Rodgersの歌にも何かが宿っています。これこそがソウルミュージックであります。全然歌は衰えていません。ロックフォーマットでは無理をしていたのです。この系統で良いと思います。無理にロック作品を創る事はありません。自分に合った音楽をこれからも歌っていってもらいたいと思います。素晴らしい名盤です。

I Thank You
⇒ 続きを読む

[20150307]

Cosmos RocksCosmos Rocks
(2008/10/28)
Queen、Paul Rodgers 他

商品詳細を見る


ブライアンメイとのセッションからBrian MayとRoger TaylorにPaul Rodgersに加わる形で、そのままQueen とPaul Rodgersへと発展していき、ライブをこなして制作された2008年の唯一のスタジオアルバムになります。全て彼らによる新曲になっています。冒頭、誘惑のロックンロールのようなフェイザーのかかった懐かしいギター音が飛び出してきます。Brian MayとRoger TaylorがいればバックコーラスはQueenですから、フレディー無きQueenはあり得ませんが、+ Paul Rodgersと言う事であれば有りなのかもしれません。

. Cosmos Rockin
2. Time To Shine
3. Still Burning
4. Small
5. Warboys
6. We Believe
7. Call Me
8. Voodoo
9. Some Things That Glitter
10. C-Lebrity
11. Through The Night
12. Say It's Not True
13. Surf's Up...School's Out

John Deaconは既に引退していますから、ベースはBrian MayとPaul Rodgersが演奏しています。完全に巧く化学反応している訳ではありませんが、お互いにこれまでに無かったようなスタイルも生み出していますので、そこは融合して良かった部分だと思います。ですからQueenの新作だとは思わない方が良いです。全くの別のバンドであります。Brian May のギターもあれから進化していますから、昔とは違った演奏もこなしています。

このバンドが続かなかった事は、Paul Rodgerがバドカンの再結成の方に意欲的だったからで、このままバンドとして固めていっても良かったと思いますが、Paul Rodgersにとっては異種格闘技の領域だったのでありましょう。それでも新しい領域に踏み込んだ感じがして、決して無駄な交わりでは無かったと思います。それでもバンドはボーカリストを中心に曲を固めていきますから、どうしてもQueenそのものにはなりきれていません。Queenは名乗る必要なかったと思います。

Cosmos Rockin
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ