FC2ブログ


アルバムを紹介する音楽ライブラリー、及び映画、格闘技、コンピューター、グルメ、コミック情報を提供しております。
SAMARQAND淫美ブログ
プロフィール
SAMARQAND

Author:SAMARQAND
淫美な音楽等を紹介するブログです。

SAMARQANDというアーティスト名にて音楽配信をやっております。曲は、BIG UP! と SoundCloudというサイトにて無料でストリーミングが出来ますので,そちらにてご鑑賞下さい。リンクを貼ってありますので、お手数ですが、そちらをクリックして下さい。
BIG UP! SAMARQAND楽曲配信
MySpace JapanMySpace Japan

Samarqand

Facebookページも宣伝 BIG UP! SAMARQAND楽曲配信muzie SAMARQAND楽曲配信
FC2ブログランキング

よろしかったらクリックをよろしくお願いいたします。
FC2Blog Ranking

カテゴリー
アルファベットでご希望のアーティストを検索して下さい。
ロック、ジャズ、ソウル日進月歩で増えていきます。
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[20150719]

Dancin' and Lovin'
(1998/07/14)
Spinners

商品詳細を見る


これも79年のアルバムです。徹底的にディスコミュージックとして作り込んでいるので、方向性が定まったのか、多少売り上げは盛り返しています。曲もダンスフロアでかけられる事を見越して長めで、収録曲は6曲に収まっています。前作はまだ複雑な要素を取り入れていましたが、完全にシンプルなディスコミュージックになっているので、それが結果よかったのだと思います。

1. Disco Ride
2. Body Language
3. Let's Boogie, Let's Dance
4. Medley: Working My Way Back to You/Forgive Me, Girl
5. With My Eyes
6. One, One, Two, Two, Boogie Woogie Avenue

四つ打ちのドラムにパカッションが16ビートを刻むというディスコのフォーマットに徹しているので、リズムがシンプルで踊り易くなっています。ファンクの要素が入ってくるとリズムが少し複雑になるので、踊りが巧い人でないと踊れないと言う事になりますので、リズムをシンプルにした事でディスコは広まっていったのです。要するに踊り踊るなら馬鹿にならないと行けないと言う事です。問題定義するパンクとは違って脳天気である事が必要だったのです。

アメリカはバブルでしたから脳天気な音楽が流行りました。あまり頭を使わなくていい音楽、消費の音楽の始まりです。それでもアレンジは結構作り込まれているので、良く聴けば面白い仕掛けがあったりと、脳天気にならずとも楽しめます。チョッパーベースもブラジョンの影響で一般化しています。完全にフィリーソウルからの卒業を宣言した作品になっています。

Disco Ride
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト




[20150719]

From Here to Eternally
(1998/07/14)
Spinners

商品詳細を見る


79年のアルバムです。時代はパンクからテクノになろうとしていました。ここにきてやっとディスコっぽい曲をやるようになっています。かなり時代から取り残されたように、彼らはあまりにもマイペース過ぎたのでしょう。売り上げが格段に落ちていきます。まだディスコ全盛の時代でしたが、ファンは彼らにそうした音楽を求めていなかったのだと思います。

1. It's a Natural Affair
2. Don't Let The Man Get You
3. (A) Plain And Simple Love Song
4. Are You Ready For Love
5. I Love The Music
6. One Man Wonderful Band
7. If You Wanna Do A Dance (All Night)
8. Once You Fall In Love

軽快なリズムで悪くはないのですが、取り組みが少し遅かったと思います。ソウル系はブラコンの時代に入ろうとしていましたので、いまさらディスコでも無いのです。ディスコでかかる曲は白人が占めるようになり、テクノディスコなるジャンルも出入るほど多様化していました。それがあからさまにディスコ向けの曲を急にやりだしてもファンはしらけるだけです。

それでも歌を聴かせると言うコンセプトは崩されておらず、あくまでも歌が中心ですから、こうした変化も悪いとは思いません。というより、最後までフィリーソウルスタイルを貫いていた彼らが方向変換した事でフィリーソウルの終焉を物語っていると思います。これも時代の流れなのでしょうが、自分達のスタイルを貫いていた方が売れていたと思うのは後の祭りでしょうか。

Are You Ready For Love
⇒ 続きを読む

[20150719]

Spinners 8
(1998/07/14)
Spinners

商品詳細を見る


77年のアルバムです。多少時代に合わせたサウンドになっています。アナログシンセを入れてファンキーな曲をやったり、ラップっぽい曲もあります。ラップは70年代からあったんです。まだ韻のふみかたがかっこよく無いですが、ラップって結構古いんです。それをいまだにやっていると言うのもおかしな事で、進歩が無い時代になっているんです。憲法がどうのと反対するだけでまったく建設的な話をしない偽善者と同じでまったく進歩していないのです。

1. I'm Gonna Getcha
2. I'm Tired Of Giving
3. Painted Magic
4. You Got The Love That I Need
5. Heaven On Earth (So Fine)
6. Back In The Arms Of Love
7. (Love Is) One Step Away
8. Easy Come, Easy Go
9. Baby I Need Your Love (You're The Only One)

ダンスミュージックとしては踊りに適した曲とは言えないまでも、テンポよく、リズミカルになっています。ポップですし、モータウン時代とフィリーソウル時代がいい具合にミックスされた感じです。昔のやり方が混じりあっているだけですが、それだけで古くさくは感じません。売り上げは落ちてきていますが、それでもまだかなり支持されていました。こういう程よいソウルミュージックって結構貴重なのだと思います。

ボーカルグループですから、いかに歌のハーモニーを活かした曲を創るかが焦点ですから、独特な世界観がありますが、このグループはハモり方が地味でもあり、低音、高音パートが明確じゃないという所もユニークで、そうなるとどうしても地味な印象なのですが、程よいポップなアレンジが気軽に楽しめる音楽にしている所が魅力なのだと思います。

I'm Gonna Getcha
⇒ 続きを読む

[20150719]

Yesterday, Today & Tomorrow
(1998/07/14)
Spinners

商品詳細を見る


77年のアルバムです。ディスコへは直接的には関わらず、リズムを強調した曲はリズム&ブルース的な曲で対応するなど、フィリーソウルスタイルを崩す事無く制作されています。このアルバムも売れていますが、徐々に落ちていますので、時代との隔たりが少し見えてきているようにも感じますし、Philippé Soul Wynneがこのアルバムを最後に脱退したのが大きかったと思います。

1. Me And My Music
2. Found Love (When I Found You)
3. I'm Riding Your Shadow (Down To Love)
4. You're The Love Of My Life
5. I Must Be Living For A Broken Heart
6. Honey, I'm In Love With You
7. Just To Be With You
8. You're Throwing A Good Love Away

フィリーソウルとしては王道とも言えるサウンド、もっとファンキーでもいいのですが、このグループはダンスミュージックとは違った、歌中心のグループでした。それが少しリズミカルな曲も演奏するようになり、時代に対応しようとしていますが、ディスコサウンドではなく、リズム&ブルースを元にしたフィラデルフィアサウンドにこだわっており、そこは結構頑固とも言えます。

ファンキーな曲もありますが、ディスコに淘汰されたサウンドでは無く、古いスタイルとも言えるファンクであり、それがフィリーソウルらしいアレンジで広がっていきます。他のフィリーグルプはみんなディスコに適応しようとしていましたので、かなり頑固なグループなのでしょう。それでもブラックチャートでの人気は衰えていませんので、必ずしもディスコである必要はなかったのだと思われます。

Me And My Music
⇒ 続きを読む

HOME
copyright © 2005 SAMARQAND all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索コーナー

Amazonで欲しい商品はこちらで検索!!
Shop.TOL
by TSUTAYA online
TSUTAYAでお探しの商品はここから検索。
HMV検索
検索する
HMVでお探しの商品はここから検索。
ブログ内検索
淫美ブログ内の記事を検索します
RSSフィード

FC2 Blog Ranking

クリックよろしくお願いいたします
リンク
Samarqand

Facebookページも宣伝
このブログをリンクに追加する
Powered By FC2ブログ
SEO対策アクセスアップリンク

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

最近のトラックバック
月刊アーカイブ