FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、Eggsと SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
Eggs SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150515]

Invisible MenSpace Invader
(1998/07/14)
Ace Frehley

商品詳細を見る


2014年のアルバムで、最近までの最新作になっています。ジャケットにはキッスのメーキャップをしたエースが映っています。もうこれが全てを物語っています。ソロとして自分なりの道を模索していたのを止めて、キッスでやっていた事をそのまま受け継いだスタイルになっています。もうキッスそのまんまであります。古いとかそんな事はどうでもよくて、これこそがファンが求めているサウンドであり、これ以上のものは必要ないのであります。

1. Space Invader
2. Gimme a Feelin' (Radio Edit)
3. I Wanna Hold You
4. Change
5. Toys
6. Immortal Pleasures
7. Inside the Vortex
8. What Every Girl Wants
9. Past the Milky Way
10. Reckless
11. The Joker
12. Starship

まったく迷いも無くキッスの初期の頃のロックンロールをそのまんまやっています。ある意味これは悟りの境地に達した清々しさを感じます。これ以上のものはキッスファンは何も求めていないのです。飽きられないように新しいものを取り入れていくのはプロの身だしなみかもしれませんが、本当のファンはただロックンロールとばか騒ぎしたいだけなのです。本家キッスがそれを見失っていますので、これは正に一人キッス状態であります。

エースが書く曲はどちらかと言うとジーンシモンズが書く曲に似ています。ポールのようにロマンティックなキャラクターではないので、ジーン寄りです。何も着飾っていない、メーキャップしたままのエースがここにいます。ファンも大熱狂でこの作品を迎え入れ、これも商業的に成功しています。中学生でもコピー出来るギター、これこそがロックンロールなのであります。何もカッコつける必要はないのです。シンプルだからこそ本能に訴えかける潔さ、理屈は何の足しにもなりません。Drive Me Crazy 大いに狂っていきましょう。ファンにとっては文句無しの名盤です。

Space Invader
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ