FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150405]

Bert and JohnBert and John
(2008/03/12)
Bert Jansch

商品詳細を見る


66年のアルバムで、Bert Janschと共にトラッドギターの改革を行っていたJohn Renbournとコラボレートした作品です。このコラボレートが後のPentangleの結成へと繋がっていきます。同じ志しを持った二人は互いに刺激しあい、トラッドギターに新しい革命を興しました。ギターとギターとのコールアンドレスポンス、ジャズの要素をトラッドに吹き込んだのです。

1. East Wind
2. Piano Tune
3. Goodbye Pork Pie Hat
4. Soho
5. Tic-Tocative
6. Orlando
7. Reds Favourite
8. No Exit
9. Along The Way
10. The Time Has Come
11. Stepping Stones
12. After The Dance

Charles MingusのGoodbye Pork Pie Hatをカバーしているので明白ですが、二人がこの作品で演奏しているのはアコースティックギターでありますが、その奏法はジャズギターであります。2台のギターの響き、アンサンブル、John Renbournのギタープレイは流麗ですので、Bert Janschのゴツゴツしたプレイと共鳴して、スリリングな緊張感を生み出しています。空気が張りつめているのに美しく響くギターの音色が心地良いです。

同じ志しを持っていながら、二人のギターは別の進化をしているので、化学変化が起こっています。この化学変化をより明確にしたのがPentangleと言うバンドでした。イギリスのトラッドブームの中でもこの二人は異色なのであります。トラッドフォークをまったくの別物に生まれ変わらせました。ですからロックファンにとっても魅力的な音楽となりました。若い人がトラッドフォークを始めるきっかけを作ったのです。トラッドフォークをただの古くさい音楽だと思っている人はしょんべんをちびります。

East Wind
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150405]

Jack OrionJack Orion
(2008/03/12)
Bert Jansch

商品詳細を見る


66年のサードアルバムです。初期の代表作になります。プロデューサーはBill Leaderです。トラディショナルな曲のカバーが多いのですが、かなり個性的なアレンジになっています。彼の目的なフォークギターの改革であり、新しいギター奏法を追求した結果、カバー曲での演奏が分かり易いとカバー曲を多く演奏しています。それがまるでオリジナル曲のように独特な曲に生まれ変わっているのです。

1. The Waggoners Lad
2. The First Time Ever I Saw Your Face
3. Jack Orion
4. The Gardner
5. Nottamun Town
6. Henry Martin
7. Blackwaterside
8. Pretty Polly

フォークソングですから、スリーコードであり、アルペジオによる演奏となりますが、そのアルペジオの構築が独特なのです。前作ではテンションコードのように響かせていました。それにインド音楽、シタールのような奏法を加えてサイケデリックな響きを持たせているのです。これが後のジミーペイジに影響を与えます。特にBlackwatersideをそのまんまパクったツェッペリンのBlack Mountain Sideは有名です。初期の頃のツェッペリンにはこうしたサイケな響きを持った曲があったのです。

ギターの奏法を新しく生み出すのは、新しい科学的な発見と同じくらいの価値があります。新しい奏法を生み出す事で他のギタリストとは違うと差別化を計って、当時は個性的なギタリストが多く誕生しました。80年代以降、シンセの時代になってからギタリストの個性が無くなっていきますので、バートヤンシュはとても貴重なギタリストなのであります。こうした革新的な事がジャズやロックだけでなく、フォーク界にも生まれたのが60年代後半の激動の時代でありました。歴史的な名盤です。

The Waggoners Lad
⇒ 続きを読む

[20150405]

It Don\'t Bother MeIt Don\'t Bother Me
(2008/02/26)
Bert Jansch

商品詳細を見る


65年のセカンドアルバムです。今回のプロデューサーはNathan Josephです。ファーストとは明らかに音の鮮明さが違っています。何よりもギターの奏法が変わっています。フォーク調の曲に変わりはありませんが、開放弦を利用した独特のボイシングによるギタープレイは、ジミーペイジがアコースティックギターを演奏する時に参考になるような奏法がここで始まっています。

1. Oh My Babe
2. Ring-A-Ding Bird
3. Tinker's Blues
4. Anti Apartheid
5. The Wheel
6. A Man I'd Rather Be
7. My Lover
8. It Don't Bother Me
9. Harvest Your Thoughts Of Love
10. Lucky Thirteen
11. As The Day Grows Longer Now
12. So Long (Been On The Road So Long)
13. Want My Daddy Now
14. 900 Miles

テンションコード、分数コードというジャズ的な音構成をフォークギターに応用しています。ギターでのコードの押さえ方にはいくつかのパターンが存在します。チューニングを変えれば更にその幅は増えていきます。どう押さえるかは、弾き易い事がまず第一に考えられます。コード進行の流れで、楽にフォームチェンジ出来る事が最優先になります。それ以外に優先されるとすれば響きです。よりイメージに近い響きを出せるフォームで押さえる事が重要です。そこで独特な押さえ方が考えられるのです。

コードブックに載っている押さえ方は誰でも使用しますから、オーソドックスな響きになります。しかし、独特な押さえ方を考え出せば独特な響きを生み出せるのです。60年代後半から70年代始めにかけては、その独特な響きを追求するギタリストが数名しました。代表的なのがキースリチャードですが、このバートヤンシュもその代表的なギタリストなのです。ファーストではまだオーソドックスな押さえ方でしたが、このアルバムから独特の響きが生まれ始めています。

Oh My Babe
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ